万感の思い

ケン三郎の患者さんが食道癌を克服して

とある発表会にでるっていうんで

仕事を早く終わらせて行ってきたんですわ

ステージ4の絶望から奇跡的な回復で

声ももしかしたら失うかってところを
治療がすごくうまくいって
この場に立ってる。

「もしかしたら今日が最後かも、、」とおもって
ずっとやってきたんです

と仰りながら、発表会は割れんばかりの拍手

食道癌の患者さんが、こうして立ち直って元気になっていく

少しは貢献できたかなとおもうし

万感の思い。

いい日だったなあ、、










[PR]
by kenzaburou41 | 2017-01-30 23:51 | ひとり言 | Comments(0)
<< 食道外科 警備員 >>