<   2013年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

気遣いの内視鏡

いよいよ明日内視鏡学会抄録締め切り

気遣いの内視鏡というシンポジウムがあるので

サスリストの有用性で登録したんですわ


背中をさすった群とさすらない群で
前向き多施設共同研究ですわ


さすったほうが満足度が高く


さらに、、、、、
驚くべき結果が!


続く
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-31 01:06 | Comments(0)

ヨードは2度かける

全国のFICEユーザーの皆様

富士フィルム社の経鼻内視鏡
をお使いの先生方

食道癌をうんと早く見つけるコツですが

「0.2%ヨードを使ってみたのですが
直ぐ褪めてしまい、うまく使えませんでした
どうやって撒布していますか?」

のご質問。

その1)観察の最後に、食道胃接合部から頚部食道
まで撒布(トップ社の撒布チューブが最適)

その2)頚部食道では小回りの効く経鼻内視鏡で
右壁から後壁をつたって前壁のほうへ舐めるように
撒布する

その3)撒布チューブは抜かずに鉗子口出口
直ぐそばに収納

その4)写真を撮り始める

その5)口側から肛門側に写真を撮りつつ
スコープを進める(でかいヨード不染があったら
その場所を記憶)

その6)鼻から何cmか,覚えにくい場合は
好きな野球選手の背番号で覚える
(31cmなら掛布、27cmなら古田、44cmならバース)

その7)必ず染めムラがMt辺りで出てくるので
そこで鉗子口から撒布チューブをもう一度
出して染めムラを潰すように接合部までもう一度
撒布する

その8)2度かけて戻ってくる頃には
褪めていることがあるので「掛布」が気になったら
掛布の所に再度撒布する。

その9)薄くなってきたらFICE(サピエンティアの
時の設定8がよいのですが、Advanciaでも8を
使っています)で強調

その10)唾液が落ちて来て時間が経てば経つ程
悪条件になるので、ヨード撒布から生検までは
スピードアップ、速やかに


ケン三郎の所はうっすいヨードを使っていますが
これでものすごく困ったということは
ありません。

おそらく、クリニックや検診施設でも

ハイリスクの患者さん

あるいは食道がざらざらしてて
血管透見が見にくい人

どうみてもあんた毎日酒のんでるだろ?
って患者さんに

超有効。

デトキソールを撒かなくても
すぐ褪めます

是非お使いくださいませ

ちなみにNBIと薄いヨード
の相性は悪いようですので
白色光で0.5%ヨードと少し濃いめを
使いましょう


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-30 07:34 | 診断の達人たち | Comments(0)

バレットSM癌

バレット食道癌が増えている

本当?

実際はカメラが良くなっただけじゃない?

あるいは昔は胃癌,接合部癌って言ってたのを
ちょっと食道をかじった医者が
「これ、バレットだよ」
とバレットに入れているだけじゃない?

バレット食道癌

そんなにないです、けど最近近くの病院から
紹介される患者さんが増えてきまして

ほぼ全員「まず手術は嫌です」

といい

「まずは取ってみてくれ」と頼まれる

しかし、どのくらいの深さまで
内視鏡でとっていいかが決まって無い

決まって無いので、追加治療するかどうかは
個々の事情による

けども,深くなると怖いのが当然

SM癌にどんどんやっていいってい
うコンセンサスはまだない

バレットの進行がんは時にたくさん
リンパ節転移を起こすし、壁内転移が
あったり

あんなに大人しそうにしてたのに
しばらく見ない間に,唖然。

という進んだものもある

残念ながら進行して見つかったときは
手術と抗がん剤でしつこく対応する

胃癌に準じて抗がん剤を使う

手術して
10個以上転移があって
抗がん剤をしつこく続けた方が
5年以上無再発生存。

手術してなければ、これほど
長生きはできなかっただろうし

医者があきらめてどうする。

結果がついてきたらホントに嬉しい。

「治療困難」を克服してこそ
外科医冥利につきる



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-28 23:40 | バレット食道 | Comments(0)

