<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2年連続

日本気管食道学会から通知があって

あなたの書いた「食道早期癌に対するアルゴンプラズマ焼灼法の長期成績」
が食道部門の奨励賞に決まりました

おおおっ~

まさかの

2年連続受賞?  
そして特別講演決定??


涙がちょちょぎれる~

今宵は宴じゃあ~


この方法ならESDが旨くない施設でも簡便にできるって
ことがきっと評価されたんでしょう

もっとアピールしてもよかですかね。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-30 22:14 | アルゴンプラズマ焼灼法 | Comments(1)

術後の誤嚥性肺炎

食道癌予防も大事だけど

やっぱりなっちまったもんはしょうがない

手術がいいか、放射線がいいか

チョイス!

っていっても両方とも楽な治療ではない。

手術が無事おわって退院しても

高齢者はとくに肺炎を時々起こして
しまう

おそらく何度も入退院を繰り返すような
人は嚥下障害をきたしていて


しらないうちに誤嚥してたり


若い時手術をうけて何年もたってから
肺炎を繰り返す人もでてくるかもしれない


癌を取り除いて、よくなって退院したら
もう安心ではなく

アフターケアにも力をいれなくてはなんねえ

外科医にとってアフターケアはおろそかに
なりがち


ときどき患者さんが急に肺炎で亡くなった
とか、風の便りに聞きますから

積極的に介入したほうがいい場合もありそう


いやいやそこまで外科医がカバーしなくても
いいんじゃね?


誤嚥ってもう呼吸器内科の話じゃない?

「嚥下障害リハ」の先生方と接点ができたんで
ちょっくらやってみますかねえ、うちも。

新しいことが分かるかもしれない


だれもやってないこと
はまだまだたくさんっ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-29 00:29 | 嚥下障害 | Comments(0)

注意喚起

2009年から2014年の頭頸部癌患者 703名に
内視鏡やりました。

最新の結果。そのうち食道癌が271名(38.5%)に重複してまして。


検査対象として多かった順

下咽頭、中咽頭、舌、喉頭、口腔底、歯肉、頬粘膜、その他。

(重複あり)

で食道癌と最も関連が深かった臓器

もちろんダントツの1位は、、、、


下咽頭癌です。


272例中169例に食道癌の重複あり。  62.1%ですよ

62%っつたら、下咽頭=ほぼ食道みたいなものです。


下咽頭癌で食道癌がない人のほうがある人より少ないんです。



次に多かったのは、、喉頭、とおもいきや

第2位

口腔底癌です。  42例中23例に食道癌あり、54.7%


食道癌の人は口腔底もみなきゃいけません


第3位

中咽頭癌です。  143例中 64例  44.7%

それでも半分近く食道癌あり。

第4位が喉頭癌で 115例中42例、  36.5%に

舌、頬粘膜、歯肉といったところは20%程度ですが


中下咽頭喉頭口腔底、この4つは危ない!

酒が原因の人は食道癌がある
と思っておかねば。。

芸能人が一番かかりやすい病気
口腔咽喉頭食道

トータルケアはおまかせください~っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-27 17:23 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

吻合部狭窄

お便り有り難うございます

医療行為による食道良性狭窄の治療法
ですが最も強固な狭窄は全周性ESD後の
狭窄で、「うまくいってます」という
ことも聞きますけど

「いやとっても難渋してもう何年も
拡張を続けています」

という方もいる。

それに比べると食道術後の吻合部狭窄
で何年も拡張し続けるっていうかたは
それほど多くないとおもいます。

治療法としては風船で拡げるか
太い棒のようなものをのどから飲んで
拡げるかの2つが主体で

難渋例にはESDのナイフを使って
放射状に切開をしてひろげる
という施設もあります。

しばらくはバルンかブジー
だと思います。

1度ですぐ良くなる手技があると
いいですけど。。

そう簡単ではないのが現状です


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-26 23:31 | 手術後のアフターケア | Comments(1)

嚥下機能評価研修会

土曜日の嚥下機能評価研修会の
スライドが完成したんですわ

経鼻内視鏡の紹介やら
観察法の工夫など
今までのネタをかいつまんで
ご紹介

おそらくどこの研修会に
もっていってもためになる
観察法ですわ

ところで嚥下評価なんだから

Valsalvaをしながら食物嚥下させると
どうなるか?

