パクリタキセル毎週

初回にシスプラチン、5FU治療が行われた食道癌への2次治療

タキサン系の薬剤をつかった治療法がいくつか報告され。


ドセタキセル70mg/m2  3週毎   8.1ヶ月

パクリタキセル 100mg/m2 毎週、1〜7週  10.4ヶ月

ドセタキセル 30mg/m2+ ネダプラチン4〜50mg/m2 2週おき  8.5−5.9ヶ月

ドセタキセル 70mg/m2+シスプラチン75mg/m2 3週おき   7.4ヶ月

と、どの治療をつかっても生存期間中央値 半年以上1年未満

というのが現状です。

「パクリタキセルを7週間にわたり毎週行う」52例のうち よく効いた+完全に効いたの割合23例、44%
との報告あり

中にはすごくよく効くかたもいるので、「まったく受けません」というのもどうかというところ。

でもあんまり効果がなくて 半年〜1年くらいの生命予後とわかっていた場合

やり残したことはないかをよーく考えて

毎日を精一杯生きる

俺の人生やりきった、といえるように。
















[PR]
by kenzaburou41 | 2016-09-27 23:16 | 抗がん剤治療 | Comments(1)
Commented by 慎太郎 at 2016-10-06 09:29 x
ケンザブロー先生 とても参考になりました。できましたら出展を教えていただけますか?僕はレジメン2で治療開始後10ヶ月。偏差値高いっす(笑)
治療法の pro と con 大切ですね。治療を受ける側からすると手術もケモラジも抗がん剤もどれひとつとして楽なものはないです。やはり、食道がんにならないことが一番。先生の一番言いたいところだと思っております。
<< 静岡講演 なんとなく応援する >>