経鼻内視鏡セミナー

今度の日曜日、経鼻内視鏡のインターネットセミナー
で講師に選ばれ

ただいまそのスライド作りの真っ最中。

経鼻内視鏡の麻酔は「スプレー+スティック法」

4%のスプレーだけでは十分狭いところに行き届かないので
8%のキシロカインスプレーをスティックに塗って鼻腔に入れる というのが推奨されてて

うちみたいに耳かきの綿棒使ってるとこはあんまりないかもな

とか

いろいろ文献検索中

食道外科医に戻る予定なのに

なぜかこういう仕事が降ってきて

まだ少しこの仕事を並行して続けねばならぬよう。

病棟のESDELPS患者さんはすぐ退院して

進行食道がんの患者さんは入退院を繰り返す
あるいは、あまりの治療の長さに疲れ果てて
治療の意欲を失う方もときどき見かけて

なってしまったものは仕方がない

どうリカバーするか、、、

食道がんの治療法は専門性をそうとう問われるわけで

いろいろ議論しながら経験をつたえていけたら。。。

















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-02-06 20:05 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)
<< 喉頭癌のAPC 外科の責任者 >>