ってことを今研究してるんですわ

嚥下困難のメカニズム解明に
もっと奥のレベルで観察ができ
かつ嚥下困難のグレードを
評価出来る

リハビリ専門医がみたらたまげた
内容なんですわ

癌の発見だけじゃ終わんないんですわ

全国のリハビリ専門医に
衝撃を与えるんですわ



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-26 00:08 | 嚥下障害 | Comments(0)

口腔ケア

食道癌の手術前にやっておくべきこと

第一に禁煙

第二に禁煙

第3に口腔ケア

「とにかく急いで手術してください」
と焦る患者さん,ご家族いらっしゃいますけど

いやいや今に癌が急にできたわけではないし
これまで放置してたわけですから、、
安全に手術をするためには
充分な準備をしなくてはなりません。

禁煙が守れないなら手術は永遠に先伸ばします!
どこか他の病院に行ってもらって結構です。

とにかく強く言わなければ
自分が治療の中心になって
絶対治すんだという気持ちのない
患者でなければ一緒に戦えないぜよ!

禁煙と一緒に大事なことは口腔ケア
で口腔内にはなんと800種類の
最近が住んでいて

デンタルプラーク1がたり
なんと250000000000個?
の口腔内細菌がいるという。

その濃度は大便と同じ!で
口腔内が不潔だと唾液にも
100000000/ml細菌が住むという

口腔ケアをしっかりすると
肺炎の予防にもなる

口腔ケアとは歯だけでなく舌や義歯の清掃が必要で
時に歯石はブラッシングでの除去が不可能なため
歯科での専門的な口腔清掃が必要である。

食道癌患者さんは術前にかならず歯石を
きれいに落としてもらうこと。

菌が何層にもかさなって強固に歯面に
付着して基質に覆われる=バイオフィルム
これは抗菌剤やうがい薬だけでは除去
できません。

また長期間経口摂取をできない
患者さんにも舌の表面に舌苔といわれる
白、もしくは黄色、黒い付着物が
載っている事があります

これの一部は粘膜上皮由来の角化物だけどその
他は細菌の塊であったりバイオフィルムなので
感染の予防に舌苔もブラシでしっかり
落とす必要があります。

よってちゃんと口腔ケアができてるか?

ベロをベロンとだしてきれいになってるか
を確認しなくてはなりません。

口の中だけでなく鼻腔もケアして
戦いに行く前には
意識的にきれいにするんだ、
これから食道癌を倒しにいくんだ

そういう強い気持ちで向かって行かねば。

みなさんファイト!

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-25 23:27 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

つんくさん

3月6日に病名を公表し治療に専念していたつんく♂は「今年2月に喉頭声帯に癌が見つかり根治を目指して治療して参りました。早期発見ということで担当の先生と話し合い、放射線治療と分子標的薬による化学療法を併用した方法で治療を行ってきました」と闘病生活を報告。

 約2ヶ月間の集中治療を経て「その後は先生の指導のもと経過を見て参りましたが、治療から6ヶ月後の検査の結果、『癌は完全寛解しました。』と先生からの嬉しいお言葉を頂きました」と、担当医師からお墨付きをもらった。

 闘病中もできる限りでの活動は続けており「創作活動中心の仕事でしたが、体も頭脳もすこぶる元気で、さらに先生からの太鼓判も頂いた今、今後はこの経験を活かし今まで以上「愛のある唯一無二なる仕事」をしていく事で恩返し出来ればと考えております!」と意欲的に綴った。

 「現状、声がまだ本調子ではないのでTV等の出演はまだ控えさせて頂きますが(歌う事に関しては少々時間がかかるかもしれません)、どうか皆様これまで以上にご指導、応援の程宜しくお願い申し上げます」と吉報を伝えている。
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-25 23:07 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

ISDE

国際食道会議が今まさにカナダ バンクーバー
で行われている

バンクーバーといえば、
トロントからの飛行機の帰りに
立ち寄ったときに、スーツケースの荷物が
重量オーバーで

機内荷物におみやげのメープルシロップを
持ち込もうとした時

「液体ですから、これは没収します」

といわれた苦い思い出がある

全然食道と関係ないけど
そのバンクーバーに日本からたくさん
の食道屋さんが出かけている

人手がないので全国的に
食道癌の手術を控えている
時期なのだ

ケン三郎は居残りなんですわ

チームの半分以上が
バンクーバーに向かって
現在、最高責任者ケン三郎。

え、、俺しかいない?

