<   2015年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

博多講演

博多での講演無事終わったんですわ

講演があるのを聞きつけて高校の同級生が
駆けつけてくれたんですわ

う~ん、まさかこういう形で再開できるとは。


なんということでしょう~


いろんな方が見ていてくれてありがたい


しかし、これで満足したらいかん


上昇志向をもって世界と勝負せよ


今日の出会いを明日の糧にがんばろう


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-28 23:35 | 講演録 | Comments(0)

拡大講演

今度の土曜日は福岡で講演なんですわ

オファーがなんと拡大内視鏡!

え?

おれそんなに詳しくないけど〜

結局いろんな先生が拡大に携わって
教科書に書いてあって、それを見りゃいい話で

あとは強調の方法が
進化したけども

表面の血管見てわかるのはm2とm3の区別

smは拡大ではよくわからん

というのがケン三郎の見解。

B1とAVA-sだけ覚えていればいいです

あとは深いから早く専門家に送ってください〜

B1~AVA-s =浅い /nonB1=深い

単純に分けるとこれほどわかりやすい
分類はないんですわ

というわけで拡大5分、経鼻35分。

九大に受験失敗した男が
福岡で講演〜

あの時九大に受かっていたら、、、

いや〜どうなってたんでしょう。

このブログは書いてないな。

食道癌の人生相談もやってないわな。

人生わからんのですわ

1日1日を大事に生きよう〜

酒は少し減らそう〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-25 00:38 | 拡大内視鏡 | Comments(0)

その一錠の眠剤は大丈夫か?

コメントありがとうございます。

ベンゾジアゼピン系の神経障害、依存性を含めた
副作用が社会問題を起こしている。

欧米ではマリファナすってみるか?
と平気でいわれることがあるそうだけど

実はマリファナよりも依存性、中毒性が
強いのがベンゾ製剤で

日本では、睡眠を専門していない医師が安易に
処方するケースが多く

精神科医よりも一般医のほうが
ベンゾジアゼピンを処方している
という。

はっ、、安易に処方してないか?俺たち?
その一錠は大丈夫?

健康つくりのための睡眠指針2014

1、良い睡眠で体もこころも健康に

2、適度な運動、しっかり朝食、眠りと目覚めのメリハリを

3、良い睡眠は生活習慣病予防につながります

4、睡眠による休養感はこころの健康に重要です

5、年齢や季節に応じてひるまの眠気で困らない程度の睡眠を

6、良い睡眠のためには環境作りも重要

7、若い世代は夜更かしをさけて体内時計のリズムを保つ

8、勤労世代の疲労回復、能率アップには毎日充分な睡眠を

9、熟年世代は朝晩メリハリ、昼間に適度な運動で良い睡眠

10、眠くなってから寝床にはいり、起きる時間は遅らせない

11、いつもと違う睡眠には要注意(睡眠中の無呼吸、歯ぎしり、
激しいイビキ=睡眠時無呼吸症候群の可能性、肥満によって
起こりやすく、高血圧や糖尿病の危険を高める!)

12、眠れない、その苦しみを一人でかかえずに専門医に相談を
お酒と薬を一緒に飲むのは非常に危険です。
「夜ねられないのは辛く、孤独感を感じるもの」、心の病の
始まりかもしれません


お〜っ、、

こんなにいいことがかいてあるぞ〜
メカラウロコですわ。


使うならZドラッグ

(マイスリー、ルネスタ、アモバン)に止める

しかし一番いいのは薬や酒に頼らずに
昼間働いて夜ぐっすりが理想的。


明日からの処方を見直すんですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-23 21:13 | Comments(1)

