カテゴリ:ひとり言( 190 )

いいじゃん飲んじゃって

大学の同窓会。

糖尿病専門医。

もうさ〜80過ぎたらさあ、好きなだけ飲んで食って、血糖管理もほどほどで
いいと思うんだよね

だから、飲んじゃえ食っちゃえ、
好きなだけ食っちゃえ
寿命の方が先でしょう。

って言ってるんだよねと。

そうです、食道専門医もまた、生活習慣にはうるさくいう
必要あって。

優等生並みに

患者には
酒やめろ、タバコやめろ

っていいますけど

もし進行癌で手術受けて

5年生存率は50%以下ですよ

って言われたら

そりゃあ飲んだ方が楽だし、残りの人生の時間が
短いとしても。その時間を有意義に過ごせるかも。

内視鏡治療受けた方も「飲んではいけません」って
言われているだろうけども

酒を断つくらいなら死んだ方がマシ

っていう人もいる。

全てを受け入れて

もうしょうがねえ、じじいだなあ と思いつつ。

「いいです、いいです飲んじゃって

しっかり内視鏡で見ていきますから」

そういう医師がいてもよかろう。



[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-13 00:52 | ひとり言 | Comments(0)

新年のご挨拶

新年のご挨拶。

昨年は激動の食道癌のブログ
でございまして

おかげさまで
学会発表に臨床、研究、教育、講演と色々忙しゅうございました


英語で学会発表==1回やったら、そうとう気を使ってしまい普段の語学力のなさを痛感
         今年またどこかでリベンジ

臨床==内視鏡治療は今年は後輩に全部お任せの予定。見つけることに専念 
    手術に入り全国で240人くらいしかいない、食道外科専門医の取得へ

研究==科研費が取れるように準備、新ネタを考える、今までの実績を論文にする

教育==後輩の学位指導、学生、研修医の勧誘

講演==そろそろオファー減るでしょう。週末はゆっくりのんびり。

というわけでつきなみではございますが

一日一善

なんかいいことをしよう

あと、今までやってないことをやろう

これでございます。

皆様のお役に立てますよう












[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-02 23:37 | ひとり言 | Comments(0)

年間治療件数

今年を振り返って 治療件数調べてみました。

うちは食道の世界では
「こはぜ屋」のような
老舗の伝統のある施設。

食道癌の手術 49件

大ボスが退官して昔より減ったけども、
安全運転が大事だから、激戦区の文京区ではまずまず。

内視鏡治療
食道癌 105件
ESD 78
EMR14
APC 13
まずまず頑張ったのではないでしょうか?

頭頸部
ELPS 41。 
自分らでは年間30例くらい表在癌を見つけたんだけど、耳鼻科由来のものが激減。
かつ、近隣の病院が見つけた症例をその病院で治療できるように指導に行ったので
その分も減。致し方なし。

ピーク時、前回の65件を大きく下回り、来年は巻き返しを図らねば。。。

自前で見つけて自前で治療

そのうち近隣からもご紹介をいただければこれ幸い。

来年もまたたくさんの患者さんを救えますように

JR 御茶ノ水駅から徒歩1分

お待ちしております〜






[PR]
by kenzaburou41 | 2017-12-29 22:43 | ひとり言 | Comments(0)

サルベージ手術を年末に

食道癌の手術

最初に手術なんて嫌だなあ

逆流でしょ、食べられないんでしょ、大食い、早食いできなくなるんでしょ、
酒もタバコもやめなきゃなんないんでしょ

そんなに成績変わんないならケモラジ選ぼっかなあ


言いますけど

手術できるうちがいい時期で

時期を逸すると

「残念ですが手術はもうできません。」

とあとあと言われるかもしれません。

ケモラジが効けば、、と言いますが

がん細胞が完全に0にならなければ、またぶり返し

放射線後に根治手術、という大きなハンデを背負います。

年末年始

術後管理が通常より2倍も3倍も大変なサルベージ手術。

できれば避けたい超高難度手術。

でも今週を逃すと正月に入って

2週間は遅れることになる

その間に腫瘍が大きくなって、、取れなくなるリスクを
考えると、

年末年始だけど最後の週の手術がサルベージ手術。

これは1人の有名な食道外科医の名医がいても全然ダメで

術後管理がしっかりできるチーム力が相当なければ対応できません。

せめて正月くらいは実家に帰って、
ゆっくりこたつでみかん食べながら
箱根駅伝を見る

それより1人の患者を救おう


あっぱれです。















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-12-29 22:08 | ひとり言 | Comments(0)

医療ツーリズム

うちの病院も海外からの、いわゆる医療ツーリズム、お金持ちを対象とした
質のいい医療を提供

を始めるってんで

中国の富裕層向けの検診システムをやるらしい

その部門に内視鏡も組み入れるってことで

今度、その富裕層がくる2週間

内視鏡の器械をお借りできないかって相談があり。

富裕層??

