<   2013年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

生き方

「誰にも言っていませんが、余命は1年もないでしょう」と自らの余命を語るのは、神戸市「新須磨リハビリテーション病院」院長の神代尚芳医師(67)。これまで約200人のがん患者を看取ってきたという神代医師。そんな彼が今、末期の肺がんに侵されているという。

がんが見つかったのは、昨年5月のこと。手術は、親友の医師により7月に行われた。だが現在、神代医師は抗癌剤や放射線治療などの治療を行なっていないという。「『大細胞型』のがんは抗がん剤が効きにくく、放射線治療も効果がないんです。だから、もう対応のしようがない。飲んでいるのも胃腸薬ぐらいです。もちろん、自分がこれまで患者に言ってきたことと違うことをするわけにはいかないという思いもあります」

これまで彼は患者への治療を必要最小限にとどめてきた。それは延命ではなく“自分らしい人生”を送ることに重点を置いた治療だった。神代医師によると、今の医療はやるべき治療を行なっていない一方で、やり過ぎだと思うことも多いという。「もちろん何でも放置すればいいというわけではないですよ。でも手遅れなのに手術を重ね、辛い治療を続けることで“最期の時間”を犠牲にしている人も多いんです」

そんな彼が20年間に渡り提唱してきたのが『完成期医療福祉』という考え方だ。「『死ぬことはこの世から消えてしまうこと』だと考えると耐えられないほど恐ろしい。でも『死は人生を完成させるもの』と思えば、怖くなくなる。つまり充実した最期をもって人生を完成させるということです。そのためには、管理された病院で死ぬのではなく、自宅などの自由でいられる場所で最期をすごす必要があるんです」

患者のために人生を捧げてきた神代医師の考える“人生の完成”。それは、独居老人が自宅に戻って充実した最期を迎えるにはどうすればいいのか。どんなサポートが必要なのかという答えを見つけることだった。「幸か不幸か、私はがんになりました。だから自らが実験台となり、それらを見極めたいと思うようになりました」

しかし、今年2月に脳への転移が発覚。“独居闘病生活”の試みは、断念せざるをえなくなったという。理想と現実の間で揺れ動く神代医師は、しみじみとこう語る。「今回、私は2度の手術をしましたが、これでよかったのかなと思うこともあります。でもそれは最期にならないと誰にもわかりません。医者といっても神や仏じゃなく、人間ですから。何がよかったかなんて最期までわからない。そんなもんです」

そんな神代医師を支えているのは、家族の存在だ。妻の実津子さん(58)がこう振り返る。「今回の独居をいちばん反対したのは、27歳になるひとり娘でした。『なんで最期なのにパパと一緒にいられないの!最期はパパと一緒にいたい』と強く反対したんです。主人は子煩悩でしたからね。その言葉も心に響いたようです」

夫を元気づけようと、実津子さんは日本舞踏の仕事を辞め、夫の介護に専念することを決意。神代医師はいま、妻の作ってくれる手料理を何よりの楽しみにしているという。実津子が続ける。「普段は毎日料理をつくるのなんて疲れると思うはずですけど、今は不思議と楽しいんです。体調がいいときは一緒にお酒も飲んだりするんですよ。もちろん、ほんの少しですけど(笑)。こんな生活は、病院だとできないでしょうね」

神代医師は『いざとなっても救急車を呼ぶな』と実津子さんに言い聞かせているという。実津子さんは、笑顔でこう語る。「実は24時間ずっと主人が家にいる生活なんて、結婚して30年で初めてのことなんです。がんになったのは残念ですが、その反面、いま初めて主人がいつも家にいる。娘にすれば『パパがいる』生活なんです。きっと神様が最期に幸せな時間を与えてくださったんじゃないでしょうか。そう思うようにしています」
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-30 12:16 | 緩和ケア | Comments(1)

