心に限界はない

外科医をやってると食道がんを手術して、再発し

放射線を1回、抗がん剤を数回やる

それでコントロールできるといいけど

できないという場合に

何度も入退院を繰り返すということとなる

あれもこれも効くと言われる抗がん剤はやりつくした

「なんでもいいのでやってください」

と言われてもオススメのメニューがうかばない

こうして、医療の限界を知り

やるせない気持ちになる


外科医をやめて緩和ケアにすすんだ後輩や先輩がいて

その先生はまたそこで患者さんに向き合う

死を前にした患者さんだったらタバコはいいことにしません?

手術前に吸うのはひどく怒られて

死ぬ前だったら許容される

緩和ケアというのは、奥深い。。。

「医療に限界はあっても心に限界はありません」

この業界の先生は
いいこといいます。

家にいても患者さんのことが気になる医療者




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-01 00:14 | 緩和ケア | Comments(0)
<< PDTを買う すいませんすいます >>