<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

長く取りに行かない

超進行食道癌、と診断

「これは手術をしても予後は1〜2年だから
手術以外の選択肢が望ましい」

と何度も何度もず〜っと永遠に
抗がん剤治療を続けるという入り方。

で、どこかで放射線治療を加える

となると

癌を保有したまま、入退院を繰り返す

癌がおおきくなった、ちいさくなった
と検査をうけてはまた、治療法を練り直し

う〜ん、、どこかで根治的な治療は
できないものかと。

抗がん剤と放射線をすでにつかっていると
その状況で、「救済の手術をするかどうか」
はメリットデメリットどっちが上回るか
ということになり

どこで根治を目指して手術に踏み切るか
は悩ましいこととなる

抗がん剤を変えてまた変えて

「ここでとりあえず一旦治療はいいでしょう」

と言えないのも。。。

本当に切除できないか、
常に考えながら
どこでその切り札カードを切るか。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-31 23:53 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

出血ポイント

ELPSの出血ポイント。

輪状後部の左右

下咽頭後壁の深部、筋層

それと喉頭蓋谷の舌根より、真ん中近く

この3点は注意ですわ

筋層浸潤が疑われる=適応外
ってこともあるけど

意外と、そこだけとれば治る癌も
経験しているし。

適応についてはいろいろ議論の所ですわ

患者さんにとっては、福音ですわ

1時間やそこらで腫瘍を摘出できて

しかも

声がのこるんだもの。

食道もそれですむならどんだけ
治療が楽だか。。。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-30 00:02 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

一般演題

気管食道科学会

ひそかにケン三郎が盛り上げようとしている学会で

この秋にはわが大将が主催

耳鼻科医と食道屋さんと呼吸器科が集まる学会って
いろんな意見を聞けるので

食道外科医さんも最近入会される先生が増えてきている

一般演題が
嚥下
喉頭麻痺
喉頭狭窄
喉頭良性疾患
喉頭悪性須臾
気管切開
気管異物
喉頭臨床
喉頭気管基礎
頸部
中咽頭
下咽頭
甲状腺
副甲状腺
食道症例
食道病態
食道内視鏡手術
食道手術
呼吸器

とまあ、「のどらへん」の異常にとりくむわけで

食道も外科医が多く、内科医があんまりいない

今年は食道内科医も参加してくれるといいなあ

食道外科医がたくさん入会してくれるといいなあ

GERDとか、バレット食道とか
「のどらへん」にかぎらずに
いろいろ話し合えたらええ


今回は特に超高齢者にテーマがあたる

あと10年さきを見据えて今から対策に取り組むんですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-27 23:36 | 気管食道科学会 | Comments(0)

超高齢社会と気管食道科

平均寿命が80を超え

超高齢者、気管食道科はどのように対応するか

ということで

何が知りたい?今?

食道癌においては、進行食道癌で
標準治療は抗がん剤+手術

だけど

手術きびしいなあという超高齢者は
ケモラジか、というと

ケモラジもまた楽な治療ではなく

ケモラジやったけど消えなかったとなるとまた
大変で

そこから手術っていうとそこまでたどり着かず

やっぱりPDTかな、ESDかな、

でもそこまで悩むんだったら、最初から手術
のほうがよかったんじゃね?

ってことで「超高齢者の食道癌治療選択」が知りたいでしょう?

それで本当に手術して大丈夫か

心臓、肺、肝臓、いろいろ予備能力がない
超高齢者に安全に治療できますか?

超高齢者むけの注意もあるでしょうし
手術はうまくいって退院できたけども

家に帰ったら誤嚥性肺炎を繰り返し
それが原因で亡くなった、ということもある

はみがき、うがい、食事の食べ方注意

「高齢者気管食道科領域の周術期合併症対策」も知りたいなあ

あとは
「重症逆流性食道炎、高齢者の治療どうする?」
腰が曲がる、噴門がゆるむ、食べてすぐ横にならなくても
腰が曲がってるからすぐ逆流する、逆流性食道炎ひどくなる、
グレードD どうする??  薬飲み続ける?手術する?手術しても
大丈夫?思ったように効果得られる?  知りたいでしょう?


あとは超高齢者というと、認知症
気管、食道にひっかかる異物、
コインのみこんだ、入れ歯のみこんだ、press through package、
魚の骨、、食道ESD後焼肉丸呑み、刺身丸呑み、、
ひっかかった、こまった。
「超高齢社会の気管食道異物への対策」


あとは術後の嚥下機能評価、嚥下内視鏡、嗄声、リハビリ、
チーム医療、おもてなし

超高齢者の緩和ケア
高齢者が何を望んでいるか〜早くお迎え来て欲しいわ
という人に何を提供すべきか

お〜っ

考えればきりがないではないかっ。

逆境をプラスに変えるっ


しかし、、今プロ野球って夜ナイター
やってないのねん?


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-26 20:54 | 気管食道科学会 | Comments(0)

剃毛

食道がんの手術前。

「剃毛」

手術前は看護師さんにあそこの毛を
剃られる〜

なんておもってる患者さん

いえいえ、あそこの毛は剃りません

どちらかというと食道の手術はワキ毛
がじゃまになるので

ワキ毛がつるつるになるまで
処理するのが一般的です。

ですので、まちがってもパンツを
下ろさぬよう〜


あ、疲れてんな 俺。

以上、食道がん手術あるあるでした〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-22 23:48 | 手術前にやっておくべきこと | Comments(0)

残食道がん

JDDWのテーマが頸部食道〜下咽頭にまたがる癌特集なんで

いやこれ俺でなきゃまずいっしょ

ってことで調査中。

食道癌の術後に残った食道に結構表在癌でてきてまして

もともとの食道癌が治ったとしても
同じ扁平上皮だから5年以上経ってから
結構でてくるんですね

で、頸部食道癌は、下咽頭とお隣だし
方針は食道に準じてやる、というのが一般的ですが

下咽頭だとsm2だろうかsm3だろうが
リンパ節転移なければELPSでとれちゃう

ところが食道はというとsm2-3は根治手術
(頸部食道切除+頸部郭清+遊離空腸再建)
が一般的

でも最近は食道切らなくていいんじゃね?

