食道外科

食道外科の大ボスが病院を去る日。

とうとうやってきてしまいました。

最後の1日まで病院に休まずいらっしゃって

明日から、病院で日常的にお見かけすることは
なくなる

誰しもが通る道ではあるけれども

寂しくなります

手を抜くとすぐばれるし

いなくなっても、見張られてる

そういう感じですので

教授がいなくなれば、患者さんが減るのが常。

いなくなったからダメになったなといわれないよう。

ケン三郎もそろそろ食道外科医に戻って
ぼちぼちがんばりますか。


[PR]
by kenzaburou41 | 2017-01-31 22:18 | ひとり言 | Comments(0)
<< POEM 万感の思い >>