<   2016年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

関西の経鼻

経鼻内視鏡研究会in兵庫無事終わったんですわ

コメディカルのかたを含め70人を超える集客で、
熱くまた語ってきたんですわ

「先生が5年前に16回経鼻内視鏡in関西で
話されてから、Valsavaやってますよ」

と関西地区ではValsalva法かなり普及しているらしく

なんとかこれを全国に広めねばと
思っていたのでこころ強く。

経鼻内視鏡in関西は25回目を数えるんだとか。

関西であれだけ一生懸命経鼻をやってるんだから
関東でもがんばらなきゃ

仲間を増やすことを考えねば。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-31 23:04 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

SDGのブログ

カンファレンスは朝7時半から

症例提示

診断

術式

という形式で学生さんが発表する

しかしいつもと同じパターンだと
ついうとうとして頭に入ってこない

うーん、このマンネリパターンを打破するには

と考えていて。

そうだ、つい先日結婚した女優KGKKの旦那の
事を思い出す

rRGは右開胸開腹胸骨後胃管再建の訳だべ

LIGは左開胸開胸腔内胃管再建だべ

rAICは右開胸胸壁前回結腸再建だわな

GFなんてファイバースコープじゃないのに
ファイバーっていう先生もいるし
カルテにもGFって書いてる先生未だにいる。

GFとかGFSとか。

マーゲンチューブ、略してマーチューとか
ドイツ語+英語の合作ですわ

これがかなりまかり通ってる。

結構いい加減な世界

結構医学の世界、
略語が使われてるんですわ

GF  使わんでしょ

そういう略語がいいなら

原病歴=GBR

既往歴=KOR

食道癌=SDG

でもありかな

って少し思ったりしたんですわ

GBRですが、、半年前から食事のつかえ感が出現し〜

KORは境界型のTNB(糖尿病)があります

診断はSDG 2型 T3N1M0 ステージⅢで

rRG 3領域郭清をおこないます〜


とか言い始めたら、気になって気になって
かなり術前カンファにも
気合が入るんじゃないか

とくだらないことを考えて今日の朝の
カンファランスは寝ずに無事終了したんですわ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-28 23:56 | ひとり言 | Comments(0)

第8回経鼻内視鏡研究会 in 兵庫

来週 1月30日(土曜日) 午後4時~6時まで

神戸駅前の HDCスタジオ 

ハウジングデザインセンター神戸 5階にて

第8回 経鼻内視鏡研究会 in 兵庫

が開催されます。

今年1発目の講演でございます。 

久々の関西、経鼻が普及しているだけに ドキドキでございます。 

関西の先生方、

お時間ありましたら是非お越し下さい
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-22 20:24 | 講演録 | Comments(0)

がん対策加速化プランに物申す!

H27年12月の「がん対策加速化プラン」

3本の柱は「予防」「治療研究」「がんとの共生」

このうち予防。

がん検診強化
たばこ対策
肝炎(ウイルス性)対策
学校におけるがん教育

おいおい、酒はどうしたんだ?

酒でしょう、どう考えても対策すべきは。

学校じゃなくて、酒を今飲み始めんとする
新成人に対する教育でしょう?

う〜んだれだこの対策考えた奴は〜っ。

現場がわかっとらん!

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-21 23:32 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

支持療法支援

抗がん剤治療による吐き気、口内炎、食欲低下、
便秘、下痢といった様々な諸問題に苦しむ患者さんは
多いものの、それをサポートする治療法の開発やその
普及がまだまだ足りないとされ、

国をあげて、このサポート支援を行うという
政策になるらしく。

「食事メニューの工夫」がその一つ。

吐き気のときは、量を控えて回数を増やす、
口当たりよくさっぱりめのもの。
臭いの少ないものにする。

口内炎のときは食べ物がしみて噛みにくくなるので
薄味で、辛いものをさけ、極端に熱いもの、冷たいものを
控える

便秘、下痢のときは水分を補給し、腸の動きを整える
乳酸菌食品、食物繊維を多めに

味覚障害のある場合は、たれや味付けを幾種類か用意して
好みに合う味を選べるように工夫する。

そのほか、「悩み相談」「不安除去」に出来ることをする。


人の悩み、は人それぞれで

人生観も違うだろうし

成功をおさめ、お金にも困らない、スーパースターにだって
悩みはあるだろうし

癌患者に限らず
「え?そんな悩みかかえてたんか?」
っていうしょうもない悩みもある

ちょっと人にいえないんですけどね。。。

悩みを打ち明け対決!

