カテゴリ:診断の達人たち( 23 )

4月15日特別講演

4月15日開催の第303回早期食道癌診断勉強会のご案内をさせて頂きます。今回
熊谷洋一先生から下記演題のご講演を頂戴致します。第一人者の熊谷先生のご講演を
拝聴する絶好の機会ですので是非ご参集頂きますようお願い申し上げます。
  「組織構築、血管新生からかんがえる食道の拡大内視鏡観察」

会場がいつもと異なり都立駒込病院
別館1階講堂
で行いますのでご注意下さい。



■ 日時:平成29年4月15日(土)15:00~18:00


■ 場所:都立駒込病院 別館1階 講堂
  東京都文京区本駒込3-18-22

■ 司会担当:
    佐久総合病院佐久医療センター    高橋亜紀子先生 
    埼玉医科大学総合医療センター    熊谷洋一先生


ケン三郎の師匠の、
なかなか聞けない血管の話、是非みなさんお越し下さい
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-04-11 13:00 | 診断の達人たち | Comments(0)

第77回食道色素研究会演題募集

第77回食道色素研究会
Japanese Research Society for Early Esophageal Canoer and chromoendoscopy

第77回食道色素研究会を下記のごとく開催いたしますので、ご案内申し上げます。


―記―

事前検討会日時:平成29年7月21日(金)13:00~17:00
事前検討会会場:東京医科歯科大学 3号館4階 病理組織実習室(予定)
研究会開催日 :平成29年7月22日(土)9:00~16:00
研究会会場  :東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂


【主題】
「上皮性特殊型,特に“ いわゆる唾液腺型 ”食道癌の内視鏡診断と病理診断」

今回は特殊型食道癌のうち,上皮性,特に“いわゆる唾液腺型”の特殊型食道癌を中心に検討したい。具体的には粘表皮癌(Mucoepidermoid carcinoma, MEC),腺様嚢胞癌(Adenoid cystic carcinoma, ACC),腺扁平上皮癌(Adenosquamous carcinoma, ASC)ならびにそれらとの鑑別が問題となる病変を対象とする。これらの組織型は,その稀少さや組織像の多彩さなどから,病理医にとっては興味を惹かれる存在である。しかし,病理組織診断基準については歴史的変遷や見解の相違があり,診断に難渋することが少なくなく,類基底細胞扁平上皮癌(Basaloid squamous carcinoma, BSC)との鑑別もしばしば問題となる。内視鏡診断という点でも,その礎となるはずの病理組織診断の難しさを考えると,どのような所見が各組織型を特徴付けるのか,不確かな部分もあると思われる。今回の研究会では,これら組織型の「元祖」である唾液腺腫瘍について,唾液腺病理の専門家に基調講演を御願いし,各組織型の病理診断に関する基本的事項,食道との異同,近年の知見などについて学ぶ機会を設ける。その後実際の食道症例を検討させて頂き,食道において各所見をどの様に捉え診断していくことができるか,臨床・病理で共に考え,参加者に裨益する会にしたい。

【演題を応募頂くにあたり,以下の基準で候補症例を選択して頂きたく,何卒よろしくお願い申しあげます。】
鮮明な内視鏡画像があり,内視鏡像・組織像の対比が可能な病理学的検索がなされた食道表在癌症例で,
1.ACC,MEC,ASCと病理診断された症例
2.内視鏡的にACC, MEC, ASCとの鑑別を要したが,扁平上皮癌(SCC),腺癌(AC),BSCと病理診断された症例
3.病理学的にACC,MEC,ASCとの鑑別を要した,SCC,AC,BSC症例
注1:上記1,2,3の順に優先とさせていただきたいと思います。
注2:候補になり得るか迷われた場合は,当番世話人まで症例の概要等お知らせ頂ければ,相談させて頂きます。
注3:  鑑別診断に有用な(事前に施行しておくことが望ましい)免疫染色の種類が不明な場合や,事情により免疫染色等の検討が困難な場合は,当番世話人までご相談ください。可及的に対応させて頂きます。



【演題募集要項】
抄録は所属・演者名・本文を400字以内で作成し、テキストファイルで添付して下記抄録送付先にメールで応募して下さい。尚、発表は各自ノートパソコンを持参して頂き、プロジェクター1台での映写発表となります。

【締 切 日】平成29年5月19日(金)必着 

【抄録送付先】食道色素研究会 事務局 (担当:滝澤優名)
        東京医科歯科大学 消化管外科学分野
        〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
        TEL:03-5803-5254 FAX:03-3817-4126
        E-mail:sikiso.srg1@tmd.ac.jp
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-28 19:03 | 診断の達人たち | Comments(0)

何枚食道撮影するか?

