<   2015年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

同級生

中学の同級生7人と忘年会を
都内でやってて

45歳、初めて胃カメラ受けた的な話になり

「口から検査したけど、あれは苦しいな、
看護師さんに押さえつけられたどー」

と鹿児島弁。

「鼻からのカメラがあるっちゆうけど、どげんね」

待ってました〜その鼻カメ推進部長でございます。

あと5年以内に、鼻から入れるカメラ用の
処置具が出そろいます

そしてちょっとだけ拡大できる機能が
ついたオールインワン経鼻内視鏡が発売

10年以内に口から入れる内視鏡 発売中止

30年後には
「こんな太い内視鏡を口から入れてたんだって」

と医学生が鼻で笑う時代に。

さて来年はどうなりますかな

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-30 22:12 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

外科医の葛藤

食道癌術後肝転移。

大腸癌はいまや肝転移があっても積極的に
切除して2年は生きられるようになり
ずいぶん成績も向上し、治療法も大きくかわった
もんだな、と思う

しかし、食道癌はというと
たいてい肝転移があると他にも
転移が複合してあることが多く

まず切除、という考えは持ちにくく

抗がん剤治療を選択することがほとんど。

うまくいけば肝動注、って選択肢もあるけど
やっぱり制御が難しい。

しかし肝臓の転移が大きくなるにつれ
腹部も重苦しくなって症状に現れる

うーん、、こういう症状を一気に解決できる
のが手術だけども。

他にも転移がたくさんあって、そこだけ手術、
というのもメリットがあるかどうか。

結局デメリットのことも考えると手術に
踏み出すのは容易ではなく

しかしもし手術をするなら
どこかでタイミングはあるだろうか



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-30 21:56 | 緩和ケア | Comments(0)

R2D2と内視鏡

オリンパス ELITEシリーズ

ふじっこ派なのであまりいままで気に
留めてなかったんですわ

b0180148_2239737.jpg


しかし、よくよくこの色合いを
見てみると驚愕の事実が。。


上にモニター

中に横の青い線

下に内視鏡と合体する場所

この構図はまさに!


b0180148_22254456.jpg



今話題の

R2−D2の設計ではないか!

恐るべしオリンパ。


ってことは、もしかして
ロケットが打ち上がって

Forceを信じちゃったりしたら


人工弁の話になったりしちゃうのか。


R2D2は近未来の内視鏡ロボット
だったりするのか

なんて妄想を考えつつ
下町ロケットロスを振り払う
今日この頃ですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-28 22:31 | ひとり言 | Comments(0)

大家好

内視鏡の検査に中国の若い男性が
やってきた

日本語が話せないので、
日本語が流暢な奥さんと一緒に

中国?

「大家好」(こんにちわ)
「辛苦了」(おつかれさま)

と話すと、中国語ですか、、と
笑顔になる

中国の北京に住んでて、
今はPM2.5で空気が悪く、体調も
よくないという。


経鼻内視鏡初めてシリーズ

「え、こんなに細いカメラですか?
中国では太いカメラを口から
入れるのが当たり前ですよ、
薬で寝かせてもらって」

はい、日本では今この経鼻内視鏡が
普及しつつあって、こういうスクリーニング
検査は鼻から、鎮静なしが当たり前なんですよ

と、とりあえず自分の身の回りでは
少なくともそうだ、という話をして

「私、今年中国に5回も講演に行って
この経鼻内視鏡を広めにいったんですよ」

というと

「中国は一部の人がお金持っていますけど
まだまだ病院にはこういう設備がありません、
日本にきて感動しています」

「私もいま、中国語を勉強していて、
中国の方が来ても内視鏡で説明できる
ようにしたいんです」

といいつつ内視鏡

しかし、覚えた中国語がなかなか
でてこないっ。あ〜もっと話したいっつ

「太好了」(すばらしい) くらい。

今度中国語教えてくださいね〜

となぜか日中交流してお別れしまして。


日本にも、中国にも
すくなくとも扁平上皮癌の多いアジア圏には
経鼻内視鏡を広めるのだっ。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-27 07:16 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

絶望の淵にも笑いあり

手術をがんばってうけた

成功して退院した

すぐに再発した

抗がん剤をやった

効かなかった

違う抗がん剤を試した

また効かなかった

さらに違う抗がん剤を試してみた

また効果がないといわれた


絶望の淵に立たされても

まだ人間らしく、笑いはある

あなたの生き様をきっと誰かが
見ています

ファイト!