頭頸部癌へのセツキシマブ

アービタックス®における頭頸部がんの適応追加承認取得
アービタックス®は頭頸部がんにおける初の、唯一の分子標的薬
日本での新たな治療選択肢を提供

ブリストル・マイヤーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:エマニュエル・ブリン、以下、ブリストル・マイヤーズ)は、現在、メルクセローノ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:パリス・パナヨトプロス、以下、メルクセローノ)と販売提携している「アービタックス® 注射液100mg」(一般名:セツキシマブ/(遺伝子組換え))において、製造販売元のメルクセローノが、頭頸部がんを新たな効能・効果として、適応追加の承認を取得したと発表しました。

局所進行扁平上皮頭頸部がん(以下、LA-SCCHN)と再発又は転移性扁平上皮頭頸部がん(以下、R/M SCCHN)に対する、海外で実施した2つの第III臨床試験(EXTREME試験 (ErbituX in 1st-line Treatment of REcurrent or MEtastatic head and neck cancer)及びBonner試験)と、日本国内で実施した第II相臨床試験の結果に基づいて、2012年3月19日に厚生労働省へアービタックス®の頭頸部がんの適応追加の一部変更承認申請を行い、このたび承認を取得したものです。

ブリストル・マイヤーズ代表取締役社長兼CEOのエマニュアル・ブリンは次のように述べています。「アービタックスは、頭頸部がんにおける初の唯一の分子標的薬です。この新たな治療選択肢を日本の頭頸部がんの患者様に提供できることを、大変喜ばしく思います。EXTREME試験及びBonner試験と、日本で実施した臨床試験で示されたアービタックスの有効性と安全性の情報を基に、当社とメルクセローノの2社で協力し、情報提供活動に尽力して参ります。」

EXTREME試験は、R/M SCCHNの治療において30年ぶりに延命効果を明らかにした試験です。化学療法にアービタックスを併用することで生活の質を損なうことなく全生存期間を延長させることを示し(※1,2)、アービタックスと化学療法併用群と化学療法のみの群を比較して次のような改善が示されました。(※1)

•OS中央値は約3ヵ月延長し、死亡のリスクは20%低下(10.1 ヵ月 vs 7.4ヵ月;p=0.036; HR=0.797)

•無増悪生存期間中央値が有意に改善 (5.6 ヵ月 vs 3.3ヵ月; p<0.0001; HR=0.538)

•奏効率は約2倍 (36% vs 20%; p<0.001)

Bonner試験は、LA-SCCHNを対象とした臨床試験です。アービタックスと放射線療法の併用群では、放射線療法のみの群と比較して次のような改善が示されました。(※3)

•局所病勢コントロール期間(LRC)の中央値は9.5ヵ月延長 (LRC中央値: 24.4ヵ月 vs 14.9ヵ月; p=0.005; HR=0.680)

•全生存期間(OS)の中央値は約20ヵ月延長 (OS中央値: 49.0ヵ月 vs 29.3ヵ月; p=0.018; HR=0.725)

アービタックスの最も多い副作用はざ瘡様皮疹であり、皮疹の程度(グレード)と治療効果は相関があると報告されています。(※4,5) 日本人の結腸直腸がんの患者さんを対象とした使用成績調査において、5.7%に過敏反応(インフュージョン・リアクション)が発生し、このうちの約5分の1が重度な症状を示しました。(※6)

国内臨床試験の医学専門家である国立がん研究センター東病院頭頸部内科長の田原信先生は次のように述べています。「海外第Ⅲ相臨床試験と同じ併用レジメンを用いて実施された2つの国内第Ⅱ相臨床試験により、海外において確立されているアービタックスの有効性と安全性が日本の頭頸部がん患者様においても期待できることが明らかになりました。これは、日本の頭頸部がんの治療において革新的な一歩を踏み出したことを意味します。」

また、東京医科歯科大学医学部附属病院頭頸部外科教授で、日本頭頸部癌学会前理事長である岸本誠司教授は次のように述べています。「アービタックスは、欧米においては既に頭頸部がんに対する標準的治療のオプションとして使用されている唯一の分子標的薬です。現在、限られた治療選択肢の中で疾患と向き合っている患者様にとって、そして、我々医療従事者が治療戦略を考える上で、アービタックスは非常に有用な治療法になると確信しています。」