メラトニン

食道癌患者さんもよく、酒を飲まないと眠れない
といいます。

病気になる前、なったあと、再発が分かった時

ストレスや手術を契機として生活の変化

不眠症には
身体的、薬理的、精神医学的、心理医学的、生理学的
の5つの主な原因があるといわれ

日々の眠りをよくしてくれるホルモンに
メラトニンがあります。

別名、睡眠ホルモン


朝起きると脳にある体内時計が反応して
自然に活動状態になり、その後体内時計からの信号で
メラトニンの分泌がとまり

目覚めて14時間くらいたつと再び分泌されて
メラトニンが増えて、眠くなる


つまり覚醒と睡眠を切り替えて自然な眠りを誘うのが
メラトニン


70歳を超えるとメラトニンの分泌がへり夜になってもメラトニン
の量が少ない、これによって老人は朝早く、夜に何度も目が覚める
そうです。

メラトニン受容体作動薬は不眠治療にも用いられますが
時差ボケの解消にも使われているそうで

メラトニンはトリプトファンからセロトニンをへて体内合成される。
外から摂取すると、楽することを覚え、体の中では作らなくなる


よって睡眠薬の適正使用・休薬ガイドラインによれば
「高齢の不眠症のかたにメラトニン受容体刺激薬は
服用しないことを弱く推奨する」

で、自分で作るようにするには?

朝食にメラトニンをつくるトリプトファンを多く摂取するとよいそうで

ごはん、たらこ、納豆、豆腐などの大豆類、
パン、ソーセージ、ベーコンエッグ、チーズなどの乳製品

さんま、まぐろなどの赤身の魚
赤身の肉、

当然ながら、夜遅くまでTVみたり、スマホいじったり
しても良くなくて。

照明を暗くし、リラックスすること



う~ん勉強になったぜよ。



しかし多くの医者は睡眠薬の使い方なんか知らないし
安易に処方してしまいがち。

気管食道学会でお勉強できてよかったぜよ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-22 20:01 | Comments(0)

めまいと入眠障害

気管食道学会でめまいの話を聞いてきたんですわ

本邦では国民の1割が睡眠剤をもらっていて
高齢者になるほど、その使用頻度が高い

眠れないと訴える患者に日本では、ベンゾジアゼピン
系製剤と使う事が多いが、これは世界とくらべて
日本は圧倒的に使用量が多いそうである

不眠を訴える場合は安易に薬をだすのではなく
なぜ眠れないか、の原因をよく知って生活指導を
することから始める

効かない場合はベンゾジアゼピン系の薬が投与されがちだが、
この薬は筋弛緩作用があり、マリファナや脱法ハーブよりも
毒性や依存性が強いともいわれ、

またベンゾジアゼピン系の睡眠剤を長期飲んでるかたは短命
であるという報告もある(まじか、、)

よってベンゾジアゼピンを処方するな!
脱ベンゾジアゼピン!なのだそうだ。

高齢者はとくに転倒や骨折のリスクもあるので、
睡眠ガイドラインでは高齢者には
「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」がお勧めである。


その薬はZ drug(ジードラッグ)ともよばれ
頭文字がZolpidemなど、頭文字がZで
始まる薬3つ。

アモバン、ルネスタ、マイスリーの3つ。

アモバンは苦い、
マイスリーは半減期が短い

これらのいいとこどりがルネスタであり

ちょっと苦いけど、どうしても薬を処方する場合は
ルネスタがお勧めなんだとか。

へえ~、、、


なるほど~


ルネスタ、、、、エーザイじゃないか、、

今度処方してみよっと。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-22 16:33 | 手術後のアフターケア | Comments(1)

ステージⅣaとⅣb

ステージⅣにはステージⅣaとⅣbがあり

Ⅳbはすてに遠隔臓器転移があったり、傍大動脈リンパ節転移があったりで
「全身病」で、初めから治る見込みが少ない進行がん。

Ⅳaは、がんばればなんとかなる可能性もある、食道癌

よって、抗がん剤、放射線、手術をどこでどう使うか?

