事件です

患者さんに刺される
事件が発生。

我々は患者さんの敵ではなく味方なのに、、、





[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-09 22:23 | ひとり言 | Comments(2)
Commented at 2017-05-10 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by えびす at 2017-05-13 09:30 x
いつも勉強させて頂いております。バルサルバ法は、先生のアドバイスのおかげで、肺活量の大きい男性ではだいぶ見えるようになりました。質問なのですが、挿入時に頸部食道から送気してよく見ようとすると、反射が起きて受診者が辛くなることがあります。私のテクニックの問題と思うのですが、何とか解決したいと思っています。前処置は、スティック法で、咽頭麻酔はしておりません。経鼻内視鏡でも、咽頭麻酔をしたほうがよいのでしょうか?また、反射が起こった場合は、上部食道は抜去時のみ観察したほうがよいのでしょうか?ご教授をよろしくお願い致します。
<< 大腸検査の前処置 全周ESD >>