カテゴリ:手術と放射線どっちを選ぶ?( 29 )

見える化

早期の乳がん治療の選択肢に関する長所と短所などを分かりやすく示し、患者の意思決定を支援するガイドブック(意思決定ガイド)を聖路加国際大(東京都中央区)のグループが開発した。使用した方が手術後の納得度が高いとの結果も出ており、グループは「患者中心の医療を進めるために活用してほしい」と話す。

 作成したのは、同大大学院生だった大坂和可子さん(現東京慈恵会医大講師)ら。1年間で新たに乳がんと診断される患者約7万人(2015年)のうち約9割は比較的早期で、「乳房温存手術+放射線治療」「乳房切除術」「乳房切除術+再建術」--の三つの治療選択肢がある。

 生存率は変わらないが、再発率や入院期間、費用などで一長一短がある。大坂さんらは、患者支援活動や乳がん体験者からの聞き取りで、選択に悩んだり、手術後に後悔したりしている実態を知り、作成に取り組んだ。

 北米で普及している同ガイドは、医師の十分な説明に基づく患者の同意を指す「インフォームドコンセント」をさらに進め、医師と患者が話し合って治療方針を決める場で使われる。

 大坂さんらのガイドは、医学的な側面と手術後の生活面から選択肢の長所と短所を説明。さらに患者自身の価値観を確認させるセルフチェックも設けた。

 聖路加国際病院で患者210人を対象に調べたところ、ガイドを使用したグループは、使わなかったグループより納得度が高かった。大坂さんは「意思決定の過程を『見える化』したことで患者さんが自分の選択に納得できるようになった」と話す。

 ◇意思決定ガイドに設けた重要度のセルフチェック項目(抜粋)

(患者自身の意向を0~5までの6段階で評価)

・胸を残す

・乳房の皮膚の感覚

・手術方法の違いによる再発リスクの数%の差

・がんの取り残しの可能性が少なくなる

・手術後の回復時間や労力が最小限で抑えられる

・治療や治療に伴う費用がなるべく少なくなる




これ食道でもやってくれるといいな。






[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-12 00:52 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

手術がいいと思います。

お便り有り難うございます。

手術ができる段階であれば、ケモラジより手術のほうをお勧めするのが一般的ですが

時に、これは治るだろうと手術をしても
すぐに再発する予後の悪いタイプのものも含まれており

逆に、これは手遅れだと思ったものがケモラジがうんと効くタイプのものもあります。

「絶対手術がいいです」と心のながで思っていても、
個人差もあり、手術の合併症もあるので、そこまでは言い切れないのが私どもの見解です。

どの順番でやるにせよ

食道癌は強敵でございます。

しかし膵臓癌よりは治りやすく、

手術、放射線、抗がん剤をうまくミックスして使い切る

かつ、癌が制御できて食事が食べられる が第一目標です。

「やっぱり先生、いろいろネットで調べたけど
手術をすることに決めました、私も禁煙しっかりしますので
宜しく御願いします」

そうです、まずは治ることに向けて全力で患者も医者も取り組む

それで望みをつなぎましょう





[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-11 17:33 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(1)

手術がいいと思います。

お便り有り難うございます。

手術ができる段階であれば、ケモラジより手術のほうをお勧めするのが一般的ですが

時に、これは治るだろうと手術をしても
すぐに再発する予後の悪いタイプのものも含まれており

逆に、これは手遅れだと思ったものがケモラジがうんと効くタイプのものもあります。

「絶対手術がいいです」と心のながで思っていても、
個人差もあり、手術の合併症もあるので、そこまでは言い切れないのが私どもの見解です。

どの順番でやるにせよ

食道癌は強敵でございます。

しかし膵臓癌よりは治りやすく、

手術、放射線、抗がん剤をうまくミックスして使い切る

かつ、癌が制御できて食事が食べられる が第一目標です。

「やっぱり先生、いろいろネットで調べたけど
手術をすることに決めました、私も禁煙しっかりしますので
宜しく御願いします」

そうです、まずは治ることに向けて全力で患者も医者も取り組む

それで望みをつなぎましょう





[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-11 17:33 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