が問題となる。

腫瘍内科医は
「化学療法をまずやって、効果があった場合はケモラジを」
「手術はきっと大変だから、侵襲の軽い方法を」


というけれど

外科医は
「ケモをやって効果が得られて、どこから手術をしなければ
治らない、治る可能性があるなら、ここで手術」
と手術を選択し

根治切除にならなくても、残った場所だけに照射野を
しぼって放射線を当てられるメリットはあるわけで。

手術で合併症をおこさずに、治療ができれば
のちの放射線と抗がん剤治療の継続でなんとか
根治を目指せるかも、、、


と考える。


手術をどのタイミングでどう使うかを考えられるのは
食道外科医の特権でもあり

化学療法を続けるか、放射線をいくのか
それともここで手術をするか、、
微妙な選択。

手術を選んだ時点でそれが正しい選択かは
わからないし、

もちろんうまくいかないこともあって
手術をしてもあっというまに再発して
癌の病勢を食い止められないものもあるけど。


手術をえらんで、それがうまくいった場合は
すごくうれしいものです。


Ⅳaこそ、食道癌の専門家の真価が問われる病期。

大事なのは決断力!
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-21 21:52 | 切除不能進行癌 | Comments(0)

認知症と食道癌

高齢化社会

認知症+食道癌、というかたも経験するようになってきました。

患者本人が認知症、となると
いろいろできる治療も制限され、
進行癌なら
もっとも負担が軽いステント治療

早期癌なら、穴のあかないAPC治療がオススメ。

とおもっていたら

「奥さんが認知症で、とても家をあけられない」

という老老介護の夫に食道癌がみつかり
ケン三郎のところにやってきた。

ESDで組織を一括切除しましょう

といっても

「先生、なんとか入院せずにできないかね」

という。

内視鏡でみるとだれがみてもEPの浅い病気。

う〜ん、この患者さんに一括切除する意義ないな

ESDの症例数は減るけど

この人に最適な治療はアルゴンプラズマ焼灼法。

「そういう社会背景ならしょうがないですね、
外来で日帰りで15分でできる内視鏡治療
がありますから、それにしましょうか」

「あ、、ありがたいです、とにかく家をあける
わけにいかないんです」


そうだよなあ、こういう患者さんにAPCは
最高にいい治療だよな


認知症、または連れが認知症の患者さん
これからどんどん増えるだろうし

APCを誰しもが思いつく治療として
普及に努めるんですわ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-19 23:14 | Comments(0)

169回横浜消化器内視鏡医会集談会

2月18日(水曜日) 
横浜、桜木町の横浜健康福祉総合センター6階

横浜市医師会会議室にて

ケン三郎の講演があります〜

いつもの経鼻の話です〜

19時〜1時間の予定です。

お近くの方、お待ちしております〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-18 00:05 | 講演録 | Comments(0)

カプセル内視鏡学会〜ランチョンセミナー〜

今日のお昼のランチョンセミナー

日本カプセル内視鏡学会 ランチョンセミナー2

新宿京王プラザ 5会コンコードC 第2会場
にて

「ここまできた経鼻内視鏡〜ヤバい内視鏡〜」

にて20分ほど講演します

お時間のある方是非〜

ふ〜、、今年は講演が多くて準備が大変ぜよ。。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-15 01:18 | 講演録 | Comments(0)

食道色素MM集める

全国津々浦々のMM癌を集めてそのなかで10%弱
といわれる危ないMMは何か?

そりゃあ大きさでしょう

いや病型ですよ

いやいや組織型じゃないっすか

INFでしょう

やっぱり脈管侵襲でしょう

なんていろいろな要素を検討して
何が予後を決めるのか

これがでも、M2からちょっとMMにタッチしている
「お触りMM」と

明らかにSM2くらいにみえつつ筋板ががっつり
粘膜下層をまもってという、
「がっつりMM」と

果たして同じ分類にしていいものか。

よってMMに浸潤している幅を調べて、、と
思っていて

でもまてよ、プレパラートの長軸方法に測るのと
単軸方向でいくつもの切片でMMにはいってて
単軸方向で測るのと

どっちが「ヤバい?」

SMにどれだけ入ってるかを決める場合は
粘膜筋板の下層線をどこの線にするか
が難しいこともあるので、この場合は浸潤の深さを
計らないでいいのが、アンケートに参加しやすく

また全国津々浦々から症例が集まるんじゃないかと。

7月11日まであっという間。

来週前半にはまとめねば。

みなさん、是非症例持ってきてくださいね〜っ

「転移のあったMM癌ですよ〜っ」

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-02-13 22:58 | 内視鏡治療 | Comments(0)