<   2015年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

胃がん検診に経鼻内視鏡

厚生労働省の「がん検診のあり方に関する検討会」(座長・大内憲明東北大教授)は30日、市区町村が行う胃がん検診で、新たに内視鏡検査の追加を提言することを決めた。同省は提言に沿って検診実施指針を改正し、早ければ来年度からの検診に反映させる。胃のエックス線検査もこれまで通り実施し、両方の実施体制が整っている自治体では受診者がどちらかを選べる。

 提言によると、胃の内視鏡検査は、最近の国内外の研究で、胃がんの死亡率を減らす効果が認められた。エックス線、内視鏡ともに50歳以上を対象とし、検診間隔は2年に1回とする方針だ。

 ただし、内視鏡検査はエックス線に比べて費用がかかるほか、検査を行う医師や医療機関の確保が課題で、安全管理も含めた体制整備が必要だと指摘した。

 一方、胃がんのリスクになるピロリ菌感染の検査は「死亡率を減らせるのかを示す証拠がないため、さらに検証が必要」とした。

 また、乳がん検診については、乳房のエックス線検査「マンモグラフィー」を引き続き、40歳以上を対象に2年に1回推奨するが、併用していた視触診の有効性は認められず、マンモグラフィーだけでもよいとした



リスクのないひとは毎年うけなくていい

リスクのあるひとは積極的に〜

お酒をたしなむ中高年男性はバリウム禁止!
特に経鼻内視鏡で「のどから検診」を〜っ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-30 22:20 | Comments(0)

手術標本見て思う。

内視鏡治療後に壁内転移再発した患者さんがいて。

その場所が原病からはなれた頸部食道。

ここだけだったら放射線という選択肢もあるけど
どうします?

って聞いたら

「いや、先生、最初内視鏡で切ってもらった時に
これでだめだったら潔く手術してもらおうと
思ってたんです、先生が手術がいいと思うなら手術してください」

という。

画像上は明らかな転移がないし、

でももともとの内視鏡治療で切除したやつが
いかにも再発しそうなタイプで。

やっぱりこいつはしっかり3領域郭清したほうが
よかろう

と標準的な3領域郭清と
食道亜全摘を敢行。

術後は合併症もなく2週間ですんなり帰って。

「いわれるように家で経腸栄養やってますよ」

う〜ん、心配してたわりに元気だぞ。

そして、病理の結果が帰ってきた。

再発したのは頸部食道だったけども
食道壁内にも数箇所リンパ管に入ってて

胸と腹のリンパ節にも転移があった。

え〜っ、、、まじか。

中途半端に放射線あてなくてよかったあ、、、

もし範囲を頸部に絞ってたら半年後には腹部のリンパ節は
ぼこぼこに腫れてくるだろうし、、、


しかし手術でとりきったとはいえ、
こういう再発の仕方をしてくるのは
タチの悪い証拠。

まだこれから再発しないとも限らない

せっかく早くみつかった食道癌。
やるだけのことはやって、
治ることを祈ろう


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-30 21:53 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

おもてなし内視鏡

無事におもてなしが終わったんですわ

患者さんも協力してくれて
Valsalvaやった人
全例ぱか〜っと食道入口部まで
観察できて、ホッとしたんですわ

一度見たらもう、これは明日から
やるっきゃない 
土井たか子さんなんですわ〜

全国にひろまりますように

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-29 20:21 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

声を使う職業

沖縄県出身の芸人・まーちゃん(小波津正光 40)が28日、自身のブログを更新。咽頭がん(いんとう)であることを公表するとともに、8月から入院し治療に専念することを報告した。

 「急ではありますが皆様にご報告があります」の書き出しで「私まーちゃんはこのたび『芸人』から『病人』になりましたっ いっちょ前にも『がん』になってしまいましたっ」と公表。続けて「立川談志師匠、忌野清志郎さん、そしてつんくさんと同じ咽頭癌(いんとうがん)です」と明かした。

 さらに、8月から入院し治療に専念することを報告し「来月からの仕事ができなくなってしまい大勢の方にご迷惑とご心配をかけてしまっています 大変申し訳ありませんっ!」とお詫び。「今のところ治療すれば復帰できるということなので できるだけ早く復帰できるように来月からは治療に専念したいと思います」と“復活”を誓った。

 まーちゃんは、沖縄の番組やラジオを中心に『笑う~百年の物語』(NHK)『Nスタ』(TBS)『報道の魂』(TBS)『銭形金太郎』(テレビ朝日)などに出演。そのほか、舞台『お笑い三人会』、戦後60年企画『基地を笑え!お笑い米軍基地』ほか、『お笑いセールスマン』(文化放送)『RADIO JOB』(FM沖縄)で活躍する。

 所属事務所によると咽頭がんは「初期」。入院後は放射線と抗がん剤による治療を受け、完治と仕事復帰を目指すという。



談志さん、清志郎さん、つんくさんは喉頭癌ですが。。。。
声を使う職業の方ご注意ください
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-29 07:11 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

内視鏡見学

いや〜ついにこの日がやってまいりました

「先生の経鼻内視鏡をぜひ見学させて欲しい」

都内某所と福岡から2組いらっしゃいますよ〜っ

「拡大内視鏡をルーチンで使ったから
見つかった症例」もあるけど

「経鼻内視鏡をルーチンで使わないと
見つからない症例」もありますので

選ぶならどっち?

さあ、おもてなし いかに情熱を伝えられるか?