食道を何枚撮影するか?ですね、、

昔は食道なんか1枚も写真とらない先生がいましたし

その施設の伝統、しきたりで撮り方は違うと思います。

胃しか興味ない先生は食道胃接合部から撮影始める先生もいてびっくりしますが
これは真似をしないほうがいいでしょう。

食道の専門家ならば、、、の話ですが

私どもは口腔咽喉頭だけでも16枚以上写真とってますので
食道ですと何枚でしょうか、

頸部、
胸部上部、
胸部中部、
胸部下部、
腹部食道、
進展した接合部、、

これの行き、帰りですので 12枚は最低でも撮影します。。

昔は20枚のフィルムに収める必要があったので食道は1枚、
咽喉頭は当然観察しない

でしたが、これがデジタルになっていくらでも撮影できるようになって
下手すると総撮影枚数が3桁にちかくなることも、、、

経鼻内視鏡になって、今まで見てこなかった
口腔咽喉頭がすみずみまで観察、撮影も容易になりましたし

時代は変わっていきます。

除菌後の胃は拡大内視鏡あったほうがいいのでしょうけど。

「酒飲み、フラッシャー、ピロリがいない」という患者さんが
女子も男子もこれから増えるでしょう

そういう方がいらっしゃった時の内視鏡、何握るか、

うでのみせどころですね



[PR]
by kenzaburou41 | 2017-03-22 22:55 | 診断の達人たち | Comments(0)

赤の中の白

こないだ、内視鏡やってて

大きく深達度診断を誤った症例に出くわした。

なんで間違えたかというと、拡大内視鏡で血管ばかりを追いかけてて

ああ、これ浅いんじゃねと、、過信してしまったことによる。

食道表在癌のほとんどが0-2c型、淡い発赤、発赤陥凹

全体が赤っぽく領域があって、、というのが癌の初期像

だからNBIなんかの赤いのをより強調する画像強調法は拾い上げにものすごく
役立つ

しかしながら、色のもつ情報を消してしまうという欠点も持ち合わせる。


多くの食道表在癌はただ赤いだけ、
がおおいので、NBI拡大、BLI拡大が深達度診断にも有用だけれども

中に『赤いもののなかに、白い領域がある」病変

白いといってもまっしろではなく、黄色かかった白。

ここは血管がよく見えなくなって、癌で煮つまった、深いことをときに意味する。

凹凸があればわかるけど、これがフラットで白い、かつ血管もよく見えない
ときは要注意である。

あとから内視鏡画像を見直し

深かったところがどこかを見てみれば

やはり「赤の中の白」であり

う、、このとしになって何故気がつかなかったんだろう、、、と猛反省。


やっぱり白色光に戻って全体をくまなく見る

NBI・BLIだけじゃだめでしょ

を再認識することに。


「白色光を軽視するべからず」

「赤の中の白に要注意」


べからず集に追加ですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-12-08 19:09 | 診断の達人たち | Comments(0)

遅くまで

こないだ都内でESDをたくさんやってる先生に
あって、すごく症例が多いですけど、、
大変じゃないですか?

って伺ったら、平日は午前上部午後下部内視鏡やって
それからESDがあって、遅い時は夜10時くらいまで
かかることもあって、、結構大変ですよ

え?

まじすか?

治療内視鏡が午後4時とかから始まってそれから
2件あったりするらしく

そりゃあついてるスタッフの方も大変でしょうに、、

ええ、理解のあるスタッフに恵まれているんで、、
とのこと。

うちは一応、夕方5時までには終わるように
検査、治療は組んでるし、、

下部内視鏡は俺はやらない、というか
下手すぎてバイト先をクビになったことがある
から、もうやらないのだ。


それに比べたら、わが食道ESDチームはまだ
恵まれてて上部だけ、に特化して検査、

耳鼻科のELPSにも人手があるから
お手伝いにいけるし

今シーズンは、
もうできる限り後輩に仕事を任せて
ケン三郎は広告塔となり、
食道癌撲滅のための啓蒙活動を続けるっ!

経鼻内視鏡がもっと食道の専門家に
広まりますように

「おえおえ内視鏡」はおさらばよえ〜っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-05-12 23:32 | 診断の達人たち | Comments(0)

取り扱い規約

今度また食道癌取り扱い規約が新しくなるってんで
その規約に載る写真、いいのあったら送ってね

プロジェクト

いいのあったら、と思って探すけど
う〜ん、、、俺今だいたい経鼻+フード付きの拡大
で撮ってるし

「通常内視鏡なんかいらない」活動家だから
写真がほんとにない。

探して思ったのは、こういうときにパッと
写真を出せるようなファイリングしとかなきゃ
いけないってことで

過去に食道癌になった患者さんの何千人という
データがせっかくあるのだし

これを活用しない手はない

皆さんは休みだけど

連休はがんばって、地道に症例を
探してみようっと。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-05-04 07:56 | 診断の達人たち | Comments(0)

画像強調内視鏡の特徴

富士フィルムユーザーの
FICE/BLI/LCI

どう使うか?