参考文献
(※1)Vermorken JB, et al. N Engl J Med 2008;359:1116-27.
(※2)Mesia R, et al., Ann Oncol 2010:21:1967-73.
(※3)Bonner JA, et al. N Engl J Med 2006. 9;354(6):567-78.
(※4)Salz L et al. Proc Am Soc Clin Oncol 22: 2003 (abstr 817)
(※5)Bonner JA, et al. Lancet Oncol. 2010 Jan;11(1):21-8.
(※6)Ishiguro M, et al. Jpn J Clin Oncol 2012;42(4):287-294.
(※7)Curran D, et al., J Clin Oncol 2007;25:2191-97.



食道がんでもそのうち、適応になるでしょう、きっと。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-30 10:06 | 新しい治療法 | Comments(0)

経鼻拡大

b0180148_9444135.jpg



通常内視鏡と経鼻内視鏡の画質がそう変わらなくなって

通常内視鏡をもつ意義がだんだん薄れてきました

今後、生き残っていく内視鏡は

「拡大ちょっとつき、画像強調つき、かつ白色光がきれいな
鼻を通過できる内視鏡」

だとおもいます。

100倍も拡大いらないんで、ほんのちょっと遠景からドットがみえて

NBI-BLIを搭載していて

210度のアップアングルつき。

メーカーが競って作れば、、、十年後には。。。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-30 09:51 | 診断の達人たち | Comments(0)

役にたつ

医者になろうとおもうのは

「人の役に立ちたいからだ」と誰もがいいます。

忙しくてもやりがいがあるのは

「ありがとう」の一言があるからで。

臨床はそういう、支え合いでなりたってます。

研究はどうか

研究も今までわからなかったことがわかる、

いい薬の開発につながる、多くの人を笑顔にする、

そうなるとものすごく研究者冥利につきます


「背景」食道癌でこまってるひとがおおい
「目的」食道癌診療をよりよくすること
「対象」食道癌のひとに◎◎をやってみた
「結果」うんとよかった
「結語」◎◎は有用だ~明日からやってみよう~


研究のさきに、患者の笑顔が見えない研究は
だめだって思います。


研究を始める前に、はて、この事が分かったとして
患者の役に多つんやろうかと、、


振り返りつつも、前にすすむ~


そうおもったこの週末。


がんばらねばだ。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-30 08:32 | ひとり言 | Comments(0)

消化液の逆流

勘三郞さんが手術がうまくいって
病院を歩き回っていたのに

1夜にして嘔吐してその消化液が肺に
はいってARDSを発症し、死に至った

と週刊誌に書いてありましたが

ほんとの所は当事者でないとわかりません。

さてこの「嘔吐・消化液が肺に入る」ですが

食道の手術を受けた患者さんでなくても
起こりえる危険な状況です。

よく、食道癌の患者さんは手術のあと、
食事をうまく飲み込めずに、食べ物が肺にはいって
肺炎を起こす(誤嚥性肺炎)といいますが

多少食べ物が肺にはいっても
それを外に咳をすることで対応するので
そう怖くはありませんし

食事がもし原因ならすこし食事を休んで
あるいは食の形態を食べやすくすることで
対応できます


一番怖いのは

体を真っ平らにして寝る

何かものをとろうと前屈みになる

歯磨きのうがいでがらがらぺーっとする

などの重力にさからう行為。

もともとは逆流防止機能がある胃と食道の境目が
なくなるので、消化液は簡単に喉の辺りまで上がってきて

明け方のどがいがいがして目が覚める方もいらっしゃると
思います。



リクライニングつきのベッドで体を起こして寝る

背中の後ろに枕や座布団を敷いて角度をつけて寝る

10度以下にしないことがポイントです


肺炎を生じれば、たちまち栄養状態も悪くなり

熱もでて、体力をうばい、体重も激減です

体重は元気のバロメーター

毎日体重を量って体調管理を心がけましょう。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-30 00:53 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

