カテゴリ:胸腔鏡手術( 5 )

カメラで見えるメリット

食道の手術も「低侵襲」が叫ばれて10数年。

左側臥位に始まり、

はらばいのほうがやりやすいと普及し

今やある程度のハイボリュームセンターでは
行われているカメラを使ってみながらの手術

もちろん、右開胸でどのように郭清をするかの
基本を抑えてのカメラの手術

触覚で触れないこと以外は、よく見えて
解剖もわかりやすくまた教育効果もある

ってんで。

さらには縦隔鏡をつかった新しいアプローチ

器械も進化して使い勝手の
いいものが開発され

新しいことをどんどん取り入れて進む外科手術。

周りをとりかこむ環境も多職種連携が当たり前となり

侵襲を減らす取り組みがさらに進み
抗不整脈薬をつかうといいとか、
人工膵臓で血糖をある程度一定に保つといいとか

外科学会でみなさん上手に食道癌手術をマネージメント。

手術が安全で確実に治療できるのが大前提。

頭頸部外科医であり、胸部外科医であり、腹部外科医である。

それが食道外科医

これを研修医に言うと、ちょっと自慢。

かっちょえ〜






[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-03 23:10 | 胸腔鏡手術 | Comments(1)

LADG

今日は腹腔鏡手術の研究会があって
大阪から有名な先生がいらっしゃるってんで
参加してきたんですわ

外科のケン三郎の先輩が関連病院に移って
胃がんのLADGの手術を始めて

それを教材として技術認定医を取得するには
どういうポイントに注意するか、
という講師の先生がたのコメントをいただく形式を2件

そのあと特別講演で有名な先生のビデオを見せていただく

プロの手順をみるとああ、なるほどなと簡単そうに
やってみえて

実際自分でやるとなるとかなり大変だろうな

と想像がつく

おそらくはうまい先生の手術を完全コピー
すれば近道で

ほらここ掘れ的なスーパー助手と

そこに電メスを当てて剥離していく術者の阿吽の呼吸


やると決めたらとことんそのトレーニングを
して、うまい先生の手技を盗み取る

今日は勉強になりました〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-05-29 01:00 | 胸腔鏡手術 | Comments(0)

チーム医療

食道癌も鏡視下手術を導入するところが増えていて
食道学会でも、外科医一人の名医がいればうまくいく
という時代はとおに過ぎ去った感があり

看護師さんや理学療法士さん、歯科衛生士さん、栄養士さん
その取り巻くメディカルスタッフの力が大きくなり

そのうち外科手術も、もうボタン一つおせば
ロボットが全部予定した通りの手術をやってくれる
時代に、、、

そうすると、その計画通りに手術をしたら
合併症はなくなるのだろうかしら

という疑問がわき

また合併症が起きた時に、ああ、これはロボットが
手術をしましたから、あいつのせいです、
俺、関係ありません、機器メーカーを訴えてください

っていう医者がでてくるかっていうのも現実的でなく

定型通りの治療をしても、それに患者さんの個人差があって
うまくいかない時も起きるもの


ですので、いろんな人が知恵を絞って
戦うのにこしたことはないわけで


食道学はそのあたりが、今後かなり発展しそうです


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-04 18:16 | 胸腔鏡手術 | Comments(0)

逆風

いまだかつてない鏡視下手術への逆風

鏡視下手術にせよ
開胸にせよ

手術治療、合併症0

を目指して現場では頑張っているので

鏡視下手術をやります、というと
「どれくらいの経験があって
生存率はどれくらいで、何人亡くなりましたか?」

と疑心暗鬼になられるのも、、、

信頼を得られるよう外科医は
がんばらねば


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-03-31 23:56 | 胸腔鏡手術 | Comments(0)

振り返る

千葉県がんセンター(千葉市中央区)の腹腔鏡(ふくくうきょう)手術問題を巡り、県の第三者検証委員会が30日に公表した報告書案は死亡事例が11人と相次いだ理由を「担当医師の見解を尊重し、原因究明や再発防止に向けた取り組みを行わなかったため」と結論づけた。県についても「問題の重大性を考慮すれば、センターを厳しくチェックする必要があった」と批判した。

 検証対象は2008年6月~14年2月に同手術を受けた後に死亡した11例。うち8例を執刀した消化器外科の50代の男性医師に対し、報告書案は「片手での盲目的操作などが見受けられ、手術を安全に行う配慮が十分でなかった」などと批判した。この医師のほか、胃の全摘出で約5カ月後に死亡した男性(58)を担当した医師のように「腹腔鏡手術を行うには技量不足」と技術自体を問題視されたケースもあった。

 保険適用外となる高難度の7例全てが院内倫理審査委員会に諮られておらず、腹腔鏡手術の実施を知らされていない患者家族もいた。検証委の依頼で各事例を分析した日本外科学会のヒアリングに対し、同科医師の一人は「倫理審査委がルーズと感じた」と説明したという。こうした体質について「不都合な情報を表に出したくない意識の表れ」とし、早期の安全管理体制の確立を求めた。またセンターに「患者の立場で医療の質を保証する重要性を自覚すべきだ」と信頼回復を迫った。【岡崎大輔】

 ◇「先駆者」止められず

 腹腔鏡手術を受けた患者の死亡が相次いだ問題は昨年4月、週刊誌の報道で表面化。県は3人の患者が死亡していたことを発表し、センターと五つの県立病院に、腹腔鏡手術のうち保険適用外となる手術は原則実施しないよう通知した。

 県は同6月、手術の評価や院内の意思決定手続きなどを検証する第三者検証委員会を設置。その後、調査によって検証対象の死亡事例は11例に膨らんだ。

 患者の体への負担が少ない内視鏡での腹腔鏡手術は高度な技術が必要とされるが、11例のうち8例を執刀した50代の男性医師は「パイオニア」とも言われる存在。問題発覚後の昨年5月から手術参加をやめたが約3カ月後に助手として復帰し、14例の手術に参加した。患者の要望で1例の開腹手術を実施したこともあったという。

 センター関係者は「男性医師に『腕を見せたい』というプライドを感じることがあった」と振り返る。その上で「男性医師を止められなかったセンター全体の問題だ」と指摘する。





重篤な合併症は1例もありません」という外科医ほど怪しい。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-03-30 22:39 | 胸腔鏡手術 | Comments(0)