情熱大陸に上陸する

内視鏡の若き天才内視鏡医が情熱大陸に出たんで

がぜん、同業者のやる気に火がつき

次は俺だとばかりに情熱大陸への上陸を目指すことに

ある意味、教授になるより魅力的

というわけでケン三郎もこの情熱大陸に上陸すること

をモチベーションにして今日から診療にあたることにした。

CMを除くわずか23分に一人の人生が集約される

葉加瀬太郎のテーマにのって

ケン三郎が登場

キャッチフレーズは

「今、一番予約のとれない経鼻内視鏡専門医」

どっかのレストランがミシュランの3つ星だのなんだの
ランキングをつける、

予約を取るのが3ヶ月待ち

なんていうのが名シェフの勲章だが

残念ながらケン三郎の内視鏡は

「先生、食事つまったから今やってくんね?」

「え、、い、、いま、、これから昼飯なんだけど」


「たのむよ、昨日安い肉もらって筋が固くて噛み切れなくて
苦しんでんだよ、」

「そっか、そいじゃ今からやるかあ」


てなお友達感覚で検査が今はできるのだ


情熱大陸に出るには


このお友達感覚を断腸の想いで断ち切り


「予約がなかなかとれない」

的なイメージを作り


それでも患者さんはケン三郎に検査を依頼する

的な、患者さんに寄り添う的な、、、

いやいやそんなの医者だし当然でしょ。

重要なのは実績だ。 


大腸ESD日本一、早業

これはもうかなわないし

ムコゼクトーム2開発、食道ESDの世界を変えた

これもかなわない

やっぱり扁平上皮癌の発見数、発見率でしょ

たくさん発見してますよ、という実績。

打率と安打数。 ホームランはいらないから地道に
どれだけ丁寧に内視鏡を握ってるか。

これが酒のみの患者さんがこの先生に内視鏡をしてほしい
と思う最大の理由

内視鏡治療件数は、施設の名前で患者さんはやってくるし
癌専門施設には到底かなわない

つーことで、ケン三郎は今日から癌の発見数を公表することにしたんですわ

自分でどれだけ見つけたか

これがアピールポイントで 「1年間に ⚪️⚪️ 件の食道癌と頭頸部癌を見つけた」
が予約がとれない理由となるっ 、

本日の成績  オリンパス経鼻内視鏡10件  うち食道癌1例
                  富士フィルム経鼻内視鏡2件 うち食道癌+下咽頭癌疑い1例

                  12人中2人 見つけた

                 さあ、この成績を伸ばしていけば 情熱大陸出れるかも。


               情熱大陸に上陸プロジェクトですわ

               ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-05-20 22:11 | 情熱大陸 | Comments(1)
Commented by コペルニクス at 2016-05-25 22:48 x
初めまして。
もう1年以上逆流性食道炎と言われて苦しんでいるものです。
しかし胸焼けも無ければPH検査で胃酸は逆流していませんとの事でした。
しかし食後などに喉が締まる感覚があり息苦しさがひどく生活するのがこんなんな状況です。
最近気づいたのですが、好酸球性食道炎という病気もあるみたいで…
むしろ喉のかゆみや鼻水が一年中出る事などから何かしらのアレルギーがあるようなので、こっちの可能性もあるような気がしてきてしまって。
いくつも病院を変えてますが精神的な物でしょうとしか言われません。
先生なら何かわかりませんでしょうか?
情熱大陸出られるといいですね。
<< 肉をくらう 経鼻内視鏡の注意点 >>