<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

光療法によるせん妄対策

術後に集中治療室に入った患者さんの
多くは
「うるさくて眠れやしない
チューブにつなげられて生きた心地がしなかった
もう2度と行きたくない
大暴れしたらしいけど覚えていない」

と日常から急に非日常的な
環境に置かれて「せん妄」を引き起こす事があります。

認知症患者のせん妄や睡眠障害にたいして
光を使った治療が有用であることが報告されて
おり

厚生労働省の委託研究で作成された書籍「睡眠障害の対応と治療ガイドライン」( 睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会、じほう)によると、「睡眠障害の原因の1つに生体リズムの乱れがあるが、これは概日リズム睡眠障害の患者だけに限らない。生体リズムの同調因子は多数あるが、光が最も強力である。 」と明記されています。また、高照度光療法は1980年代から知られており、1990年代以降は認知症の方の昼夜逆転・せん妄にも効果を発揮することが多くの文献により報告されています。


これを食道癌の術後急性期にも
応用しようという試みが
集中治療部で行われております。

大型の人工照明を朝7時半から9時半までの
2時間にわたり目の前で約5000ルクスの照度条件で
抜管後から3日間実施。


すると光を与えた方が術後3日目の
せん妄のレベルが有意に低かった、
と報告されてまして

患者さんが「朝起きて夜は寝る」
というリズムを作れない、睡眠の回復が
遅れるかたは術後の身体的回復にも
時間がかかり、より重篤になるという
報告もあります


朝はまぶしい日の光でめざめる

そんな当たり前の環境を整備して
あげることが重要なのだ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-30 23:32 | 術後管理 | Comments(0)

男性がん検診

自民党の「女性の健康の包括的支援に関するプロジェクトチーム(PT)」(座長・高階恵美子参院議員)がまとめた、女性の生涯を通じた健康管理への支援策についての提言が29日、明らかになった。女性のための医療分野として、新たに「女性総合診療」を確立するよう求めた。提言によると、女性総合診療とは、分泌するホルモンの量によって心身の状態が大きく変化する女性のため、月経痛や更年期障害などの相談に応じる専門分野。提言は、女性総合診療を診療報酬で評価対象にすべきだとしたほか、診療を担う医師や看護師の育成を求めた。自民党は提言を基に、法案の策定と国会提出を検討する


男性に多い「咽喉頭食道前立腺がん」
にも注目してほしいよな

バリウム検診を即刻中止せよ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-30 22:53 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

論文の書き方

論文がかけない
ケン三郎に

「論文の書き方」という指南書があって読んでみた。

まずどこから書き始めたら良いか

「方法」
「表」
「図説」
「図」
「結果」
「考察」
「結論」
「文献」
「目的」
「要約」
の順である。

「目的」は論文全体が頭の中でかなり出来上がっていない
と書く事が難しいので後回しにしたほうがよい。


「方法」は何のために何を測定。調査するのか、
測定の結果何が言えることになるのかを明確にする。

読者が同様の研究をしようとした場合に
その部分を読めばそのまま追試ができるように
適切に書かなければならない

方法を正確に改訂内と逆に評価が低くなる。
特に初めてその方法を記述するならばその方法の
信頼性、精度をふくめて記述し、査読者の信用を
得なければならない

統計手法は「方法」の最後にまとめて記述する。
総計方法、有意水準の表現に加え、最近では使用
した統計解析ソフトの記載も必要である。

「結果」は図表を活用して分かり易く解説する。
図表にでてくる数字や表現をそのまま文章で繰り返しては
ならない、結果は明確であるべきで、曖昧な表現を
避ける。さらに結果として得られた数値をすべて記述
したりするのは文章が長くなり、読者の理解を阻む
原因となるため避けるべきである。

「表」には適切なタイトルが必要である
「図」にも適切な説明文が必要である

「考察」は書くのがもっとも難しい、そのでき次第で
論文の評価が決定される。初めに結果を短く
まとめて書く、それに引用文献に関する考察を
加えて行く。

「考察」に結果を繰り返して書くことは不要である、また
一般論や教科書のような内容を長々と記述しては
ならない

研究方法の欠点あるいは研究全体の制限、限界に関する
考察は当然必要で、考察の後半に加えるのがよい。
さらにover speculationをさける。
考察は方法の長さの同等くらいか、長くても2倍
以内、結果を考察しながら密引き出される疑問から
次の研究計画が立案される