放射線がいいんですけど

食道癌の手術適応のあるかたに

手術とケモラジありますけど

いまは手術がお勧めですよ

とお話ししたものの。

たばこやお酒を制限しなきゃいけない

大食い、早食いもできない

逆流もおきる

などの手術にまつわる問題を聞いて

いやあ、やっぱりケモラジを選びます

という方がおります

ケモラジでももちろん治る人はいるんですが

治らない人はあとが大変なので

ほんとにケモラジでいいんですね

いいんですね

もし効かなかったら手術を2回受けるようなダメージがありますよ

と何度も聞いて。

とりあえず年末年始に考えてきて頂くことに。


手術に気が変わりました

って言ってくれるといいのになあ

気がかわらないかなあ。。。


新年1発目の憂いでございます。









[PR]
by kenzaburou41 | 2018-01-09 18:15 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(1)

応用問題

食道MtにSM癌がある

そして頸部食道に食道入口部直下から始まる
亜全周性の表在癌がある。深達度はMM


さあどうする?


1)Mtの食道癌は鏡視下手術で3領域郭清をやる 

を基本として

2)Ceの癌も外科手術で一緒にとる

これが理想的だけどかなり高い位置での吻合になる。

3)Mtは手術、食道はCe、Mtの間で切除 CeはあとでESDする

しかし、CeのESDはとくに狭窄が心配で、亜全周病変だとほぼ全周切除になる

きっていいもんやろうか。

4)Mtは手術、Ceはケモラジ
もありか、

5)どっちもケモラジ

どういう戦略がいいのやら。。。


ぽちっとな















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-31 22:58 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

高齢者に手術

高齢者だから手術無理だろう、
ってことはなくって

食道癌が進行してせまくなって食べられない

ここからケモラジをやって

完全によくなって食べられるようになる、までかなり時間が
かかり

しかも完全奏効にいたるか予想がつかない

だったら手術を頑張ってやって
ものの6~7時間で開胸開腹で手術して

あとは肺炎に注意

低肺機能だったら気管開窓をおいていつでも人工呼吸器
につなげるようにしておいて


最新の注意を払って術後管理していけば。。。

ケモラジが効かなくてサルベージ手術にまわるよりは
よっぽどマシ。


ですけど、高齢者、いろんな意見があったり

素人判断で、[手術はきっとあぶない、危険だ」
という都市伝説があったりで


なるべく不安を和らげてあげられるように

腕を、チーム力を、何か起きたときの瞬時の対応力を 磨くべし


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-16 20:37 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

がん市民講座

告知してくださいとのお願いで

関西地区の方で興味があればどうぞ


日時:2017年3月26日(日) 13時~16時30分
会場:アサコムホール 大阪市北区中之島3-2-4中之島フェスティバルタワー12階
対象・入場料:一般・なし
主催:NPO法人大阪がんええナビ制作委員会

「進化する肺癌治療」
関西医科大学附属病院 呼吸器外科部長 倉田 宝保

「食道がん~予防から最新治療まで~」
市立豊中病院 消化器外科部長 今村 博司

「がんになっても自分らしく生きるために~緩和ケア~」
市立豊中病院 緩和ケアセンター医長 佐々原 友子

会場へのアクセス・お申し込み方法など、詳細は下記URLよりチラシ(PDF)をご参照ください。

http://www.osaka-anavi.jp/from/20170326.pdf



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-25 19:47 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

