呼吸機能が悪い時

食道がんの手術においてもっともきになるのは術前の呼吸機能。

患者さんがヘビースモーカーならば最低でも1ヶ月、

余裕があれば2ヶ月くらい禁煙してもらってから手術、という施設もある
くらい

禁煙が守れない患者さんの手術は要注意。

こちらも「もしかしたら手術の合併症で死んでしまったら申し訳ない」
と思いながらも手術をして、術後管理をしているわけなので

患者さん自身もきちんと禁煙を守り、手術に備えて万全の準備を整えて欲しく。

しかし中には、高齢で、肺機能も悪く

ちょっとこの患者さん手術に耐えられるかな

と危惧する症例もございます。

「高齢だし、手術無理だし、ケモラジをまず選択しました」

これはよくある選択ですが

しかしながらケモラジで100%治るならまだしも

完全になおる=3割しかないわけで

そうするとあとの7割はどうするか

「手術は絶対うけたくない」なら抗がん剤をつづけるだし

転移がなくて局所だけのこってる、なら今注目のPDTや浅いものならESDもある

しかしながらすでに転移もあって、、となればそのあとに
サルベージ手術が想定されるわけで。

呼吸機能悪い+ケモラジ後+サルベージ

こりゃ相当条件悪い。

だったら最初から手術をしたほうがまだまし

と考えて

じゃあ、手術なら術式の工夫で負担を軽くできないか?
と思いを巡らし


郭清をやや手控えて

出血が少なく、かつ負担の軽い方法での手術を提供し。

呼吸はしばらく、器械の補助をするために気管開窓をおく。

こうして「手術VSケモラジ」ではなく

手術の中で、患者さんの背景に合わせて手術のやり方を工夫するという選択。

あると思います!




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-09 23:34 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)
<< バレット食道がんの範囲診断 同級生とつながる >>