縫合不全

縫合不全がおきたら

頸部吻合であれば頸が赤く腫れてきずを開ければ
唾液がでてくる

などでわかるけど

これが胸くう内吻合だと
胸のなかのフリースペースに消化液が流れ込み

それはそれは重篤な問題になる

痛み、呼吸苦、なんか変。

データーは朝は大丈夫でもCTで胸水が増え、
なぜかあるはずのないairが胸のなかに。

ん?これはなんか起きてるにちがいないと

頭を巡らし

まずは肺の血管がつまる肺梗塞を否定し

心筋梗塞を否定し

胸水を抜いて性状をしらべ

乳び胸がないか

濁ってないか

消化液がもれてないか

もれていたら適切な位置にドレーンをおき

胃菅内にもドレーンをおき

栄養状態をよくして、抗生剤を適切に使う。

外科手術は感染との戦いと

合併症をいかに早く見つけ
早く対応できるかの瞬発力。

たくさんの患者さんのなかから最重要の患者を選別し

適切な治療を最速で










[PR]
by kenzaburou41 | 2017-02-09 21:31 | 手術の合併症の話 | Comments(0)
<< ENDOSCOPY 喉頭癌のAPC >>