選んでください

食道癌キャンサーボード

癌治療にかかわる科が患者さんの病状に
合わせて治療方針を相談する、
というもので

まあこうしたほうがよかんべ

って指針を示す会でありまして。

大きく分けると進行食道がんの治療には
抗がん剤+手術、 抗がん剤+放射線治療
ってのがあります。

どっちを選んでもすごく大変苦労する治療です

ものすごく進行している場合は
この3つ全部を全部にやることが最初から決まってる
という場合もあります。

術前に抗がん剤と放射線をやって手術
術前に抗がん剤と手術

あるいは手術をやって術後に抗がん剤
手術をやって術後に抗がん剤と放射線

いろいろありまして

最初から3つやることが決まってなくても
あとから3つ全部やることになった

というのももちろんあります。

最初に手術を選んで、うまくいかなかった場合は
「本当に手術でよかったのか、
他の方法はなかったか、こんなことになるなら
手術を受けなければよかった」

という気持ちになると思いますし

じゃあ、患者さんにこの3つがあるんですけど
「いいと思う方法を選んでください」
「決まったら我々その治療を提供しますから」

と言っても、患者さんにたくさんの経験や
情報があるわけでもないし

「セカンドオピニオンを聞きに行ってもいいですよ」

と他の施設の高名な先生の話を高いお金
払って聞きにいくのも

「余計どうしていいかわからなくなりました」

ということも少なくありません

「これこれこういう方法があっていろいろ
メリット、デメリットあるけれど
どっちかというとこっちがよさそうに思いますよ」

くらいは食道の専門家としては
言ってあげなきゃ

と思います。

「どっち選んでもいいんですよ」
「その責任はあなた方にありますからね」

いやあ、、そんなっ〜
ただでさえ心細いのにっ

そっと背中を支えるように
こっちにしましょうか
こっちのほうがいいと思うんですと
ある程度道筋を指して

手術をするならでも禁煙しなきゃダメですよ

こっちが火を消そうをしているのに
患者さんが油を注いでる

それじゃあ火事は一向に鎮火しません

われわれは治ることを目指してます

一緒に頑張りましょう

ですかねえ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-09-27 08:06 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

手術標本見て思う。

内視鏡治療後に壁内転移再発した患者さんがいて。

その場所が原病からはなれた頸部食道。

ここだけだったら放射線という選択肢もあるけど
どうします?

って聞いたら

「いや、先生、最初内視鏡で切ってもらった時に
これでだめだったら潔く手術してもらおうと
思ってたんです、先生が手術がいいと思うなら手術してください」

という。

画像上は明らかな転移がないし、

でももともとの内視鏡治療で切除したやつが
いかにも再発しそうなタイプで。

やっぱりこいつはしっかり3領域郭清したほうが
よかろう

と標準的な3領域郭清と
食道亜全摘を敢行。

術後は合併症もなく2週間ですんなり帰って。

「いわれるように家で経腸栄養やってますよ」

う〜ん、心配してたわりに元気だぞ。

そして、病理の結果が帰ってきた。

再発したのは頸部食道だったけども
食道壁内にも数箇所リンパ管に入ってて

胸と腹のリンパ節にも転移があった。

え〜っ、、、まじか。

中途半端に放射線あてなくてよかったあ、、、

もし範囲を頸部に絞ってたら半年後には腹部のリンパ節は
ぼこぼこに腫れてくるだろうし、、、


しかし手術でとりきったとはいえ、
こういう再発の仕方をしてくるのは
タチの悪い証拠。

まだこれから再発しないとも限らない

せっかく早くみつかった食道癌。
やるだけのことはやって、
治ることを祈ろう


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-30 21:53 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

リンパ節転移診断

食道粘膜下層癌でリンパ節転移が臨床的にはなさそう、
というステージ1期

手術とケモラジが同等かどうかの研究が行われましたが
まだ最終結果がでるのが先

しかしながら手術にふりわけられた211人の
病理学的検討が行われ実際には転移があったという
人の割合

57人(27%)

胸部上部食道がんは 106rR(13%)と106rL(9%)

胸部中部は頸、胸、腹3領域にわたり転移あり、
106rR、L、1、2に多い

胸部下部は110、3、1の順に多く106にも転移あり

Utではスキップ転移はないがMtで45%、Ltに25%
のスキップ転移(ちかいところを飛ばして遠くのリンパ節
に飛び火する)

ということで病変のちかいところだけ照射しても
治らない可能性が少なからずある

ということらしく

転移がないとみえても27%の人には転移陽性、、

どこに飛び火をしているかわからないので
すくなくとも胸部中部の食道癌
(日本人がもっともなりやすい場所)
に関してはしっかり3領域郭清をしたほうが
よさそうで。

リンパ節転移診断能をあげないと、、といわれ
続けて27%は転移があっても診断できず。
なかなか難しいのが現状のようです。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-03 07:39 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)