重複癌

金曜日に気管食道学会シンポジウムで
発表があって

その準備に目の下にクマをつくりながら
データを調べてて

ああいま苦労するなら毎日
コツコツやっておくんだった

論文書くかどうかは個人の力量

しかしその元になるデータベースが
しっかりしているかは施設の力量

あ〜コジハルをセンターじゃなくって
秘書に雇いたい

けど金はない

コツコツこそ王道〜っ

とはいえ、食道癌と重複癌調べてます。
2000例くらい。

だいたい3割の患者さんが重複癌あります。

重複癌とは、他の臓器にも癌ができること

シンポジウムでは武藤教授の30分の基調講演があって
その次がケン三郎の12分の講演。

どんな人が食道癌/頭頸部癌のリスクか

リスクのある人に検診を

ってことなんだけど

検診に来ない患者さんをどう呼び込むかも
また重要で

医者の視点にはここが欠けている

いかにいい画像がとれたか

血管にピントがあったか

そんなことどーでもいいのだ

早く確実に見つけてほしい、しかも苦痛なく。

が本音だ。

診断が不確実なことは医者が一番良く知ってるし。

「m3sm1sm2も否定出来ない」

その3つ押さえたら
診断間違えようがない。

不確実なのに、「確実だ」みたいな
ことは言わない

だからヨードを頼りにするし

確実に診断するにはヨードを
捨てきれないのだ。

食道癌の実に3割の患者に重複癌があり
食道癌患者の1割が中下咽頭癌患者

さらに頭頸部癌患者の4割は食道癌患者で

このうち中下咽頭、口腔底はとくに重複頻度が高い。

口腔底は、通常、スクリーニングの対象外だ

諸悪の根源はマウスピース。

かんだ時点で見落としが始まる。

まずは口の中を診よ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-28 21:52 | 講演録 | Comments(1)

いんちんこうとう

いんちんこうとう

TJ−135は

肝庇護作用をもつものとして高頻度に
使用される漢方である

利胆作用、抗炎症作用、抗酸化ストレス
作用があるゆえ

外科手術、とくに大量肝切において
有用である可能性が示唆され

臨床研究が行われつつある

2001年
18例の胆道閉鎖術後の患者にTJ135
を投与した。術後1年間等よし、
採血にて肝機能、肝線維化を調べた

すべての患者は大きな副作用なく
内服可能で、肝機能、肝線維化マーカーは
いずれも改善した

しかし対照群がないために真に有効だったかの
判断は難しい

2008年
肝切除術前、3日前から術後にかけて
TJ135を内服する群と非内服群に無作為に
分け比較した

直接ビリルビンのレベルはいんちんこうとう
内服群で有意に低かった

また切除量40%以上の大量肝切除では
術後の総ビリルビンにおいても
いんちんこうとう内服群が有意に低かった

さらに胆道閉鎖を伴う胆道がんで肝切除
予定患者を内服群と非内服群に無作為に
ふりわけ
PTCDもしくはENBDチューブから採取した
胆汁を解析したところ、胆汁中の総ビリルビン
値がいんちんこうとう内服前にくらべて
有意に増加し、さらに手術時にサンプリングした
肝臓において内服群ではMrp2のレベルが
免疫染色およびウェスタンブロッティンで確認
された

今後は大量肝切除患者を無作為に
内服群、非内服群にわけて
術後経過や合併症発生頻度を
比較研究〜がすすんでる


食道癌患者=アルコール依存4割
といわれ

肝臓が悪いなかで根治手術
せざるを得ない状況も時々。

術後ビリルビンがなぜか上がって
困ったなというときは

いんちんこうとう

覚えておかなきゃあ〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-26 07:47 | 漢方 | Comments(0)

