カテゴリ:咽喉頭異常感( 1 )

咽喉頭異常感を調査してみた

過去3年間を振り返り

咽喉頭異常感症、のどのつかえ感、嚥下困難、

の患者(食道癌や胃がんの術後症例をのぞく)

296名を振り返って調査してみた。


咽喉頭異常感

というのに

いろいろと他の医師の内視鏡写真を見てみると
咽喉頭の写真が一枚も撮影されていない
ものもあり


知らない医師は一生撮り方を教わらずに、内視鏡を続ける
のだなあ、、と愕然とする


しかし、そんなのやる必要はない、我々は消化器内視鏡医だし

咽喉頭領域は耳鼻科医の専門でうちは専門外だ

もし、見落としがあって責められても困る

だからうちは見ないようにしてるんだ

っていう医師もいた。


俺が患者だったら お断りだ。



俺たちは、「おもてなし内視鏡」を実践するのだ


しかし、全員やる必要があるかについては
一理ある。

咽喉頭異常感。

女性150名中 逆流性食道炎関連が108名で
食道癌は1人(0.6%)しかいなかった。


女性の咽喉頭異常感の75%は逆食炎だとおもえ。

それに対し男性の咽喉頭異常感、146名中
逆流性食道炎関連は79名と約半数。

頸椎の圧排が5名、カンジダ食道炎が4名

食道癌が3名、下咽頭癌が2名、胃がんが1名。

146名中5名(3.4%)が下咽頭・食道癌


しかも下咽頭癌の2例は、症状があって半年前に検査した
にも関わらず見落とされていた症例で嘔吐反射の強い方。


検査法をしらないことで、患者が治る機会を
失う。

昔だったら、しょうがないというけど

今では、あってはならん、と
若手に教育する


いかに反射を防いで、じっくり観察できる時間を
確保できるかが重要だ。




咽喉頭異常感症、還暦後の男性は特に注意が必要。

メリハリのとれた内視鏡をおすすめするんですわ
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-09-15 22:36 | 咽喉頭異常感 | Comments(0)