カテゴリ:JCOG1109( 4 )

術前治療の意義

JCOG9907の結果、術後に化学療法をするより
術前にやったほうが予後がいい

ということがわかり

術前群の5年生存55%にたいし、術後は42.7%

食道癌で手術、ステージⅡ,Ⅲ
2人に1人は5年後には死亡する

という結果、まだまだ改善させる
必要がある

とくに食道癌患者で深達度の浅いT1-2
(粘膜下層~筋層浸潤まで)
では術前群79%、術後群55%と
この群の術前化学療法+手術ではなんと5人に4人
は5年後にも生存(有意差あり)

というのに

T3だと術前47%
術後38%
と、有意差なし。


より進行している状態では、FPだけでは
不十分で、より強力な術前治療をやったほうが
予後がよくなるんじゃないだろうか

という仮説がなりたつ

化学療法だけで癌は治らない
と思ってる医者がほとんどで

その意味合いは
もしかしたら遠くまで実は飛んでるかもしれない やつをたたく
のと
取れるか取れないかの崖っぷち食道癌を
すこしでも小さくして
きれいに取れるようにする

方法としては2つ。

DCFと FP-CRT

どうせならDCF-RTー手術までやったらどうだろうか

いやいやアクセル踏みすぎるとストップできない
強い有害事象がでるかも、、

医療はつねに不確実さを兼ね備えていて
こうなったらいいのに、、という期待と
まさかそこまでひどい状況になるとは、、
という危険とも隣り合わせ

DCFとFP-CRTのどっちがいいのか?

じつはどっちがいいのかが分かってない。

どっちを選んでもOK,しかし
治療が強力になるということは
それだけ患者さんへの負担も重くなる

はたして、手術にきちんとたどり着けるか
手術から無事に生還して歩いて元気に帰れるか

ということになり


FP2コース、DCF3コース、
FP-CRTの3つのうちどれが
もっとも成績が良くて、かつ有害事象が少なくて
安全に治療が行いえたか。


さて次回は放射線をどこにあてるかについて
考えてみましょう

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-15 23:20 | JCOG1109 | Comments(0)

なぜ3コース?

FPにドセタキセルを加えたDCF
は2007年に食道癌で遠隔転移のない
T4症例にDCFをやってからカルボプラチン
+放射線治療を行ったのが最初で。

生存期間中央値が10.8ヶ月
GRADE3以上の好中球減少が32%
と報告されている

DCFは切除不能進行食道癌や
再発食道癌に対する強力な
抗がん剤治療として

(どちらかというと、こいつが
効かない限り根治はきっと望めない
あるいは少しでも長生きができれば、、
という崖っぷちで行われて来た
経緯が先にあるので)

そういう状況でやってみたら
結構な有害事象がでた、

やっぱり安全性を担保しなければ
治療を行えないので
その安全性を確認する臨床第二相試験
が行われ、
60/60/800mg/m2の4週毎、2コース
のレジメンが選択された。
効果はそれなりにあったが、この方法で
癌が消失した症例は1例もなかった

これと別に
70/70/750mg/m2を2コースないし3コース
行った後に食道切除再建をする試みが
別施設で行われ,全例で予防的にシプロフロキサシン
300mgをday5-15に内服。
この方法で実際に切除した場合に発熱性好中球減少
がすくなく、手術の合併症に差がなく、
かつ31人中8名、26%に癌の消失を認めた。

抗がん剤だけで癌が消える、ことは稀
と思われているけども、4人に1人
癌の消失が確認された、

ということはかなり有望な治療であることは
間違いない。

「とれるかどうかの瀬戸際」
の患者さんと

「今でも普通に手術すれば
きれいに取りきれますよ」

という患者さんに同じ抗がん剤を
投与するのか、

という疑問はわくのですが、

これから手術をうける患者さんに
術前3コースの抗がん剤
というと道のりが険しい感じがする
けれども


もしこれで実際、予後不良といわれる
食道癌の治療成績がグンと上がるなら
すごいこと。

全国でご協力いただける
患者さんに感謝。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-11 23:18 | JCOG1109 | Comments(0)

術前ケモラジ

術前ケモラジについて。

手術前に抗がん剤と放射線をやって手術。

全部やんの?

この場合の放射線治療は放射線で治すというより
あくまで手術の補助的な位置づけ。

Burmeisterらは手術単独VS FP+RT35Gy後の手術
で扁平上皮癌のみの集団では術前CRT群が再発までの
期間を有意に延長した。

またTepperらの報告では、手術単独対 術前化学放射線
治療+手術 で有意に生存期間の延長をみとめた。

腺癌が主に登録された手術単独 VS パクリタキセル+シスプラチンと放射線45Gyを行う術前CRT群との比較で
有意に生存期間の延長を認めた

Marietteらは1、2期の患者に手術とFP+45Gyの照射+手術
では中間解析で術前CRTが手術を上回る可能性が
ないと判断され、早期に試験が中止となっており、これは
扁平上皮癌が主体であった。

というわけで
有効だというものとそうでないというものといろいろ。

米国では術前CRTが

欧州の一部では術前化学療法がみなし標準治療として
用いられている。

所違えばなり易い組織型もちがうし
治療法も違う、、

さて日本はどの治療を選ぶ?

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-09 00:13 | JCOG1109 | Comments(0)

欧米の標準治療

欧米では、手術以外の治療による局所制御が
優先され、日本のように系統的リンパ節郭清による
局所+領域制御の考えは乏しい。

手術は非開胸食道抜去!が多用され手術単独
による予後は日本とくらべて悪い。

keisenらの大規模比較試験(54%が腺癌)
で術前5FU+CDDP+手術
213例と手術単独227例をくらべたところ
2年生存37%VS35%

無再発生存割合も両群で差を認めなかった

一方英国のMRCから術前化学療法400例と
手術単独402例の検討では
生存期間中央値が術前化学療法群で16.8ヶ月、
手術群が13.3ヶ月
2年生存率=43% と 34%で有意に術前
化学療法群が良かった(腺癌が66%を占める)

その他の論文でも術前化学療法の効果については
いいという意見もあればいや変わらない
という意見もあり、決着がついていない

「欧米」「扁平上皮癌」「術前化学療法」
は広く行われているとは言えない
のが現状。

ということで、日本やアジアにおおい
扁平上皮癌をどうやって治療して行くのが
一番いいか?を研究する臨床研究JCOG1109

患者さんが積極的に参加していただく
おかげで、明日の未来の食道癌治療が
変わるかもっ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-07 22:25 | JCOG1109 | Comments(1)