85

2005年にケン三郎が手術した患者さんが
再発もなく85歳を迎えました

癌は放置に限るという方針だったらとっくに棺桶に入ってる
だろうなあ

とおもいつつ、ついでに経過中に下咽頭癌までみつけて
こちらも内視鏡治療でコントロール


術後はいろいろと工夫をされて
「先生、ようやく逆流への対応策がわかりましたよ」

とうれしそうに話します。

手術を乗り越えて、85だから重みのあるお言葉です。

80で手術するかどうか迷っている患者さん。

気持ちが大事です。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-28 19:38 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

栄養

栄養

栄養は大事。

食道癌の患者さんは低栄養になりがち

腸をつかって免疫機能を維持し

それが予後にもつながる


栄養は医者まかせにせず

看護師、栄養士さんがしっかり評価して適切な栄養の組み立てをする
チームでたたかう患者さんをサポートする


食道外科っておもえばいろんな分野とつながってて


診断、治療、栄養、周術期管理、
抗がん剤、放射線、頭頸部、
緩和、いろいろ


ひとつのことを始めたら

続けていくとまたその先に道が開ける
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-28 00:20 | 術後管理 | Comments(0)

先人に学ぶ

岡山から、栄養のことで外科の教授に
講演に来て頂いて

昨日はその後、講師とともに懇親会があったんですわ

食道癌の外科手術、

「もう極力自分では術者はやらない、できるだけ若手を
育てようとおもって人にやらせている」

とおっしゃってて

「おまえ達ももう、食道切ってるのか、
どれだけ上のものが、気をつかってるのか
わかってるのか~」

とピリ辛コメントをいただき


うちの医局員にはいわないけど、おまえたち
にはいうぞ、おまえ達はとても幸せだ、

昔は教授しか執刀しない時代だったんだぞ~


でもいまは、一人のスーパースターがいても
その次の世代には残せないし、できるだけ
若い外科医に経験を積ませたいって、そういう
心の深い先生もいるんだぞ、食道外科っていいだろ?


有り難きお言葉でございます。


明日の食道外科をさらによりよくするために

若手に興味をもってもらって

積極的に参加してもらう

そして食道癌の診療レベルがぐっと上がる



ぽちっとな ↑向き
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-27 19:18 | がん患者学 | Comments(0)

画像診断

食道は胸の中にある,消化管です

食道は胸の中では背中の方を降りて行きます

前には気管(空気の通り道)

後ろには大動脈(血液の通り道)

があり、その間を食べ物の通り道=食道が
降りて行きます

b0180148_2238286.jpg


癌が大きくなるとこの狭い空間に
塊ができものが通りにくくなります

「放置に限る」

といわれても、ものが落ちて行きませんから
たちまち栄養不良に陥ります

検診にいかない理由のナンバーワンは

「行く暇がない」

でしたが、

2番は

「病気が見つかるのが怖いから」

でした。

女性はわりかし、「大丈夫かしら、
心配だわ」と結果を早く知って
すっきりしたいと思う人が多いと
思いますが

男性の場合,相当症状がでても
我慢を美徳とする文化があったり
するので

かなり進んでから発見される
ことも少なくありません

癌を切除しえるかどうか?

が治療がうまくいくかの分かれ道

見た目切除できない=全く可能性がないわけではない

のですが、放射線+抗がん剤治療が良く効くこと
が条件になります


同じ食道癌でも
食道表在癌で見つかる人

mm,sm1で見つかる人が少なく
T2で見つかる人も少ないので

癌はある程度の時期m1m2でとどまり

m3に達してsmに入るとあっという間に
筋肉に入り込んで

それからはどんどん大きくなる

のだろう、と推測されます。


おかしいな、と思ったら早めに検査を
受けましょう


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-25 22:54 | 診断の達人たち | Comments(0)

こんなセカンドオピニオンは嫌だ

「がんは放置にかぎります」

というセカンドオピニオンは
嫌だ。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-03-23 18:04 | がん患者学 | Comments(0)