見落とし

病棟の患者さんで、ふとよく見たような名前の患者さんが入院してて

はてなんじゃろなと思って
カルテをひっくり返すと
食道癌の治療後に胃癌が見つかって入院という。

ゲッ、このかた前内視鏡やってなかったか、、

と見直すとそこにはケン三郎の名前が。。。

見直してみると確かに撮影されて、小さな異常を
気にしてはいるが生検していない

ああ、これそうだったか、、、と反省する

うーん、この方除菌も勧めたのになあ、、

咽喉頭だけじゃなくてもちろん胃癌も心配だよな

こないだ除菌を勧めたら

「みんながみんな癌になるわけでもないのに
そんなの受けたくない、怖いんでしょ除菌って」
というおばちゃんに遭遇し

どこで聞いたか目の前のケン三郎のいうことは
ちっとも聞いてくれそうにない

かといっておばちゃんのいうことにも一理あり

癌が見つかるのもいろんな運もあるし

早い段階でみつかるひと、そうでない人

どっちにしたってできる範囲の治療を考える




[PR]
by kenzaburou41 | 2016-08-25 00:00 | 経鼻内視鏡 | Comments(1)
Commented by naruto at 2016-09-02 16:18 x
ケン三郎先生!超お久しぶりです。覚えてらっしゃらないとは思いますが、、、9年前アメブロからの読者でございます。ひさしぶりに先生のブログ開いて、この記事見てびっくり!
私の事かと思いました。
9年前食道癌をESDで治療後、定期検診をずっと続けていて、まさに先日胃がんが見つかったんです。それもとってもとっても小さなポチットしたものだったそうなんですが、先生がまさかな〜〜と思いながらも念のため生検して下さって、まさかまさかの未分化型だったんです!主治医が一番びっくりしてました(笑)
これからまたちょくちょく覗きにこさせていただきます。
<< TS1+パクリタキセル 後出血 >>