経鼻観察法

食道癌の患者さんにValsalvaをやりたい

けどうまくできないのでやり方のコツを教えて下さい。
とのご相談

ありがとうございます。

まずは今まで習った経口内視鏡挿入法へのこだわりを断ち切り、
経鼻を進めていくという強い気持ち、
咽頭がんをみつけたるんだ、という気合いが大前提です。

①まず事前に患者さんによく説明する。

(あとで合図しますから大きく息をすって一気に吐いて(フーではなく、プーっ)
口を結んでできるだけ頬を膨らませ続けてください~)

このとき顔が真っ赤になるまで頸、肩にちからをいれるかたが
いますが、リラックスしてなるべく頬が膨らむように、
しかも口から空気が抜けないように

②鼻から挿入、中咽頭をなめるように観察。
口を大きく開け、ベロを外に大きくつきだし~
ここでエ~っと長く言わせているうちに素早くUターンして舌根~左右側壁を観察~
喉頭蓋谷へすべらせる

③右梨状陥凹でエー

④正中の喉頭でエー

⑤左梨状陥凹でエー

⑥ここで深くお辞儀する

⑦下顎を前に突き出す

この⑦のときに顎を右手で手前に引っ張る=じいさんだとこれだけで喉頭があがる

⑧いよいよバルサルバを指示

息をすって~頬をぷ~っ
といってるうちに入口部が展開します
10秒くらいでしょうか、この間にスコープを右、まんなか、左と
すべらせて観察

NBI経鼻でもこれだけ見えます。

b0180148_21323879.jpg


2~3回やってもうまくいかない場合

⑥のふかくお辞儀にもどる

⑨お辞儀のまま頸を横にひねる(キリヤンの体位)
ここで頬をふくらませる

で終了です。

印象では検診希望の30代、40代の人は上がりにくく

下顎の小さい人もむずかしく

後は練習です、あまりこればかりにこだわると
患者さんもつらかった、、ということになりますので

酒飲み、辞めろといっても辞めない方、フラッシャー、
50-60代男性
声の低い酒飲みの女性

などに絞って検査をしてはいかがでしょう


午前中12人上部内視鏡するとして2人くらいはリスクの高い方がいて
その方には時間をかけて観察。

ピロリもいない、酒ものまない 方は短時間でメリハリをつけて
やるのが良いと思います。

ぽちっとな

[PR]
by kenzaburou41 | 2017-04-11 21:53 | ELPSでのどを守る | Comments(1)
Commented by えびす at 2017-04-12 20:27 x
大変お忙しい中、丁寧な解説を頂き、誠にありがとうございました。私のやっていたValsalva法は、まだまだ改善の余地が大いにあるということが、大変良く分かりました。本当にありがとうございました。先生が経鼻内視鏡の教科書を執筆されたら、ベストセラー間違いないと思います。
<< ラパヘル 4月15日特別講演 >>