治療関連死

JCOG 9906 ステージⅡ,ⅢへのCRT

照射範囲:手術と同等の3領域、ロングT

領域に40Gu
原発巣+リンパ節に追加20Gy

前後対向2門の2次元照射

骨髄抑制の副作用のために2週間の
放射線治療予定休止期間を設ける

CR率74人中46人(62%)

なるも、3年生存44.7%
5年生存36.8%

問題となったのは晩期毒性で
治療関連死亡が4例(5.3%)

うちわけ
治療開始から3.1ヵ月 食道穿孔による心外膜炎

治療開始から8.5ヵ月 放射線性肺臓炎

治療開始から22.5ヵ月 放射線性肺臓炎

治療開始から27.8ヵ月 胸水、誤嚥性肺炎から敗血症

いずれも心臓、肺合併症で死亡。

ケン三郎も、放射線で癌が消えたのに放射線性肺臓炎で
あれよあれよと呼吸不全となり、なすすべもなく
亡くなった患者さんを経験していますので

放射線治療も手術と同じくらいリスクがある

と思ってないといけません。


この経験から
放射線治療の照射の当て方(場所によってあてる範囲を変える)
線量、できるだけ続けてやる、うまくいかなかったときに速やかに
救済する

などのケアを行い
JCOG 0604 (TS1+CDDP+RT)により

「安心安全なケモラジ」をめざし治療を重ねています
とのこと。

放射線治療も発展途上(治療関連死をもっと減らし、成果をあげる)
手術もまだまだ発展途上(在院死亡3.4%を減らす)

すべては 質の高い医療の構築のため

安心してみなさんにいい治療が届けられますよう


会費13000円払って
皆さんにお伝えする~っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 22:47 | 放射線治療 | Comments(0)
<< セツキシマブ 大動脈ステント 新しい使い方 >>