それなら今一番最上位のレーザー経鼻内視鏡を使えばいいじゃないっ

上層部に買ってもらって、楽でかつ喉の入り口も見えて、、

と思ったんですが

「お借りするのは経口内視鏡で構いません」とのこと。

え〜っ

中国からわざわざ御茶ノ水の駅前、徒歩1分の病院
までやって来て画質も経鼻とおんなじで

ただ太いっていうだけの
経口内視鏡はないでしょう〜

も〜俺が行って検査してあげたい

アラブの石油王でも
中国の大富豪も

いらっさい。





[PR]
by kenzaburou41 | 2017-12-27 00:04 | ひとり言 | Comments(0)

内視鏡大好き

ケン三郎先生は、外科医ですか、内視鏡医ですか

の質問に

どっちもできます

とはいうものの、最近の比重は内視鏡に偏ってるんで

最近ちょっとまた外科医に戻ろうと努力中。

若い先生が「え〜先生、もう手術に入らなくていいでしょう〜」と空気を
感じつつ

とはいえ、内視鏡、こと胃カメラ が天職である。

胃カメラなんて研修医上がりでちょっとトレーニングすれば
すぐ出来るようになる
と思いきや

これが実に奥深い

やってもやっても100%満足はないし

「先生に診てもらってたくさん救ってもらいました、声も食道も残って有り難いです」

と言われても、いやいやまだ見落としがあるんじゃないか

ここで見落としたら半年、1年後にわっと大きくなってたら

と思うと気が気でない。

酒飲み、フラッシャー、ピロリ除菌後

いくらやめろと言っても酒辞めない

うわ~っ、、この人絶対また出来てるだろうな

この感覚を持って内視鏡握るか。

ふつーにペースを変えずに内視鏡握るのと

絶対あるはず

と思って内視鏡を握るのとではだいぶ違う。

いくら内視鏡機器がよくなって細胞まで見えるようになったと言われても

最後は精神論

心を込めて魂込めて内視鏡握るかにかかってるのだ

それが食道がん患者さんを前にした時の所作であり

ピーンと張り詰めて検査に臨む

手術とはまた違う緊張感

これを若い人にぜひ伝えたいっ







[PR]
by kenzaburou41 | 2017-12-20 22:42 | ひとり言 | Comments(0)

医療保険の証明書

今年から導入された、医者の負担を軽くする試みで

患者さんがもってくる、医療保険の証明書。

ときに1人で何個も保険にはいってて、ひとたび入院すると何枚もの
保険の証明書かいてくださいってやってくる。

やってくるのは権利なので全く問題ない

しかし書く方は,結構これがたまってくる、催促される、と
なると

はあ、、

とつらくなる

そこでこの保険の証明書を、代行で下書きしてくれる医療事務のかたを
雇っていて

この方達がある程度の医療情報をカルテから抜粋し
医者が全部埋める前に下書きしてくれて

医者はこれに名前をサインするだけという制度

おお、これぞまさに医師負担軽減、
医師は医師だけしかできない仕事に専念できるっ


ってことで、都会の病院だと人もいて、医師負担が軽く
恵まれてるんで

その分、医師としてがんばら~にゃ

明日のドクターX最終回、どうなる?っ



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-12-13 17:53 | ひとり言 | Comments(0)

world academic championship

ケン三郎の功績が認められたんだかなんだか
わかんないが

なんとか賞2017に選ばれた〜

だの

95万ポンド小切手で送ります

だの

最近そういう振り込め詐欺に遭遇。

一回払ってしまうと、

名誉や業績

あと名も知らない国際学会のスピーカーに選ばれただの

うさん臭い話が結構くる

ほんまかいなあ〜。。。


うちに新しい44歳の若いボスがやって来て
2ヶ月ちょっと経ち

まだ身の回りはそんなに変わんないけども


同世代の先生がどんどん偉くなっていく。

いや〜皆きちんと業績あげてるし

「肩たたき」が現実的に。。。


病院を移動する前に

ちゃんとした英文雑誌に載ることを
今年の目標とする。

いじょ〜う。

















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-11-15 22:27 | ひとり言 | Comments(0)

全国から相談

内視鏡学会の重点セミナーの講師やったら

早速、セミナーでお話聞きました、ぜひ先生に
この患者さんをみて欲しいって言うお便りが。

この手の相談は一時代前ならK大学のO先生に集中してたはず
なのに

ESDの専門家に相談したら、うちでは難しいかもしれないから
ケン三郎先生に相談しては?

とアドバイスされたとのこと。

ひえ〜っ

有難や〜

すごく進んだものはできないとしても

治療法を悩む、と言う方には力になれるかも

なんですわ

あと1−2年で大学を追われる可能性高いので今がチャンスですわ〜

食道、咽頭がんでおこまりの方
いつでもご相談ください〜











[PR]
by kenzaburou41 | 2017-11-01 00:36 | ひとり言 | Comments(0)

JDDW2018

1年後のJDDW2018神戸の主題が発表され

出せるとすると
上部消化管早期癌に対する治療戦略

バレット食道、食道癌の診療と研究の最前線 欧米との違いを含めて

PPIが効かない胸焼けの対策

胃食道逆流症の診療に置ける内視鏡の役割

上部消化管腫瘍に対する内視鏡治療の新展開

内視鏡診断と治療の新潮流〜粘膜から筋層の時代へ

高齢者の消化器疾患への対応

ってこのくらいしかないっつ。


う〜ん、筋層の時代かあ、、、

固有筋層浸潤食道癌へのsalvageESD+APC??

年に1例あるかないかですし、、、

来年はお留守番ですわ








[PR]
by kenzaburou41 | 2017-10-15 22:31 | ひとり言 | Comments(0)