<   2014年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

セツキシマブ

頭頸部には使えるセツキシマブ

食道癌に使ってみたが、どうやら上乗せ効果がなさそう
とのこと。

残念。。。
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 22:50 | 新しい治療法 | Comments(0)

治療関連死

JCOG 9906 ステージⅡ,ⅢへのCRT

照射範囲:手術と同等の3領域、ロングT

領域に40Gu
原発巣+リンパ節に追加20Gy

前後対向2門の2次元照射

骨髄抑制の副作用のために2週間の
放射線治療予定休止期間を設ける

CR率74人中46人(62%)

なるも、3年生存44.7%
5年生存36.8%

問題となったのは晩期毒性で
治療関連死亡が4例(5.3%)

うちわけ
治療開始から3.1ヵ月 食道穿孔による心外膜炎

治療開始から8.5ヵ月 放射線性肺臓炎

治療開始から22.5ヵ月 放射線性肺臓炎

治療開始から27.8ヵ月 胸水、誤嚥性肺炎から敗血症

いずれも心臓、肺合併症で死亡。

ケン三郎も、放射線で癌が消えたのに放射線性肺臓炎で
あれよあれよと呼吸不全となり、なすすべもなく
亡くなった患者さんを経験していますので

放射線治療も手術と同じくらいリスクがある

と思ってないといけません。


この経験から
放射線治療の照射の当て方(場所によってあてる範囲を変える)
線量、できるだけ続けてやる、うまくいかなかったときに速やかに
救済する

などのケアを行い
JCOG 0604 (TS1+CDDP+RT)により

「安心安全なケモラジ」をめざし治療を重ねています
とのこと。

放射線治療も発展途上(治療関連死をもっと減らし、成果をあげる)
手術もまだまだ発展途上(在院死亡3.4%を減らす)

すべては 質の高い医療の構築のため

安心してみなさんにいい治療が届けられますよう


会費13000円払って
皆さんにお伝えする~っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 22:47 | 放射線治療 | Comments(0)

大動脈ステント 新しい使い方

食道癌に対し、化学放射線治療後に食道亜全摘
3領域リンパ節郭清 後縦隔胃管再建を行った。

6か月後に傍大動脈リンパ節再発

PETで他に転移なし

まあ普通はここで余命半年というところ。


「再発巣が切除可能かも、しかし大動脈浸潤を強く
疑ったために、まず大動脈ステントを置いて切除の方針に
なりました」

最近のステントは、より動脈への生着がいいものが
でており、Gore社のTAG(TGT2810)を
挿入しました。

これは根治術の1週間前にいれておけばよいとのこと。

腫大したリンパ節を切除、最後に大動脈壁を全層に
一塊にして切除しました

って普通は、大動脈に浸潤してたらアウトってとこ
なのに、、

全層切除時はすぐ下にステントグラフトがみえるので
グラフトを圧迫してスペースを作りながら切離。

大動脈壁を含むリンパ節を一塊にして切除できました。


ってことで。 そのような転移を生じる癌ですので
これで治るかどうかは別として
「切除できません」「血を吐いて突然死ぬかもしれません」
という恐怖からは救われる。

ステントの留置に関して抗血栓薬は要らない

消化管の手術をやるのでステントに感染が生じないか
=最近のは感染にも強い。

ステント挿入により椎骨動脈に血流がいかなくなって
神経が麻痺して歩けなくなる心配は?
=まったく問題ない、血圧を下げすぎないことがむしろ重要

とのこと。


いやあ~限界への挑戦 

日本の食道診療すげえっす

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 21:29 | ステント | Comments(0)

TS1

食道学会教育セミナー

食道癌におけるTS1に関して、新たに保険適応追加や
承認となったわけではないが、
社会保険診療報酬支払基金(最新の審査情報提供事例)

において

2014年2月24日付けで、

原則として、TS1を食道癌に対して処方した場合
当該使用事例を審査上認める。

事実上使用可能となった。


食道ESD後、MM SM1 SM2で
脈管侵襲陽性、

でも手術もケモラジも出来そうもない

あるいは希望しない場合の
補助化学療法として期待されるかも~っ


さて日本食道学会の最新情報を
お伝えします~っ

ごひいきに~

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 20:45 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

68回日本食道学会大入り満員

今東京ドームホテルでやってる
日本食道学会

世界の最新の診断、治療の限界を
求めて

限界に挑戦中

師匠の晴れ舞台に
感動ですわ~

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-07-04 11:41 | 日本食道学会 | Comments(0)