こんな悩みなんです、きいてくれます?

いやいやうちの方が悩んでる

いやそんなの悩みに入らない、うちだって〜

お互いに悩みを抱えてる同士のほうが相談相手はいいんじゃないか

健康で仕事もうまくいき、悩みなく、
圧倒的に優位にたってるひとに
「お辛いんですね」
っていわれてもなあ、

しらけないか?


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-21 23:22 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

1月早期胃癌研究会

久々に早期胃癌研究会に足を運んだんですわ

外科医は手術だけ

いやいや内視鏡診断もできます

と学生に講義しながら

はて、最近胃や大腸の診断学をおそろかに
してるなあ、食道咽頭だけじゃだめだろうなあ

と、去年の反省から

今年は早期胃癌研究会に出ようと心に決め

行ってまいりました

新年一発目、いつもは会が終わってから
盛大な新年会が行われていたけどそれも今年から
なくなったそうで

勉強しに来たい先生が全国からやってくる

その近くに住んでおきながら、この研究会に
参加しないなんてもったいない

そういえばそうだった、ここで学んで
ああよかったと帰ったものだと振り返り。

食道、胃、胃、大腸、大腸と
5症例を勉強。

食道はかなり稀な症例で、いやあ、
見たことないわあと感心。

しかし、読影が俺らと同世代の
先生で「今日はスペシャルな日ですから
重鎮に読んでもらいましょう」

えっ、若手じゃないの?

重鎮??

俺らの世代って、、もう重鎮なんかっ。


とかなりショックを受け。

いやあ、、下手な間違いができないレベルを
求められてるぞ

いっぱい勉強しなきゃ

と決意。

終わりに上海でお世話になった先生方に
新年のご挨拶。

こういう地道な礼儀こそ重要で。

今年は、地に足をつけた草の根活動を続けるんですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-20 23:27 | 早期胃癌研究会 | Comments(0)

俺たちは胸部外科医

学生が臨床実習に回って来るってんで
各診療科の特徴をプレゼンする
ってことで7分間で発表してきたんですわ

食道外科とはなんぞや?