どきどきして眠れなかったよ〜お

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-29 07:02 | ひとり言 | Comments(0)

伝わるか

同じ日に同じ時間で講演した先生から
「先生の講演は目からウロコでした、
今後診療に取り入れようか検討します」

とメールが来た。

講演に来た先生は数十人

俺関係ねえと変化を望まない先生が大多数

でも問題意識をもって、やってみようかな
と思う先生数人

その中でああ、こっちの方がいいかも
と感じてくれる先生がどれほどか。

ずっと常識を疑わない人と
ああ、これは素晴らしいとすぐ取り入れる人。

10年経ったら大きな差ができることでしょう

草の根運動

だれしも、伝わらないジレンマを抱える

一人でも多くの人を救うために
この気持ちが伝わりますよう

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-28 00:05 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

内視鏡文化

ある県の先生に話しを伺ったら

「この県では全員、鎮静して口から内視鏡してます、
患者さんもそれが当たり前で、気が付いたら終わってる
てのが普通なんですよ、だから経鼻をやろうという
ところがありません、医者も患者さんも望んでないんです」

という。

患者さんは、喉の麻酔をかけて待合室で待機

順番がくると点滴をとって鎮静剤で寝かされ

ベッドごと検査室に運ばれ

医者は「眠っているうちに終わりますから」と
マウスピースを噛ませ
淡々と検査をこなし

そして終わったら、はいつぎ、と
ベッドが移動し、つぎの患者がやってくる
という

そして患者さんは目が覚めたら帰って

つぎの外来で

パソコンの画面しか見てない別の先生から
結果を聞き

「大丈夫でしたよ」
で終わる。

もしかして全国的にそっちが主流なのか?


経鼻だったら、喉の周りもめちゃめちゃよく
見えるし

ほら食道こんなにざらついてて、汚いですよ
お酒の量多いでしょう、へらさないとダメですよ〜

とその場で教育できるし

よく来てくれましたね、ピロリはいませんよ
きれいですよ

と安心もその場で見せてあげられる

さらに10人に1人という逆食炎患者には
「今の内視鏡のように左下に寝てると逆食しにくい
んですよ」と見せながら説明すると理解が深まる

せっかくの教育の場なのに

何か物を扱うように検査を続けていいものか。


内視鏡でただ見る時代から

早期癌を見つける時代

拡大で血管を見る時代ときて

いまは、患者と協力して癌を探す時代になり

そして患者に画像をその場で見せて教育する時代。

常識を変えるには
どうしたらいいか。

がんばるぞ〜っ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-26 23:04 | 講演録 | Comments(0)

見てくれたかな?

7月25日のNHK Eテレ「チョイス」
後半からの出演でしたが
みなさん見てくれました?

胸やけから逆流性食道炎

それが悪化すると食道腺癌といくわけではなく

まず、胃の粘膜が食道の方に「波が押し寄せるように」
置き換わる、ほっしゃん。いいこと言いますねえ

その押し寄せた波の一部は癌化するけど
日本人ではそう多くないから
心配しすぎるな

でも、注意はしてね、

という内容で

いかがでしたでしょうか。

増える増えるといわれるバレットですが
ここ3年で経験したバレット食道表在癌はわずか5例

それに対し、下咽頭表在癌は110例。

圧倒的に下咽頭癌の方が心配です。

そこをよく観察する方法は?

ケン三郎におまかせください〜っ。

さて見逃した、というかたには

再放送があります。

NHK Eテレ 「チョイス」
7月31日 午後1時〜1時44分まで

どうぞお見逃しなく〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-26 22:15 | Comments(0)

7.25

明日25日は熊本駅前ホテルニューオータニ熊本 せきれいの間で
15時から17時でケン三郎の講演があり

20時からはNHK Eテレチョイスに出演

みのがせないっちゃ。

in kumamoto


お楽しみに。
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-25 00:30 | 講演録 | Comments(0)

同級生

食道癌の患者さんに限らず
人はかならずいつか死ぬわけで

病院で死ぬか、家で死ぬか
って選択があり

病院っつーのはある程度、あれやっちゃまずい
これやっちゃまずい

血圧はこれくらいでなきゃいかん
酸素飽和度はこれくらいじゃなきゃいかん

などいろいろな制約があり

制約の中で最後を迎える

やなこった

最後くらい家でゆっくり死なせてくれよ

「大好きだったアダルトビデオを見ながら」
なんて死があってもいいだろうし

俺たち医者がやってることは
果たして患者さんにとって100%いいことばかり
とは限らない


ある程度癌治療を突き詰めると
そこには限界もあることがわかってくるし
いかに天才外科医といえども
1人で対応できる患者の数は限られる


先日、緩和ケアを中心に在宅での訪問診療を
やってるクリニックに最後の看取りをお願いしたら

看護師は24時間対応で、週に最低3日は
訪問するし、一回に1時間はいてくれて
いろいろ気を配ってくれるという。

時間の流れはゆっくりとなり

医師も何かあったら、当直制で駆けつけるという

ああ、俺ももし病気になって、
余命幾ばくかとなったら

やっぱり畳の上でと思うかな

パンフレットをその訪問診療の看護師さんに
みせてもらったら

なんと卒後心臓外科に進んだ同級生が
緩和ケアのクリニックの常勤医に名を連ねている
ではないか。

えっ、、心臓外科医が緩和ケア?

と思ったけども。

人生いろいろ、医者もいろいろ。

看取り、という作業も根気のいる仕事ではないか。

役に立てる喜び、頼りにされる喜び
を一番感じられるところかも。。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-07-24 00:01 | 緩和ケア | Comments(0)