喉頭癌のAPC

こないだの岡山の講演で

「先生は食道のAPCをたくさんやられてますけど
咽頭のAPCはいかがでしょう」

と司会の先生から質問いただいて。

す、、するどいっ

実際まだら食道ならぬ、まだら咽頭ってかたは
少なくなく。

頭頸部表在癌

同時性多発が約2割

あとからでてくるかたが約2割。

ですので、毎回全麻、ESD、ELPSとなると
患者さんの負担も大きく。

APCで焼いてもいいとすれば、、

喉頭蓋舌面の表在癌。


ここは局注してもなかなかはいらないし、
すぐ粘膜の下が軟骨なので
きれいにESDでとろうとしても分割になったり
する場所で。

元々きれいに取れない場所だったら、焼いてもいいんじゃね?

っていう発想で。

喉頭表在癌でいままで2例APCで焼いたことがある。

一人は日帰り。

一人は一泊2日。

APCでやくから出血もしないし

焼いた痕跡が、嚥下にはかからわないから食事もすぐとれるし

孔もあかない。

ザ・低侵襲

ここの場所なら外来APCでも十分できる。

と思います~



今度上手くいったら症例報告しよっと~


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-02-08 21:16 | アルゴンプラズマ焼灼法 | Comments(0)
<< 縫合不全 経鼻内視鏡セミナー >>