カテゴリ:早期胃癌研究会( 3 )

今日の症例

今日も早期胃癌研究会に行ってきたんですわ

1000円の会費を払い、
これまでの半分の大きさになった
マイセンのカツサンドを

あ〜2つ持って帰りたいなあ〜

なんて思いつつ

3例目が食道で。

透視で下部食道の有茎性粗大結節隆起。

つるっとした表面形態でSMTかしら

PYOGENIC GARNULOMA
神経性の腫瘍
あとはカルチノザルコーマ??

SCJの近くだからバレットもあるかな

内視鏡行きましょう

おっと白いぞ。しかも表層が黒っぽい
ん?melanomaか??

バレットではなさそうだな

ヨード行きます。

え?隆起の周りに亜全周のヨード不染が。。

こりゃmelanomaではないなあ。。。

NBI拡大行きます。ああ扁平上皮癌で
うーんポリープの所は白苔をむいたとこだから
よくわからんな。

ほんで結果はカルチノザルコーマ

4分の3周だったけど全周切除するのね。

勉強になりました〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-17 22:58 | 早期胃癌研究会 | Comments(0)

胃癌検診in中国

今度また3月に中国に講演に行くことになったんですわ

今度のオファーが経鼻内視鏡による胃癌検診

でったあ〜

そうだよなあ

経鼻が普及してない国に経鼻を広める

難儀なプロジェクトだけども

すでに、経口NBIが広まっている日本よりは
まだ素直に受け入れてくれるかもしれない。

検診が中国でも普及すれば
11億人のうちのかなりの
数を救える可能性がある

そう思うと責任重大っ

診断のコツを勉強してうまく翻訳するんですわ



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-04 22:02 | 早期胃癌研究会 | Comments(0)

1月早期胃癌研究会

久々に早期胃癌研究会に足を運んだんですわ

外科医は手術だけ

いやいや内視鏡診断もできます

と学生に講義しながら

はて、最近胃や大腸の診断学をおそろかに
してるなあ、食道咽頭だけじゃだめだろうなあ

と、去年の反省から

今年は早期胃癌研究会に出ようと心に決め

行ってまいりました

新年一発目、いつもは会が終わってから
盛大な新年会が行われていたけどそれも今年から
なくなったそうで

勉強しに来たい先生が全国からやってくる

その近くに住んでおきながら、この研究会に
参加しないなんてもったいない

そういえばそうだった、ここで学んで
ああよかったと帰ったものだと振り返り。

食道、胃、胃、大腸、大腸と
5症例を勉強。

食道はかなり稀な症例で、いやあ、
見たことないわあと感心。

しかし、読影が俺らと同世代の
先生で「今日はスペシャルな日ですから
重鎮に読んでもらいましょう」

えっ、若手じゃないの?

重鎮??

俺らの世代って、、もう重鎮なんかっ。


とかなりショックを受け。

いやあ、、下手な間違いができないレベルを
求められてるぞ

いっぱい勉強しなきゃ

と決意。

終わりに上海でお世話になった先生方に
新年のご挨拶。

こういう地道な礼儀こそ重要で。

今年は、地に足をつけた草の根活動を続けるんですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-20 23:27 | 早期胃癌研究会 | Comments(0)