お酒とどう付き合うか

家族の人は心配ですよね

「お酒飲んだらダメって言ってください、きつくお願いします」

そういってやめる患者さんと

ぜったいやめない患者さん

少しひよって減らす患者さん

いろいろです。

まさか今のペースでどんどん飲んでいいでしょう

っていう医師はいません

医師「もうやめなきゃダメですよ、私はもう診察しませんよ」

という医師

   「多少はいいですけど減らしてください」
という医師
いろいろです

ただし、この場合も患者さんによって条件がいろいろあって

患者さんのなかには、治療を頑張ってきたけどもうまくいかなくて
もう余命いくばくだったり

進行してておそらくあと1年で亡くなるであろうと想像が付く方もいます

ホスピスでは「タバコも酒もOK、好きなように」っていいます。

これって変です。

治療中は酒辞めろ

治療が上手くいかなくなったら好きなだけ飲んでください

つじつまがあいません

よってケン三郎の場合は「飲んじゃいけないことはないけど、減らしてくださいね」
で対応していることが多いです。

「先生も酒お好きでしょう?」

「おいしい焼酎呑める店知ってますよ〜」

そ、、その誘いにはのらんぞ〜



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-07 00:01 | ひとり言 | Comments(0)
<< 同級生とつながる PDTを買う >>