肺がんによる食道狭窄

食道にものが通らなくなるのは
なにも食道癌だけでなく

他の病気が食道の周りに巣を作って
それで食道の通りが悪くなることがある

肺がんの縦隔リンパ節転移がその一つ。

リンパ節転移に対し、抗癌剤と放射線を使って
治療してすこし小さくなったと思いきや

またぶり返して食道を圧迫

癌が小さくなるだけじゃ意味がない

癌が0にならないといつか再発する

「食事がなかなか落ちていかない」
が食道癌が原因でない場合の治療選択

放射線の影響で食道が狭くなってないか。

しかし、もともと食道には何もなかった
わけで、そこに放射線あてて、全然食事が通らなくなるまで
狭くなることは稀。

これは食道がリンパ節で圧排されているためでしょう

その場合の治療は2通り。

ステントか食道バイパス術である。

もちろん、肺がんのリンパ節転移自体を切除
できるにこしたことはないが、
それが出来ないからコンサルト受けてるわけで。

しかし、食道癌への放射線+ステントは禁忌とされている。
高率で裂ける、出血するなどの偶発症が起きやすくなるからだ。

でも外から押されているのが原因だったら
そこを少し広げておくだけ、というステントはありかも。

一度にぐっと拡げて裂けるのは怖い、ゆえにまず
ESD後の狭窄でやるようにバルーン拡張をやってみる。

これで熱がでたり、出血するようだったらステントは選べない。

拡張で効果が得られない、何度かやったけど期待できそうにない
場合はステントを選ぶ。

その狭窄の長さにあったものを選ぶけど、
あまり拡がりすぎると怖いので、気管支用のステントを
代用するのも一つの手である。

ステント挿入後は、3日間連日でレントゲン側面像を取る。
正面からはわかりにくいこともあるから必ず側面を取る

それで3日たって位置が変わらず、ステントも拡がっていれば
もう大丈夫、食事開始だ。

食道バイパスも外科医としては捨てがたいけど
ステントですむならこれほど患者さんにとって楽な治療はない。

というわけで、治療戦略を練る時は
いろんな悪いことに思いを巡らし
こうなったらこうしよう、その予防策はこうしておこう

などの引き出しを持つことが重要。

ドラえもん的発想、想像力が大事っす。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-09 22:30 | ステント | Comments(0)
<< 手術合併症 国際貢献 >>