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-26 21:11 | 緩和ケア | Comments(0)

もの詰まる

年間の経験数を出してくれ

年末になるとそういう統計を調べる依頼がくる。

ELPS ESD
これらの数が多いと、やるなあ、、
ともてはやされ

APCやEMRがおおいとふ〜ん、、

内視鏡的拡張術
う〜ん結構おおいぞ

PEG 、ステント、止血、そして異物除去。


昨年度の異物除去5例。

もっとも大変だった異物、魚のアラ骨間違えてのんじゃった

いたそ〜

お前噛んでないだろシリーズ、柿のタネ、ナッツ
噛んだ形跡のない異物

食塊にナスの塊。


食道ESD後や食道術後の狭窄

このシーズンも特に注意が必要です。

みなさん、よく噛んで食べましょう。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-25 22:37 | 食道異物 | Comments(0)

紹介来る

ケン三郎に時々紹介がくるようになったんですわ

⚪️⚪️病院のなにがしですが、こういう食道癌の
患者さんがいて、この辺は食道のかなりデイープな
診断と治療をしていると思われるケン三郎先生に
ぜひ、

いえいえ、わが病院のある文京区、東京都は
激戦区でございます

隣にはすげえ食道癌たくさん治療してる
病院があり

北にも南にも食道癌の専門病院が。

しかし

うちに紹介?

あまたの選択肢がありつつなぜうちに?

ありがたい話です。

教授定年まであと1年弱

いなくなったら崩壊
ってのはぜってえ避けねばならず

給料安くとも

一番いい治療や診断を提供できる

それが佃品質、佃プライド


名前だけで患者が集まる病院にはまけね〜ぞ

うちの内視鏡診断と治療こそ、、、

という思いをもって来年もがんばっぺ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-23 00:35 | Comments(1)

学生講義

今日は学生の内視鏡見学があったんで

経鼻と経口内視鏡の違いを
みてもらったんですわ

経鼻はいままで画質が悪いだなんだって
いわれてたけど今じゃ経口とほとんど変わりない

食道癌の内視鏡治療後の患者さんには実際に
ヨード不染がたくさんあるのを目で見せて、

お酒を控えないと、必ず食道癌が
またできる、または咽頭やら喉頭に癌
ができて声を失うリスクを背負うかも

と、ちゃんと生活指導をしたほうがいいんだ

ってのをアピールしたんですわ

まだ教科書にはのってないけど

いつかきっとこの現状が変わりますよう

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-21 22:00 | ひとり言 | Comments(0)

トルイジン?

 社長によると、工場は1988年設立。ぼうこうがんを引き起こすとの指摘がある物質「オルト―トルイジン」を扱っていた。作業工程ではマスクや手袋、帽子を着け、換気装置もある。5人は主に、液体のオルト―トルイジンからつくった粉末状の物質の袋詰めをしていた。機械の保守点検時に粉末が舞うこともあった。


トルイジンって、、、関係ないよねえ
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-20 23:01 | ひとり言 | Comments(0)

入会案内

食道色素研究会では
新入会会員を募集しております

年会費1万円で
冊子が届くってことはないのですが

年に2回の参加費=1万円で

非会員も5000円の参加費。

会員特典としては、過去の動画コンテンツを
「食道色素研究会」のホームページから
閲覧できたり
昭和53年からの抄録を読んだり
できるっつーこと。

会員になるにはm3研究会に登録する
必要があるんですけど
まずはホームページから
右上のアカウント発行へアクセスですわ

ケン三郎が事務局勤めてて、
かつホームページ管理人なので

遠方で会に参加できないかたにも
動画配信可能なんですわ

おっと、動画といっても全てが
見られるわけではなく、発表のところだけ

臨床と病理の10〜15分にわたる熱い
議論は会場に足を運んで欲しいんですわ


はっきりいうと存続の危機ですわ


この会をつぶしたら先祖に申し訳ないっ

食道癌に興味ある先生
ぜひ入会をお願いします

来年は8月6日に開催。

昔は演題が30個も集まった熱い時代があったという
この研究会

ぜひ俺らが昔の熱気を取り戻せるよう、、

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-12-19 22:49 | 食道色素研究会 | Comments(0)