Referencesにどんな論文を選ぶべきか、
商業誌における刊行物は原著、症例報告、総説には
引用してはならない、なぜなら査読をうけていない
からである。

「目的」論文全体を頭の中で完成させながらじっくり
考え、読者の興味がわくように書く必要がある。

「要約」原著の本体を要約するもの

原稿は10回書き直しが必要で、投稿前に
かならず同僚および上司に読んでもらい
批判をうけることが必要である。

査読者のコメント、批評を大事に
うけとめ、指摘された内容にそって
研究を追加するか、あるいは全面的に
書き直して他の雑誌に投稿することもよかろう

論文は謙虚に書き,謙虚にコメントに
扁桃しなければならない

短い論文は良い論文です

まず書いてみよう


う〜ん、、、なるほど
目から鱗ッス


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-30 22:46 | ひとり言 | Comments(0)

食道の始まり

あれだけ食道の入り口を診てるんだから
先生が食道の始まりはここだと提唱しなさい。とボスがいう。

きめちゃっていいですか

透視上は輪状軟骨の下端ですが

内視鏡上それがどこにあるのかの
メルクマールがありません

メルクマールになりうるのは
左右の輪状ひだと

食道入口部の柵状血管

入口部括約筋の閉まる部分

この3つくらい。

このうち柵状血管の下端はあきらかに頚部食道内にありますので

「柵状血管下端が胃と食道の境界」とするなら

柵状血管は食道のもの。

ということは柵状血管の上縁が食道と下咽頭の境界
ということになります

↓図で言うと 後壁側には括約筋閉まる部分にすだれ状に1cm
くらい降りてくる部分があり

前壁側にはほんの5mmほどすだれ状血管が見えて、あきらかに
輪状後部との血管走行がことなります。

ゆえに、点線で囲った部分からが食道です

b0180148_22551892.jpg



ここを観察することから食道の観察が始まります。

みんな覚えてね~っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-28 23:01 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

ゴールデンを持て余す

ゴールデンで林修と
食道癌のハイリスク例について
全国放送でその危険群に啓蒙する
時間を与えられているのに

食道癌が専門でないばかりに
その時間を全く有効に使えなかった、、

残念きわまりない。

「私は癌の人がきたらなんとなくですけど
分かるんですよ」

なんて自慢話どーでもいいから

真剣に啓蒙したらどうか。

あーもどかしいっ



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-27 00:17 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

胃癌はへり、食道癌が残る

2011年の胃癌死亡者男性が32785人、女性17045人で。

ピロリ菌を若いうちから除菌すると仮定すれば
この数はおそらく3分の1に減ると期待される。

胃癌で死ぬ男性が1万人をきる時代も、あと2-30年すればくるでしょう

そこで残るのが咽喉頭~食道癌男性死亡者2011年で 1万5千人。

男性では胃癌より咽喉頭食道が内視鏡のスクリーニングの中心となり

バリウム検診の時代がいよいよ終わることになる

しかし、そう簡単には終わらないのがこの世の常であり

コピーアンドペースト

「去年までやってたから今年も」的なことが続くので

一向に減る気配がないかもしれない

まずいぞ

まずい。

検診をスルーして手術、抗がん剤、放射線をいまだに
うけなきゃなんない人が出てくる

「去年までバリウムでやってました」

「バリウムじゃなかなか見つかりませんよ」

でいいわけない。

今年は講演行ってたくさんしゃべりまくろ~っと


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-26 19:08 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

5年生存率

いわゆる名医といわれる外科医の
手術による5年生存率

ステージ0〜1 90%

ステージⅡ   70%

ステージⅢ   50%

ステージⅣa 25%

この数字は食道癌の手術をたくさん
やってる施設でどこも似たり寄ったり

そう大きく変わらないようである

化学療法では

FAPとDCFと比べてDCFの方が効果が高い
が、血液毒性も結構シビアで

リスクの高い治療かつ効果も高い
(ハイリスクハイリターン)

やっぱりセフティネットを張り巡らして
咽頭癌・食道癌になりそうな候補者を早めに手を
打っておくほうがいいのではないか

バリウム検診はんたーいっ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-25 22:31 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(1)

