カテゴリ:漢方( 13 )

漢方を使いこなす

ケン三郎が大学に戻ったH13年ころ

H12年から小児外科医として赴任して
ちょうどケン三郎の隣の席になり

米国からかえってきて、ハイセンスな風貌と
医療に熱心な先生

その先生がその後に開業されて、、

今日はその先生が漢方の講演をやるっていうんで
聞きに行ったんですわ

もともと外科医だけど
いろんな場面で漢方を使う場があって

とくに小児はいろいろと使ってみると
一発でよくきくって薬がある

その正しい薬の選択にはいろいろ問診とったり
視診、触診、聴診、5感を使って
試してみるといいと。

でも過信も禁物で、その見極めも大事で、、

なんて話を1時間。

小児にも、がんの患者さんと同じで悲しい別れもあって
大変な思いをしている両親を少しでも支えようと
日々大変なご苦労をされているとか。

漢方はがんの患者さんのエンドオブライフをサポートする
のに非常に重要な役割を演じ

もう、薬がない、ということはない

いろいろ試してみて合うやつを探していく

これが漢方の醍醐味で。

二日酔いには「ごれいさん」

また勉強したくなりました。



















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-01-26 22:51 | 漢方 | Comments(0)

五苓散

同級生としこたま飲んで

朝 強烈な二日酔い

そして朝から内視鏡。

大丈夫か、二日酔い

そう、二日酔いには漢方「五苓散」(ごれいさん)
がよく効くんだ

を思い出し。

一包内服してさんざんポカリスエット飲んだら
あっという間に元気もりもり。

この漢方、飲む前に飲んでも効果あります

お勧めです~


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-06-28 18:43 | 漢方 | Comments(0)

舌診

内視鏡でなんか新しいネタないかなあ

拡大、NBI、FICE、BLI、iscan AFI、EUS、
診断はかなり進化したというけど

限界もあり

何せ競争相手が多すぎる

競争相手いないところに、新しい学問の道開ける

今注目は「舌診」である。

東洋医学では舌をみると、あらかた患者の状態がわかる

内視鏡的にまず舌をみて

「ああ、あなた最近、酒飲みすぎてますね、
なにか嫌なことがあってストレスも多く
体に悪い影響がで始めていますよ、ゆっくり睡眠を
とって体を休めなきゃ、、、」

なんてことを舌みただけで言い当てたら

すげえ感謝されそうというか

「え、なんでわかるんですか」的な


というわけで、「内視鏡的舌診の有用性」

東洋医学でかいてある舌診は
なんだか分類が多くて覚えられないんですわ

ケン三郎目線で、ああこういうタイプは
こう、て分けられたら面白い

3年後の内視鏡学会での発表を目指して
データ集めるんですわ

ばかばかしいことから学問は始まるんです

人と同じことをしてたらいかんのです


ぽちっとな

[PR]
by kenzaburou41 | 2014-06-24 20:46 | 漢方 | Comments(0)

しゃっくり


しゃっくりが止まらない

時々あります。食道がんに限らず。

対処法

「ヒック」、「ヒック」としゃっくりがとまらないと最悪である。特に人前だとなおさらである。昔からの「冷水をたくさん飲む」、「驚かす」「息をいっぱい吸いこんで、少し息をとめる」などの民間療法で、なんとかしのぐことも少なくない。

 しゃっくりは横隔膜の間体性痙攣によって、吸気運動が速くなり、同時に声門が閉じるために起こると考えられている。一般的には急いで食べ物を摂取したとき、胃内の膨満などの単純なものやとくに原因が不明なものが多いが、なかには脳腫瘍、アルコール中毒など中枢神経疾患、胸腹部の炎症、腫瘍などの器質的な疾患がもとでおこることもある。頻繁なときは医療機関に受診したい。 西洋医学では原因疾患があればそれに応じた治療を行っていく。

 漢方では、しゃっくりを「吃逆」(きつぎゃく)、「噦」(えつ)ともいい、気のめぐりが悪く、血がうっ滞しておこると考える。「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」、「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」、「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」、「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」、「四逆散(しぎゃくさん)」などを用いる

 呉茱萸湯は発作的に胃部に停留する水毒が上逆しておこる症状を治す効果がある。みぞおちが膨満して手足が冷える人のしゃっくり、頭痛、吐き気などに用いる。薬方は呉茱萸(ごしゅゆ)、人参(にんじん)、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう)から構成され、呉茱萸、生姜は血行を盛んにし、大棗、人参とともに水毒による上逆を治す効果がある。

 芍薬甘草湯は急迫性の筋肉の痙攣に頓服としてこむらがえりによく用いるが、しゃっくりにも有効といわれている。芍薬(しゃくやく)と甘草(かんぞう)の二つの生薬から構成され筋肉の痙攣を治す効果がある。