人がいないときに限って
いろんな状況が重なる

マーフィの法則ですわ

居残り組で今日1日は無事
のりきったんですわ

この1週間で食道癌患者を
どんどん退院させて

病棟から食道癌を撲滅する
んですわ

そうするとヘルニアの患者さんだけ
のこって

食道・ヘルニア外科

なんですわ

皆さん無事に帰って
くることを祈るんですわ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-23 00:53 | ひとり言 | Comments(0)

輸血メモ

輸血(輸血製剤)の種類

輸血製剤の量は「単位」で表記する。
日本では200mlの献血から作られる量が1単位で、国により量が異なる。
全血輸血
略称はWB(英訳名のWhole Bloodから)。
採集された血液をそのまま輸血する方法。現在はあまり一般的ではない。なぜなら、血液成分は赤血球・血小板・血漿それぞれが保存条件が異なるため、分離しないままでは極端に保存期間が短くなるからである。ただし、一度に複数の系統の血液成分を補う必要がある場合には全血輸血の理論的適応がある。複数の血液製剤を使うよりも感染を受ける機会を減らすことができるからである。しかしながら、現在では血液センターからの全血供給は注文制であり、限られている。

赤血球濃厚液
略称はRC-M.A.P.(英訳名のRed cell Concentrates mannitol adenine phosphateから)。
赤血球を分離し、MAPなどの保存液を添加したもの。極度の貧血(鉄欠乏やビタミンB12欠乏など薬物治療が有効でないものに限る)や外傷・手術による出血に対して用いる。2007年2月より全白血球除去となり、薬価も4000円ほど(400ml)高くなった。保存期間は2~6℃で21日間。

血小板濃厚液
略称はPC(英訳名のPlatelet Concentratesから)。
血小板の不足による出血に対して用いる。保存期間は20~24℃で振盪して4日間(平成19年11月より延長された。改定前は採血後72時間だった)。2004年10月より全製剤白血球除去(1バッグあたり10の6乗以下)となっている。

新鮮凍結血漿
略称はFFP(英訳名のFresh-frozen Plasmaから)。
新鮮血から分離した血漿成分を直ちに凍結したもの。使用直前に溶解し投与される。血漿中にはアルブミンなどの血漿蛋白や種々の凝固因子が含まれる。血中蛋白の不足だけならばアルブミン製剤で補えるので、新鮮凍結血漿が必要になるのはDICなど凝固因子が枯渇している場合である。2005年から6か月間の検疫がされている。保存期間は-20℃以下で1年間。賀う
400mL全血採血からは約240mLの血漿が分離・採取できる。これまでは血漿を分割してFFP-1及びFFP-2を製造していたが、保存前白血球除去の導入に際し、輸血される血液の献血者数を少なくして安全性を向上させるため、2007年8月からFFP-LR-2の容量を約240mLとすることになった。

保存前白血球除去済みの赤血球濃厚液(RCC-LR)
血漿,血小板および白血球の大部分を除去した赤血球層に,MAP液(mannitol-adenine-phosphate:保存液)を約46ml/単位を加えた赤血球製剤.    
MAP液組成(g/L);
D-マンニトール14.75
アデニン 0.14
結晶リン酸二水素ナトリウム 0.94
クエン酸ナトリウム 1.50
クエン酸 0.20
ブドウ糖 7.21
塩化ナトリウム 4.97
規格:ヒト献血血液200mL (1単位)または400mL(2単位)由来
適応:血中赤血球不足または機能廃絶
保存:2~6℃
有効期間:21日
MAP赤血球の利点
1.赤血球生体内生存率の向上
  4℃保存で42日間保存可能(有効期限は21日間)
  6週間保存後で輸血後24時間生存率75~89%(平均82%)
  3週間以内での使用は、保存5日以内の新鮮血と同等の赤血球生存率
2.血漿、白血球、血小板の減少による有害事象の軽減
  血漿蛋白残存率約15%
  総白血球数除去率約60%(リンパ球除去率約90%)
3.血液粘度の低下により、適正な輸血速度の確保が容易
注意 *アデニンおよびマンニトールを含有するので、腎障害のある患者には慎重に投与する。


明日学生に講義することになって
急きょ勉強中~


ぽちっとな

[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-21 19:01 | 教育 | Comments(0)

2例4病変

毎回2施設2症例を3時間かけて話し合う
勉強会

今日は2施設とも2病変、計4病変の検討〜

辺縁隆起を伴う0−Ⅱc+0−Ⅱa
キラキラした水泡みたいな粘膜をもつ0−Ⅱb
生検痕で中心が再生上皮に被覆された0−Ⅱc
静脈瘤の上にのって一見深めに見える0−Ⅱa+0−Ⅱc

とかなり多彩。

結果は

LPMでly陽性、EP、SM1、LPM

とこっちも多彩な結果でありまして

「通常観察の空気量の強弱
による変化をとらえた写真、
つまりは強、中、小、ゆるゆるの空気量
でどれくら形が変化するか」

あるいは、動画

動画だな、今後持参すべきなのは、、、

時間のあるときにフィードバックいたします

それにしても生検をとりすぎて
読みにくくなってるのは残念、、、

深達度診断に影響を
与えない,端っこを1個
確実にとってもらう

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-09-20 23:27 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)