乳び胸と戦う食道外科医

今年も外科学会が近づいて来ました

食道外科医とはなんぞや

つらいしんどい立場にいる患者さん
にとっては頼りになる存在で
あり

ともに戦う味方。

「術後乳び胸」関連の採択演題が
多数ありましてその頻度
手術例の1〜2%位

保存的治療としては
術後3日経っても胸水700以上あれば
サンドスタチン一日300μg投与
エチレフリン塩酸塩同時投与

それでも効かないなら
リピオドールによる
リンパ管造影が有効で
ドレーン抜けるまで2週間
在院日数も1ヶ月ちょっとで
済むという。

リンパ管造影に必要な機材は
小切開セット、27G翼状針、リピオドール2A

足関節前面に2cmの切開を置き
脂肪をわけてリンパ管を同定し27G
翼状針を挿入後絹糸で縛り
リピオドールをシリンジポンプで
注入。5ml程入れて透視にて確認する

「今回手技をビデオで供覧する」

お〜っ見たい〜っ

春の京都〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-25 07:02 | 手術の合併症の話 | Comments(0)

進歩

2008年頃は左の画質でこれはとても使えない、、と
おもいつつ内視鏡を握っていましたが

画質の悪いのになれると、有り難いことに目が鍛えられて
2009年、経鼻内視鏡はかなり進化を遂げ。


b0180148_13241411.jpg



さらに2年後にはこの下の右のような鮮明な画質が
得られる様になっておりまして。

左の最新の口からの内視鏡と遜色ございません

b0180148_13242993.jpg



口から入れるのは、精密検査か治療内視鏡など
よっぽどの理由がないとやらなくなる時代が
すぐそこまで来ております

時代に乗り遅れないよう
経鼻を握ってみませんか?

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-22 13:29 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

機能性ディスペプシア

2013年3月25日、機能性ディスぺプシア治療薬のアコチアミド塩酸塩水和物(商品名:アコファイド錠100mg)が製造承認を取得した。適応は「機能性ディスペプシアにおける食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感」、用法・用量は「成人、1回100mgを1日3回食前投与」となっている。

 機能性ディスペプシア(FD)は、機能性消化管障害の国際的診断基準であるRome基準により定義されている。2006年に改定されたRomeIII基準では、「6カ月以上前から症状があり、最近3カ月間はつらいと感じる食後のもたれ感、早期飽満感、心窩部痛及び心窩部灼熱感のうち、1つ以上の症状があり、かつその原因となりそうな器質的疾患が確認されていない場合」とされている。

 FDは致死的疾患ではないものの、患者のQOLに対して大きな影響を及ぼし、また症状が一度改善しても再発を繰り返すことが多いため、病悩期間が長期に及ぶことが問題となっている。さらに病因がいまだ十分に解明されておらず、その治療法も確立していない。これまでは、患者の症状に応じて、H2受容体遮断薬、プロトンポンプ阻害薬、消化管運動改善薬を単独もしくは併用する対症療法が中心だった。

 今回承認されたアコチアミドは、世界で初めてFDの適応を取得した消化管運動機能改善薬である。アセチルコリンエステラーゼ(AChE)を阻害することで、コリン作動性神経終末から遊離させるアセチルコリン(ACh)の分解を抑制し、胃前庭部及び胃体部におけるAChによる収縮や運動を増強させる。その結果、FD患者における胃前庭部の運動亢進作用や、胃運動低下改善作用が期待できる。

 国内の第3相比較臨床試験(対象患者:RomeIII基準に適合したFD患者、投与期間:1回100mg1日3回、28日間)では、プラセボとの比較で「患者の印象の改善率」及び「食後の膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感の3症状すべての消失率」において優越性が確認された。有害事象発現率と副作用発現率については、プラセボとの間に統計学的な有意差が認められていない。

 承認時までの国内臨床試験では、副作用(臨床検査値異常を含む)が16.3%に認められている。主な副作用は、血中プロラクチン増加(3.6%)、下痢(2.1%)、ALT増加(1.8%)、便秘(1.6%)、γ-GTP増加(1.2%)などであった。

 なお、本薬の投与に際しては、上部消化管内視鏡検査などで悪性疾患(胃癌など)を除外することが必要である。またFDにおける心窩部痛や心窩部灼熱感には、有効性が確認されていないことにも留意しておかなければならない



メモメモ~っ

いろんな事が解明されてるのに
知識不足は罪ですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-03-21 11:26 | 新しい治療法 | Comments(0)