ただし、芍薬甘草湯は、長期使用により偽アルドステロン症(高血圧、浮腫、低K)
をきたすので、頓服使用(発作時、もしくは夜寝る前に1回)が基本。

こむらがえり、しゃっくり
に困った食道癌患者さんには芍薬甘草湯~


メモメモ~


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-06-20 22:56 | 漢方 | Comments(0)

ハルステッド

ウイリアム スチュワート ハルステッド

1852-1922

乳がんの手術といえばハルステッド

手術の手袋の生みの親

奥さんが手術場で働くナースで
手荒れに悩む奥様のために
手袋を開発したという。

最も有名なのは「ハルステッド手術」

徹底的におっぱいからその周りの筋肉
まで切除し

術後は洗濯板のごとく様相にかわりはて。

「命のためには女を捨てろ」

とまで言ったとか

今そんなこと言ったら 

半日もしないうちにワルのレッテルが
貼られ

ネットで一気に
拡散して1万人もの署名が集まるのも
あっという間。。

しかし、そのハルステッド手術を変えたのは
より低侵襲な治療との比較。

おっぱいの周りの筋肉まで取らなくていい

から

おっぱい全部とらなくてもいい

にかわり

さらにホルモン療法やら抗がん剤やら
放射線やらで

今や「乳腺外科」は手術から集学的治療に重きが置かれる。

食道がんもその傾向に
あり。

サルベージ手術 VS サルベージESD

とか

鏡視下 VS  ESD+ケモ

もしくは

鏡視下 VS CRT

とか

昔だったらそんなのありえない

と思ってたことが、今ではそれが常識、という
ことがよくある。

10年後どーなってますか

タイムマシンがあったら
覗いてみたいっす


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-06-20 22:48 | 漢方 | Comments(0)

半夏厚朴湯

半夏厚朴湯の歴史はふるく、1800
年前の歴史書に

「婦人、咽中炙れんあるがごときは
これを主る」とある。

炙れんとは「あぶった肉」のことで
これがのどにつまっているような感じを
訴える場合に半夏厚朴湯がよく効くと
いうことらしい。

江戸時代になるとこれが梅の種が
のどに引っかかったような感じ
=梅核気
と表現するようになり

現在ではヒステリー球といわれたりする

漢方ではのどのつまり感は
「気が滞り、痰湿を生じ
気と痰がいりまじって咽喉に凝滞した」
ために生じたと考えられている。

「気合い,気力」の気が停滞した=「気うつ」
といい、車でいうとエンジンの部分にあたる

うまく作動しないので,肺が機能せず、
痰が生成され、
詰まったように感じる、ということらしい。

病気は気から、といいますが
気の停滞は万病の原因。

こうした症状も
「食事はとおるが空嚥下しにくい」
「薬をのむとのどにひっかかる」
「切羽詰まるとのどが苦しく息ができない」
「のどが狭い」
「内視鏡は受けたくない」
と、その時々で表現が変わるのが特徴。

病気は気から、ということで抗不安薬を
のむと、眠気や脱力が生じ依存性が
生じ易いかつ、薬をやめると再燃する

といわれており

一方で半夏厚朴湯は副作用がほとんどない
とされまた薬をやめたとたんに再発すること
もないという。

またこの薬は男女とわず有効


内視鏡で舌根がむくんでるときは
これがよく効くらしいです


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-02-11 20:59 | 漢方 | Comments(0)

手術前にのむ漢方

手術をするので漢方が欲しいといわれたら

「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)

「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)

けいしぶくりょうがん 

は合戦のときの打撲に著効した
といわれ、ねんざや皮下出血で
遷延したものが治るとされる

補中益気湯は気力をますので

「手術はできればうけたくないなあ
でも仕方ない、
現実をしっかり受け止めようと
対面するにはいい薬


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-02-11 00:55 | 漢方 | Comments(0)