舌癌

経鼻を鼻から入れる前に
口の中を見よう

2009年10月から始めて丸4年。

こないだ初めて舌の辺縁、舌縁の表在癌を
見つけました

マウスピースを外して

スコープを前歯の当たりに置き

まずべろを丸めて持ち上げて口腔底を見ます

口腔底癌は食道癌と重複頻度高いです
形もそっくり、食道癌診断に慣れてるひとなら
すぐ分かる

左右の頬粘膜。ここも見よう

さらに上顎、下顎の歯肉。

ここはベロが邪魔だからベロを
大きく口の外にだしてあっかんべー
させてスコープをちょっと進めると
いい

舌は左右に振って舌縁を見よう

もしかしたら見つかるかもしれない

必ず早期癌があるはずだ

その思いがある人だけに病気は見える

見る気がない人はいくらいい器械を持っていても
残念な写真しかとれないし、
平気で教科書にその写真を載せる

日々勉強だ

どうやったら奇麗な写真を撮れるか

名人に学ぼう

でも4年に1例だったら、そんなの
見なくてもいいっていうかもしんない

耳鼻科医にまかせればと。

そういう時は
心の中で、ひとりでほくそ笑むのだ

うん、この感動はね、分かる人にしか
分かんないからいいの。

だって耳鼻科に
ずっとかかってた
人だもの


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-25 22:43 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

中国へ

経鼻内視鏡の評判がすこぶるいいらしい

え?

まだ経口内視鏡しか置いてない?

大丈夫??

ボタン一つでピントがあうって?

便利な器械使いこなせてる?

のどの入り口の癌見落としてない?

画像強調がないと診断できない?

いやいや時間かけてじっくり
観察できるかどうかでしょう

鎮静必要?

いやいや車で来てくださいよ
結果も画面みながら説明しますから

ってことを
今度北京で講演することになりました

今日,そのスライドが完成し
現地に送ってさあ、あとは
本番に向けて頑張るのみ

日本から中国へ輸出する
経鼻内視鏡の診断技術〜っ


でもホントはもっと国内で
広めたいのに。。。。

ケン三郎は
異端児だけに
セミナーに呼ばれない


いつかきっと見返して
見せる〜っ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-25 22:31 | 講演録 | Comments(0)

締切延長

ふふふ~っ

内視鏡学会の抄録締切が1週間延びた~

毎日福岡にむかって手を合わせ

昼は断食

夜は禁酒と中国語のお勉強

PM2.5対策っ。

お願いが通じたんですわ




おっと~でも抄録 電車の中で
仕上げて書き上げた~っ

集中してやれば
だれでも頑張れるっ 

福岡2014

なんとしても行かねばならんっ~

さあて若者の分のネタをこれから考えるぞ~
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-24 13:02 | ひとり言 | Comments(0)

つかえない分類

拡大内視鏡が最も得意とするのは
m2とm3の区別であって

治療方針を左右するSM1とSM2の
区別には全くもって使えない


多分近いうちに拡大内視鏡分類は
改訂されるような気がする


B1だけなら追加の検査は要らない、内視鏡治療
どんどんやっていい

B2がでたらそれはMM以深を意味する

手術を最初からやるか
それとも内視鏡を選択するかを
迷うならば

SMの深さを調べる検査=食道造影、EUS
を加えて検査する

精密検査の結果がどうだろうが
「患者の希望で内視鏡治療になりました」
と希望を最優先するならば

精密検査は無駄。

とっとと内視鏡で取って病理診断
の審判を待つべし


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-23 23:38 | 拡大内視鏡 | Comments(0)

まだら不染

今度の気管食道学会で

食道にヨード不染が多発している人は
そうでない人より
将来食道癌になり易いから注意しましょ

っていう特別講演があるんですわ

問題は、そういう予備軍のある方を
癌と診断されるまで手をこまねいて
見ていてよいかということ

現時点では癌と診断されないと
ESDもEMRもやりましょうってことにはなって
ないんだけど

将来癌になるかもしれない

なら早く治療しちゃえばっ?

って思うわけで

欧米のバレット食道癌
癌の所は切除して周りのバレット上皮は
焼灼していい成績っていうけど

日本で焼灼治療っていうと

「組織学的評価ができないから負けの治療」

っていうイメージがあって

実際治っている人がたくさんいても
認められない風潮がある。

放射線だって組織学的証明出来ない治療なのに...

まだら不染を癌になる前に焼いて治療した
患者さんと
焼かずに経過を見た患者さんで
どっちが将来的に癌が出来るか?

結果は予想できそうなもんだけども


これ、前向き研究しなきゃいかん

多施設共同で研究
できないものかなあ。。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2013-10-22 23:28 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)