CR後の経過観察

食道癌の化学放射線治療

よく効きますが問題は1度治ったように見えても
半分は再発する

つまり、「治ったようにみえる」で安心できないということで

患者さんはいつ再発するか不安を抱えつつ
検査を受け続けることになります

たーくさん放射線治療をされてる先生に話を伺ったら

いったんCRに入ったらその直後は1ヶ月おきくらいに
内視鏡やってます、3ヶ月後とかいう先生は危ないですよ
とのこと。

患者さんはわあ、消えてるようにみえる、よかった

医者の立場からすると、患者さんと同じように
よかった、けど、、、まだまだ。
再増悪するものとして、危険を察知しなきゃいかん

心配だから毎日内視鏡受けます

っていうのはさすがにやりすぎですけど

1ヶ月おき、でもいいくらいCRになった直後は密にみて

もし少しでも再然の恐れがあればESDで削る

少し深ければPDTを適応する

あっというまに再燃して進行がんになった場合はサルベージ手術

ってことで放射線治療をたくさんやってる施設では
PDTあったほうがいいなあ、、、









[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-16 04:16 | 放射線治療 | Comments(0)
<< 第17回実地医科内視鏡研究会 食道癌と他臓器重複癌 >>