いんちんこうとう

いんちんこうとう

TJ−135は

肝庇護作用をもつものとして高頻度に
使用される漢方である

利胆作用、抗炎症作用、抗酸化ストレス
作用があるゆえ

外科手術、とくに大量肝切において
有用である可能性が示唆され

臨床研究が行われつつある

2001年
18例の胆道閉鎖術後の患者にTJ135
を投与した。術後1年間等よし、
採血にて肝機能、肝線維化を調べた

すべての患者は大きな副作用なく
内服可能で、肝機能、肝線維化マーカーは
いずれも改善した

しかし対照群がないために真に有効だったかの
判断は難しい

2008年
肝切除術前、3日前から術後にかけて
TJ135を内服する群と非内服群に無作為に
分け比較した

直接ビリルビンのレベルはいんちんこうとう
内服群で有意に低かった

また切除量40%以上の大量肝切除では
術後の総ビリルビンにおいても
いんちんこうとう内服群が有意に低かった

さらに胆道閉鎖を伴う胆道がんで肝切除
予定患者を内服群と非内服群に無作為に
ふりわけ
PTCDもしくはENBDチューブから採取した
胆汁を解析したところ、胆汁中の総ビリルビン
値がいんちんこうとう内服前にくらべて
有意に増加し、さらに手術時にサンプリングした
肝臓において内服群ではMrp2のレベルが
免疫染色およびウェスタンブロッティンで確認
された

今後は大量肝切除患者を無作為に
内服群、非内服群にわけて
術後経過や合併症発生頻度を
比較研究〜がすすんでる


食道癌患者=アルコール依存4割
といわれ

肝臓が悪いなかで根治手術
せざるを得ない状況も時々。

術後ビリルビンがなぜか上がって
困ったなというときは

いんちんこうとう

覚えておかなきゃあ〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-26 07:47 | 漢方 | Comments(0)

音楽の力

 ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=中島達雄】人々を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の今年の授賞式が12日、米ハーバード大で開かれた。

 心臓移植を受けたマウスにオペラを聴かせると長生きすることを見つけた帝京大医学部の新見正則准教授(54)ら7人のチームが医学賞に、タマネギの催涙成分を作る酵素を新たに発見したハウス食品の今井真介研究主幹(56)ら6人のチームが化学賞に、それぞれ選ばれた。

 心臓移植手術をしたマウスは免疫を抑制しないと拒絶反応が起き、平均7日で死んでしまうが、帝京大の新見准教授らが移植後7日間にわたりオペラ「椿姫」を聴かせると、平均で26日間生きた。モーツァルトなら20日間、アイルランドの人気女性歌手エンヤの歌だと11日間だった。

 長生きしたマウスの体内では、免疫を抑制する細胞が増えていた。

 一方、ハウス食品の今井研究主幹らは、レトルトカレーの開発中、タマネギの催涙成分としてすでに知られている酵素とは別に、もう1種類の新たな酵素を発見、2002年に英科学誌ネイチャーで発表した。その後、新たな酵素の働きを止めることで、切っても涙が出ないタマネギを作ることに成功している。


新見先生って、漢方の先生かつ血管外科医
かつ、、、イグノーベル賞。。

すげえっ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-09-14 16:56 | 漢方 | Comments(0)

急性期 漢方使用

漢方といえば、慢性疾患に使うもの。

ケン三郎の時代は学生教育に漢方の講義はなかったので
まるで知識がなく

しかし、専門家に使い方を教えてもらうとこれ、かなり有用なもの
もたくさんあるわけで。


外科医ですと、いぼ痔。腫れあがって脱出してどうにも
ならなくなって病院にやってくる患者さんを経験します。

まず急性期に痛みをとるといえば「芍薬甘草湯」

5gを50mlの水に溶かし、ガーゼにひたして患部にあてて
はさんでおくとものの15分で腫れがみるみるうちに引いていくそうです

痔というと坐薬ですが

桂枝茯苓丸の内服させてもOK.


芍薬甘草湯は尿管結石やこむらがえりの激痛にも効果があります


手足の打撲、内出血には通導散


ノロウイルスによる下痢嘔吐=まず桂枝人参湯を初回5g、
ついで3時間おきに2.5gを4回投与、さらに8時間おきに
2.5gを2回投与する

すると翌朝には体調回復し、食事がとれるようになり

3日目には便中のウイルスも消失する、ということで胃腸の炎症を
強力に抑える効果があるそうです


インフルエンザの予防、ケン三郎は時期になると補中益気湯を
飲みますが、これが本当によく効いているようで予防注射をうたなかった
けどたしかにかかりませんでしたし

もしかかった場合は麻黄湯が有効。


めまい系には五苓散


今日は飲み会だ、というときには五苓散を2,5gまずのんで、
帰ってきて5g飲むとよい。

飲み忘れて二日酔いの朝の場合にも5g飲むと1時間ほどで
改善するそうです

飛行機にのる離着陸時のツーンという航空中耳炎
これにも着陸前30分に5g飲むとよいそうです。
内耳のリンパ液の循環異常を改善させる役割だそう


それから、外科医としては術後のせん妄
とくに高齢者におこりますが

術前から1週間、抑肝散、術後も速やかに再開すると
よいそうです


せん妄になった場合も即効性があり
臨床の場で重宝されます


メモメモ
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-08-25 08:41 | 漢方 | Comments(0)