って考えもでつつあり

これからの高齢社会

なんでもかんでも切る時代から

早く見つけてもらって軽い負担で治す時代に変わるんですね

内視鏡も食道癌や頭頸部癌の治療後の定期検査
や治療前の精密検査に
バルサルバ法をやらない内視鏡医は非常識

ブログの読者からの温かい声援を聞くと

そんな時代がくるような気がして
この先の10年が
楽しみなんですわ

患者さんの声が常識を変える時代に〜

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-19 00:15 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

穿孔

食道がん内視鏡治療の穿孔

絶飲食を守り、ときに鼻管を入れ減圧し、IVH管理

「どれくらいで治るんでしょうか」と
きかれたら

2週間かかることを治療の前から話しておく。

「1週間で治ります」というと 1週間で治らないときに
患者さんの不平不満は増強する

これが2週間かかると話しておいて
1週間で治らないときは、まあそういうものだろう
と思うし

かりに1週間や10日で治ったら、
なんだかこっちもうれしくなって
早く治ってくれてホッとする。

合併症がおきたときこそ信頼関係。

今が辛抱のしどころ、がんばりましょう〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-16 23:04 | 手術の合併症の話 | Comments(0)

頸部食道がん

上切歯列から20CMまでの食道を頸部食道
といい

ここに発生する食道がんは稀だけども

内視鏡ですーっと通り過ぎちゃうことも
少なくないので、早期発見が難しい
とされ。

とくに内視鏡を挿入し食道もみないで
食道胃接合部から写真を撮り始める
先生はぜったい頸部食道なんか
興味ない。

食道がんを内視鏡で切除したかた
何年も通っている、というかたで
頸部食道がんでてくることあり


また食道切除して少し残った食道に
新たにがんができることあって

この1ヶ月そういう方ばっかり
紹介があって、

俺は頸部食道外科医か。

ってくらい、、たくさん患者さんがやってくる。

ありがたや〜

頸部食道切除+遊離空腸再建

頸部食道全麻ESD

化学療法+ESD

あるいはELPS+ESD

いろいろ取り揃えて治療できますよ〜

困った時にはケン三郎まで〜
ご連絡くださいな


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-15 22:56 | 内視鏡治療 | Comments(1)

中国で経鼻内視鏡を広めるプロジェクト

中国で経鼻内視鏡を広めるプロジェクトが
本格的に動き出し

ケン三郎は講師として
「経鼻内視鏡による胃癌検診」
の講演と、経鼻内視鏡のハンズオンにでかけたんですわ

胃癌検診?

を何でお前が  というこえはさておき

中国に行く飛行機のなかで
カイジの「したたかにつかみとる覚悟の話」
を読み

何かをやり遂げる時には
いろんな批判をうけても
のりきる覚悟をもって前に進め

てきな話で。

中国では早期胃癌の発見率が低いのが
問題で、それをいかに早く見つけるか
には日本式の検査法を勉強しましょう

と日本を最大限リスペクトしてくださる

経鼻内視鏡が広まってない中国、
教えがいがあるじゃないですか

ついでにValsalvaもおしえちゃえ

ってことでケン三郎が、
「鼻から挿入する前に口の中をみましょう」
ってやったら、中国の先生もそれに続いて
やってくれるじゃないですか!

この習慣ついたらいいと思うんです

胃だけじゃなく、口腔咽喉頭食道も大事と。
よく洗って立ち止まって写真をとる習慣を
つけることが重要と。

日本で経鼻を勉強した先生が
経鼻の新しい麻酔法で太い綿棒2本挿し
って方法を編み出し

見てみるとこれがかなり鼻がめちゃめちゃ
拡がっててびっくり。

おお〜たくましい中国、、、すぐに
とりいれていいものを作り出してるじゃないですか

こりゃあっというまに経鼻内視鏡
中国にひろまっちゃうかも、、

そうすると日本で未だに
口から内視鏡握るって、、、

追い越されないように日本でも広めねば。



ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-13 18:21 | 学会奮闘記 | Comments(0)

華やかではない

診療報酬の詐欺容疑で逮捕された脇坂英理子容疑者(37)は、2013年頃から「タレント医師」としてテレビのバラエティーやクイズ番組などに出演し、「歌舞伎町のホストクラブで一晩に数百万円使った」と豪遊ぶりを明かすなどしていた。

 多額の借金を抱えていたといい、知人の会社経営の男性は、脇坂容疑者から「クリニックで使う薬が買えない」などと言われ、1回10万~20万円を何度も貸したと証言する。「実家を担保に金を借りたい」と頼まれたこともあり、男性は「金に相当困っていたようだ」と話す。

 クリニックでも、治療費を前払いした患者から返金を求められるトラブルが相次ぎ、昨年に閉院。同年6月には、所属していた芸能事務所からも契約を解除されていた。

 読売新聞は昨年8月、診療報酬の不正請求について取材を申し込んだが、脇坂容疑者は「答えません」と話し、回答を拒否していた。



すくなくともうちの周りにはいない

全国の女医さんが迷惑しとるっ


食道外科医、「銀座のクラブで豪遊」 

ない。 

そんな暇と金があったら

食道を極める時間に使いたい。

かっけ〜


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-03-09 21:45 | ひとり言 | Comments(0)