5年生存率

国立がん研究センターは9日付で、2008年に全国のがん診療連携拠点病院209施設でがんと診断された患者の5年生存率は65.2%だったと発表した。うち188施設については、胃、大腸、肝臓、肺、乳房(女性)の5大がんの施設ごとの生存率をホームページ上に初めて掲載した。
 集計対象は、厚生労働省が指定する拠点病院(15年時点で425施設)のうち、90%以上の患者の生死を把握できたなどの条件を満たす209施設。
 08年に診断を受けた患者延べ約21万4500人が、5年後に生存していた率をまとめたところ、がん以外の原因での死亡の影響を除いた「相対生存率」は65.2%だった。
 がんの部位別の生存率は、高い順に前立腺97.7%、女性乳房92.7%、子宮体部82.8%、子宮頸部(けいぶ)75.6%、大腸72.6%、ぼうこう71.2%、胃70.4%、食道43.4%、肺39.1%、肝臓38.5%、膵臓(すいぞう)9.9%だった。
 拠点病院の生存率集計が発表されるのは、07年に診断されたがん全体と5大がんの値に続いて2回目。


食道癌5年生存率
もっと上げなきゃ!

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-09-23 13:03 | がん患者学 | Comments(0)
<< 307回早期食道癌診断勉強会 がんサポート質問集〜今のトレンド2 >>