<   2016年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

経鼻内視鏡による胃検診

中国に今度いくことになって
経鼻内視鏡を広めにいくんですが

今回のテーマは胃癌をどうみつけるか

ってことでここ数日、胃癌検診のお勉強

ルーチン撮影法について
多摩がん方式、国がん方式をそれぞれ
違う施設の勉強

ふ〜む、いろいろお作法があるもんだなあ

と今になって感心し

かつ、自分の写真の撮り方を
振り返ってみると

咽頭〜食道はかなり丁寧にみてるけども

胃に入った途端に雑になってる感じがして

お、これはいかんな、発表で使える写真が
あんまとれてない。。。

行きもらせん、帰りもらせん状にみていくか。

あるいは前庭部から見下ろしで引き抜き
つつ、FORNIXでUターン、Jターンして
小わんを見下ろしつつみていくか

日本人講師は二人いて、二人のやり方、教え方が
違うと中国の先生もとまどうだろうし

いっちょやり方を変えて撮影してみますか。

日々 いいものは取り入れて、次に伝えるのが
これ医学の発展

締め切りまであと3日〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-29 23:56 | 講演録 | Comments(0)

初めて内視鏡

ケン三郎が週1でやってる経鼻内視鏡。

半日で11件やるんだけど

今日はそのうち10件が「今日初めて内視鏡受けるんです」

という40代の男女。

10年前だったら、あんたら口から太い内視鏡
飲まされてきっと大変な思いをして検査して

もう二度と受けたくないとおもっただろうけど

最初から経鼻内視鏡だなんてなんて幸せ

と、おそらく患者さんは思ってなくって

うん、まいっかそんなこたあどうでも。

経鼻でかつ目指すは精密検査


目を凝らして舐めるようにみて
拡大の知識を経鼻にいかせば
きっと見つかるはず

気合で見つけるんですわ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-27 00:15 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

親分子分

内視鏡治療やって食道が残った方に
また食道癌ができると

「再発でしょうか、命の危険は」

と気落ちしてしまいがち

しかしこうした病気は年のせいですから
何回も食道に癌ができ続けるのは
珍しくありません

「癌の予備軍があるんですよ」

「だからお酒は控えましょう」

というけど

なんだ予備軍って

出来損ないみたいな言い方

いいのかそんなことで。

と思って

最近気に入ってるのは

「親分子分」

こないだは親分を退治したじゃないですか

でもまだ子分が食道に住んでるんですよ

ちょっと機嫌を損ねると出てきますけど
でも食道をいたわってあげると大人しくしてるんですよ

やつは。

子分だからEMRでもやっつけられるくらいの
相手ですし

それほど心配しなくても大丈夫ですよ

どうかなあ

安心できますかね〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-25 22:56 | 内視鏡治療 | Comments(0)

食道の始まりはどこ?

気管食道科学会で発表を無事おえた直後の
耳鼻科の先生のご講演で

コンビームCTなるものの紹介。

歯科ではあたりまえみたいな座って撮影する
CTで

いやいや歯科ならず、耳鼻科頭頸部
一部は食道のオタクにも興味ふかい検査機器。

耳鼻科の先生が声帯の観察やら癌の広がりの評価につかってるとか

で。

声帯の奥の声門下の癌を見る場合に
声帯を越えてすぐのところにちょっとした高まりがあって

そこが輪状軟骨下端に一致するという。

輪状軟骨下端といえば食道と下咽頭の境じゃねえか

それがなに、声帯のすぐ下にメルクマールがあるだと〜っ

そうしますと、その位置がわかればだいたい食道の始まりの
位置がわかって、どこからが食道かってのが
はっきりするわけかい

おーっとこれはいいヒントになるぞ〜

内視鏡的な食道の始まりはどこですか

「内視鏡では十分に展開できないからわからない」

から

Valsalvaをすれば見える時代

になってるわけですし

食道学会と気管食道科学会、
頭頸部、耳鼻科学会で相談して

はやく決めちまいましょう、


日本から世界へ発信ですわ



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-20 22:13 | 気管食道科学会 | Comments(0)

骨髄移植後の食道癌

今日の食道癌集学的治療法検討会は
『前治療として他癌に対する強力な治療歴を有する食道癌」

がテーマでございまして

白血病などの血液疾患の治療後、骨髄移植したあとの
2次癌の発生

若い時の発症した癌がなおったけどまた他の癌ができる

特に口腔咽頭癌は15倍、食道癌は8倍
なりやすいともいわれ

そのなったときにどういう治療を選択するか

普通と同じ化学療法や放射線をやるとどうなるか

ということで

結論的にはケモ、ケモラジは有害事象が強くでやすく
慎重に対応すべき

内科的には手術ができるんだったら手術をお勧めしたいと

でもそんなになりやすんだったら半年に一度は
内視鏡検査して咽頭や食道癌ができないか
を永遠にチェックしたほうがいいんじゃないか

なんて意見もでまして

普通の癌が60代でできやすいのに

こうした骨髄移植のあとは結構若い
20代、30代とかの若年発症が多い

といってもおそらく「へ〜」
そうなんだ

って話で。

こういう経験をたくさん持ってる施設がいうんだから
そうなんでしょう。

今日も勉強になりました、次回は6月17日
大手町のKDDIホール2階で開催されます〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-19 22:30 | Comments(0)

3大名医

今一番のどの入り口の観察に長けている
ということで

ケン三郎先生か、若き天才ESD屋さんか、ESDのパイオニアか

って聞いてます

という方が紹介でいらっしゃって

若き天才ESD屋さんとケン三郎を比べて

まあケン三郎先生なら気軽に検査してくれるかも
っつーことで患者さんの中では食道の3大名医らしく

え、そんなそんなまだまだ都内にはあらゆる名医が
ございまっせ

北も南も東も西も

名医だらけ

いや、その中でケン三郎を選ぶか?