君たちは学生で食道のことは
なんにも知らないと思うけど

一言で言えば、食道癌との戦いである。

他にもいろいろ良性疾患があるが、
とにかく食道癌との壮絶な戦いである。

正常の食道はこんなに管腔が広い
しかし癌ができると一気にここが狭くなり

ものが食えなくなる

困ってるでしょう、患者さん

こういう状態の患者さんをいかに食事が
食べられるようにするかが俺たちの仕事です

食道癌はしかも、頸部胸部腹部に転移が
生じ、食道の患部だけを切り取ってそこを
ぽんとつなぐという簡単な治療ではなく

首胸腹と大きく切り取ってその間を埋めなきゃなんない
胃とか腸を持ってきてつなぐ
だからもちろん胃や腸の手術もできなきゃなんない

かつ首も手術する、これは頭頸部外科の領域にも重なる

そして胸。

胸部外科医は心臓外科、呼吸器外科だけだと
思っていたら大間違い。

俺たち食道外科医は胸部外科医でもある。

つまり頭頸部外科、胸部外科、腹部外科
この3つを兼ね備えた外科が食道外科なんだ。

この領域を手術できるようになって
癌患者さんを助けるんだ

ステージ別でいうと
0〜Ⅳ期
進行すればできる治療が減ってくる
治療法を自由に選べなくなるんだ

食事がつまるのに我慢して
いよいよ病院にやってきた、

いくら技術が進歩しようとも
患者さんのなかには病院が嫌いな
人もいる。

内視鏡治療で済めば御の字だけど
外科手術、放射線、抗がん剤、
これらの治療は大変な負担になる治療だ。

そして緩和ケア

これらのステージごとで最近は専門家が分かれる
施設が増えている

おれらは早期診断から内視鏡治療も外科医が
携わってる

だからどのステージの患者にも対応できるし
患者背景に合わせて治療が選択できるんだ

超進行癌だって
もう手術はできないと言われた患者さんにも
放射線、抗がん剤、サルベージ手術、バイパス手術、
ステント治療

いろんな治療を練りに練って余命は短い
かもしれないけど
なんとか
食べさせていい時間を過ごさせてあげたい

それが食道外科医の真骨頂なんだ

もうこんな食道外科は日本に
ほとんど残ってない。

それを臨床の場で目の前で体験できるんだ、
素晴らしい2週間にしてくれよ。

学ぶことはいっぱいありすぎてわかんないと
思うけど

いちおう鼠径ヘルニアの手術もやってるし
頭頸部表在癌の内視鏡治療は世界でトップクラスの
症例数だ。

貴重な経験ができるから
いっぱい勉強してくれよ


と、熱く7分間語ってきました。

来れ、未来の食道外科医

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-19 22:34 | 研修医のみなさんへ | Comments(0)

傾聴

緩和ケアの一つの方法に
傾聴がある

患者さんの具合が悪い
どんどん悪くなっていく

という状況に

そうですね、お辛いんですね
と意見をただ聞いて思いを吐き出させる、
という方法という

そういう手法がある、と習った、傾聴する
側だったほうが

いざ、窮地に陥った時

お辛いんですね、

っていわれたら、、
なんか嫌じゃないだろうか?

と思えてきて。

いやあ、全然苦しくないっすよお〜
これも人生っ〜じゃあね〜

とあえて、逆のことを言ったりして

実際どうなんだろうか

「孤独からは逃げられない」
というけども

やっぱり、自分のなかで
辛いことが起きた時にそれを
処理する術を準備しておくべきか。

いやだなあ、、俺が患者だったら

「お辛いんですね」

なんていわれたくないっ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-19 00:20 | 緩和ケア | Comments(0)

舌根部表在癌の経鼻内視鏡治療

食道癌と重複しやすい癌の1つ、
中咽頭癌。

このうち経口内視鏡でもっとも
観察がしにくいといわれるのが舌根。

経鼻内視鏡ではここを正面視できる
のはもはや、食道の専門家では常識と
なりつつあり

「口からじゃ中咽頭癌の好発部位である
舌根みえてないですよね」
と経鼻否定派の先生に物申せば
ぐうのねも出ない。

しかし、診断だけではないのだ

経鼻内視鏡でのELPS(内視鏡治療)でも
絶大なる優位性をもってこの舌根の表在癌の
治療は簡単にできまして。

この部位の内視鏡治療のコツ。

1)彎曲型喉頭鏡を病変のすぐ手前の舌根におく

2)経鼻内視鏡でアップをかけて病変を正面視

3)口から電気メスでマーキング

4)口から局注めいっぱい

5)口からの電気メスで全周切開

6)直の把持鉗子をもって上皮下層をはじしながら
剥離をすすめる

7)上皮が剥がれやすいので注意しながら
剥離、黄色い脂肪の層を残すようにする

8)局注の針で深く刺して出血させないように
注意

耳鼻科医と協力して
この原則をまもればあっという間に切除可能

ダビンチ不要ですわ。

診断ばかりか、いまや治療においても
経鼻内視鏡は大きく咽頭癌の治療戦略に貢献。

食道の専門家こそ、経鼻内視鏡を握るべし


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-17 23:16 | 新しい治療法 | Comments(0)

食道sm癌の治療

食道SM癌に対する内視鏡治療は,138例(T1b-SM1:57例,T1b-SM2:81例)に行い,うち23例(16.7%)に追加治療として手術を行った.手術時にリンパ節転移を認めたのは6例(26.1%)であった.追加治療を希望せず,経過観察したのが106 例,化学放射線治療を行ったのが8例,化学療法を行ったのが1例(食道温存群:115例)であった.食道温存群のリンパ節転移は12例,10.4%(sm1:5例,sm2:7例)に生じた.長期予後は,原病死6例,他病死9例,他癌死8例であった.



内視鏡治療したあとに手術したほうがいいでしょうといってもともと転移がなかったように
みえたのに転移があったのが4人に1人

=この方たちは手術してよかったですね。早いうちに治療できて。。

食道をきらずに治そうとしたかたの10人に1人に転移が生じ
そのうち半分のかたが食道癌でなくなった。
最終的には115人中23人(20%)が死亡、癌で亡くなった方が5.2%


cN0食道sm癌。

いずれは

Ch+手術 VS Ch+RT VS Ch+ESD

この3つでランダム試験??



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-01-17 13:22 | 内視鏡治療 | Comments(1)