まずFICE
advanciaの0、5、8
もしくは1、5、8をセット
にもちいる。

胃では1をもちいて観察

食道では低濃度ヨード+8が有用
ヨードとの相性抜群

あとFICEは白色光でまずフリーズを
押す、そのまま長押しすると
静止したままになる

そこでFICEボタンを押すと、
白色光のその画像そのものに次々に
FICE画像が上塗りされていくので

二つ左右の画面を見比べなくてもいい

範囲もそれで分かり易くなる。
この技はBLI LCIではできない。

BLI 遠景でブライト、近接拡大でBLIを使う

食道では色彩強調C1 胃ではC2を用いる

構造強調は 胃はB7を用いる 食道もそうした
ほうがいいのかな、

LCI 遠景では3つのIEEの中では一番明るく見える

拡大でも使えない事はないが、目が疲れる

白い病変はより白く
赤い病変はより赤く

ピロリ菌がいると紫っぽく見える。
いないとうすいピンクに見える

経鼻BLIで近接すると食道のB1血管は認識できる

B2もB1でないことはわかるが
Type Rとの区別がつかない

赤くて、領域性があって、形がいびつで
BLI経鼻でちかづいてうっすらとドット血管が
見えれば癌である事が多い。


BLIやLCIは持ってないよ

580NW2買っちゃったし
もうモデルチェンジしたんか、、
買うお金ないのに、、、

という先生は

FICE+低濃度ヨードを活用しましょう

ハイリスクにはヨードを省略しては
ならぬ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-11-11 00:21 | 診断の達人たち | Comments(0)

410nm

ノーベル賞をもらった青色LED

このレーザービームを使った
BLI内視鏡

これも白色光用の450nmの波長と
青色レーザー410nmの波長の2種類のレーザー
ビームを病変に当てて、
表層の血管が視認しやすくなる

赤いものが浮き出て見えるから
食道癌が早くみつかる

「まさにノーベル賞の内視鏡ですよ」

と患者さんにいうと、へえ〜っ
僕はその内視鏡でやってもらったんですかあ、、

となる。

しかも経鼻内視鏡にこのレーザー光
がついたもんだから、おったまげた〜

ヨードがつかえない咽喉頭では
劇的な効果が得られる!!

新聞とかTVでは、
そこまで新しい情報
流れてないけど

この食道癌のブログこそ
今最新の技術をお届けするっ!


この先、多分、すこ〜し拡大ができる
経鼻内視鏡がでちまうと
(あと2年するとでてきますよ〜)

全世界中に席巻する可能性ありなんですわ

この機器の進歩はアップル並み。

さっきiPhone5がでたと思ったら
もう6がでた、、う〜ん

って感じのここ数年の技術開発。

未来は明るい、

オエオエ経口内視鏡とはおさらばよえ〜

全国の酒好き中高年男子よ。

80までうまい酒のみたきゃ
検査をうけにでてこいや〜っ。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-11-06 23:23 | 診断の達人たち | Comments(0)

LCI

富士フィルムから新しく
LCIという特殊光色彩強調機能
(linked color imaging)が発表されました。

従来のNBIやBLIとまた全然違う感じで
レーザー光で得られた画像を赤いところを
より赤く白いところはより白く
色の拡張と縮小を同時に行う、というもの。

これが結構すぐれもので
萎縮性胃炎、びまん性発赤から
ピロリ菌にかかってるかどうか
なども推測がかなりできそうですし

食道癌でもやってみたらかなり遠くまで
赤い所は赤く、白い所は白く強調される

おおっ!これは。。。

という優れもの。

かつヨードとの相性もグッド。

BLIもLCIもFICEもどれでも
選べる

経鼻にこれがついてるとなると
かなり患者さんには貢献できるんでないか

検証はこれからだけど
こういう機器を開発する
技術者ってほんとスゲエなあ

俺らはこんなの持って来てよ

というだけだけども。

せっかく作ってもこれじゃあダメだ
といわれたり、うまくいかないことも
たくさんあるだろうし。

作り上げた技術者に敬意を払って
内視鏡にとりくまねば。


BLIにLCIつきの経鼻内視鏡
EG-L580NW

次に買い替えるならこれ最強。

お試しあれ〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-10-28 00:24 | 診断の達人たち | Comments(0)

NBI

昨日から読売新聞で食道癌の特集が始まった。

5日連続シリーズの1日目。

患者さんは「検査を受けて病気がみつかるのが
怖いから検査をうけなかった」

と躊躇していて。

いよいよ検査をうけた。

医者は言う、「今までの内視鏡だったら
見落としていたかもしれないが
このNBIをつかえば癌を簡単に見つかるようになった」

「だから患者さんには安心して
検査を受けてほしい」

患者さんはESDを受けて癌をしっかり
摘出でき今も元気に過ごしている

「検査をうけてよかったです」
と今では健康に気を使い、酒も
減らしているという

検査を受けるならNBIのある内視鏡
を受けましょう

とのこと。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-10-21 21:21 | 診断の達人たち | Comments(0)