「鼻からの内視鏡では世界一かと」
伺っております。

で、でたあっ〜褒め殺し、、

悪い気はしないんで。

今日は内視鏡検査日じゃないけど特別だよ〜、
今日だけだよ〜って

外来きたその日の午後内視鏡。

これが通常は若い人がまずみて
予約をいれ

予約日にきて検査を受け(ケン三郎があたるとはかぎらない)

そして検査の結果説明と3回病院にこなきゃいけない

う〜ん、大変じゃね??

せっかくきたんだし、まあ入んなよ、ちょっと
内視鏡うけてく?

経鼻だからすぐ検査後も飯食えるし
仕事にもいけるからさあ

っていう感じで食道癌リスクの高い酒飲みを

飲み会に誘うがごとく、内視鏡に誘い

若くてきれいなオネエチャンが背中をさすってくれて
大丈夫ですか?って声かけてくれる

おうっ、うれしいじゃねえか、内視鏡ってきつい
もんだと思ってたけど

これならまた来てもいいかな

ってことで食道癌の撲滅を夢見て

今日も内視鏡検査をやりまして。

人生初だよ、バルサルバ

へえ、こんなやりかたでのどを 見るんだ〜

と感心され

はい、問題なかったんでお帰りください。と。

でもみんなにこんなふうに接したら身がもたねえやな

ご指名とあればしかたあんめい。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-18 22:29 | ひとり言 | Comments(0)

今日の症例

今日も早期胃癌研究会に行ってきたんですわ

1000円の会費を払い、
これまでの半分の大きさになった
マイセンのカツサンドを

あ〜2つ持って帰りたいなあ〜

なんて思いつつ

3例目が食道で。

透視で下部食道の有茎性粗大結節隆起。

つるっとした表面形態でSMTかしら

PYOGENIC GARNULOMA
神経性の腫瘍
あとはカルチノザルコーマ??

SCJの近くだからバレットもあるかな

内視鏡行きましょう

おっと白いぞ。しかも表層が黒っぽい
ん?melanomaか??

バレットではなさそうだな

ヨード行きます。

え?隆起の周りに亜全周のヨード不染が。。

こりゃmelanomaではないなあ。。。

NBI拡大行きます。ああ扁平上皮癌で
うーんポリープの所は白苔をむいたとこだから
よくわからんな。

ほんで結果はカルチノザルコーマ

4分の3周だったけど全周切除するのね。

勉強になりました〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-17 22:58 | 早期胃癌研究会 | Comments(0)

グラミー賞

最優秀オペラ録音部門で第58回グラミー賞を受賞した指揮者の小澤征爾さん(80)が17日、オペラ公演初日を翌日に控えたロームシアター京都(京都市左京区)で会見し、あらためて喜びを語り、公演への意欲を示した。
 会見は受賞後初めて。小澤さんは、長野県松本市で総監督を務める音楽祭を収録したアルバムが評価されたことを受け、「オーケストラの仲間や(コーラスを担った)松本の方みんなでいただいた」と笑顔を見せた。今年から京都を拠点に制作を始めたオペラについても「小学生向けの公演をやったが素晴らしかった。うまくいくと思う」と手応えを語った。
 受賞作品となったラベル作曲の歌劇「子どもと魔法」は、小澤さんが監督する音楽塾オペラプロジェクトの一環として、昨年3月に京都市でも地元の小学生を招いて上演した。
 小澤さんは「大勢の子どもたちがあんなに一生懸命見てくれてうれしかった。本当は大人のために書かれた深いオペラなのに、通じるものがある」と振り返り、「受賞を機に作品がもっとポピュラーになり、お客さんが見に行きたいなと思っていただいたら本望です」と語った。
 今月上旬京都入りした小澤さんは、18日開幕するヨハン・シュトラウスII世の喜歌劇「こうもり」を制作している。



食道癌術後でも、グラミー賞

希望の星ですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-17 22:48 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

ABC検診

ABC検診

Aは大丈夫

B、cはリスク高く

Dは危険

と思ってたんですがなんのなんのA群からも
未分化癌がでてくるし

ピロリ除菌後の胃癌もあるし

びらん性胃炎似の胃癌や

胃底腺ポリープ似のもの

胃底腺型胃癌(分化型)やら

鳥肌胃炎からの癌はU,M領域に多い

などなど

胃癌の診断のお勉強してきたんですわ

「バリウムはやめて内視鏡を」と言ってたけど
なんのなんのしっかりきちんとしたバリウム検診をすれば
内視鏡と同じくらい胃癌は見つかりますと。

なるへそ〜っ

恐れ入りました



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-14 17:32 | 胃がん撲滅運動 | Comments(0)

エビデンス

胸部上部食道では術前化学療法後の手術がよくて

中部ではまあまあ

でも下部ではそうかわらない

らしい、サブ解析で。

ほんまかいな〜

どんだけこのデータを信用するかですけど

ほんまかいなですわ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-02-12 21:59 | ひとり言 | Comments(0)