<   2016年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

腸上皮化生

胃粘膜が腸の粘膜に置き換わるんですよ

腸上皮化生といいます

ぽか~ん

なんすかそれ

大丈夫っすか

胃液とか十二指腸液が一緒に食道に
逆流すると、もともと酸やアルカリに
弱い食道は悲鳴をあげてなんとか
それを防御しようとして

食道粘膜が胃の粘膜に置き換わるんですよ

バレット食道といいます

ぽか~ん

なんすかそれ

大丈夫っすか

そのバレット食道にもいろいろ種類があって

胃の粘膜のなかでも腸上皮化生といって腸に生まれ変わる
やつもいるんですよ

ん?

それやばくないすか?

食道が腸の粘膜に置き換わる??

マジック?

どうしてなぜ?

腸の粘膜からバレット腺癌ができやすいといわれるけど
胃の粘膜からバレット腺癌もできることもあるんですよ

なぬ?

いやいや患者さんにこれ説明すんの、けっこー複雑

3cm以上全周だとロング
それ以下だとショートで
ロングのほうが距離長くて危ない面積もひろいんで
要注意ですよ

でも日本人はなりにくいんですが

そのうち増えるかもしれないって

欧米か!


みんなどーしてんだろ。


わかりやすく、、、ねえ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-29 00:29 | バレット食道 | Comments(1)

年に1度もいらない

バレット食道がんが注目されてて
依頼原稿を頼まれたので
興味はあんまりないけどいろいろ調べてる

以前は腸上皮化生が、がんの前の段階だから
バレットのなかの腸上皮化生を診断すると
よい的な考えから

最近、腸上皮化生を由来としないバレット食道がん
のルートがあるので、まえほど腸上皮化生を
調べなくてもいいじゃね?的な発想にかわりつつあり

NBI拡大の分類が世界3大分類ってのがあり

日本ではもともとメチレンブルー+拡大が
黎明期で分類ができたけど

いまやNBI拡大、酢酸、AIMに取って代わられた
さらには多分今後LCIが入ってくるだろうし

LCIの分類作っちゃったもん勝ち的な
競争社会

これが覚えるのがかなり面倒で

分類は簡単に限る

さてこうして作った分類を
いざ日本人の5人に1人といわれるSSBE

最近では日本人の6割がSSBEだという報告
もあって

6割もSSBEがいるのに、なんでこんなに癌が
見つからないのか

とおもうと

それら全員に検査が必要か。

頻度的にはSSBEだからといって
年に1度も内視鏡検査は不要です

というのが私の意見で。

でも1例でも見落としを経験すると
いや、やっぱり年に一度くらいは

とひよってしまう。

丹念に見て、よく洗い、胃に入るまえにスコープを
一度止めて観察する

という敬意を払わねば。

昔だったらす〜っと胃に進んでたところを
一歩立ち止まって接合部を見る習慣を
我々にもたせた。

バレットさん偉大だな。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-27 00:23 | バレット食道 | Comments(0)

術後の食道炎

胃癌の術後や食道がんの術後の食道炎

これ、どうしたらいいっすか?

「術後食道炎の治療に生活指導は有用か?」

の問い。

GERDガイドラインによると

「これまで、そういう生活習慣で改善したという
報告はない」らしく

普通のGERDに準じて、ゆっくりよくかんで
回数わけて、食後はすぐごろんと横にならない

寝る前に食べない、、、などなどが有用だとは
思うけど、いままでまとまった報告はありません

らしく。

報告がないってことは

「食道がんの術後にあることをやれば
術後の逆流性食道炎が改善する」

のあることを思いつけば即、論文が
いいジャーナルに載って

そういうのがいいと報告された

って言えるわけで

おっと〜

「体を起こして寝る」のがいいかどうかは
だれも論文に書いてない?

というか、これまで食道がんの術後の残食道炎
に正面からむきあった論文がなかと?

手術を受けた人しかわからない
不快感を

なんとかできないものか。

難知性GERDで手術が必要なひとって
そう多くはないだろうし

よっぽど食道がん術後の残食道炎
のほうが数は圧倒的におおい

けど、いままでだれも有効な治療法を
確立できてない

まずいじゃない??

さすがに胃管にARMSやるわけにもいかんし。

吻合部に逆流防止弁を埋め込んじゃうとか。

アイデアうかべ〜っ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-23 20:04 | 逆流性食道炎 | Comments(0)

論文バレット

バレット食道の依頼原稿の締め切りが
昨日で。

ある程度書いたところで、規約が昨年10月に改定されて
いたのをすっかり忘れてて

ゲッ、しまった。

う〜ん、かきなおしや〜ん

とれびあ〜ん

バーミや〜ん

と頭が壊れ

編集者に泣きのメールをいれたら

「2ヶ月締め切りを延ばします」

に、二ヶ月〜

ええの?

ええのんか?

ハグしていいですか?

とおもわずメールの向こうの石原さとみ似の
編集者を想像しながら
ホッとしたんですわ

あ〜門前仲町で
焼き鳥たべたいっ、、、

よ〜し、これで明日の研究発表に
専念できるぞ

ってことでまだスライド途中ッス。

しかし、よくよくバレットの定義とか
みると

なんだかあれもこれもバレットに見えてきて

こんなに短い範囲のバレットを
危険危険って、、、

ほんまにそんなに危ない癌なのか?

実臨床で見つけることは、専門家でも
ほとんどない。

増える増えると警鐘をならす
甚だ疑問だ

食道胃接合部癌より
咽頭食道接合部癌のほうが
みつかりにくく、明らかに増えてる気がする

とかこうかどうしようかまよってる。

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-22 01:07 | バレット食道 | Comments(0)

ケン三郎法

ケン三郎のところに経鼻内視鏡の見学に
きた先生、看護士さん、検査技師さんが

「経鼻内視鏡によるケン三郎法の有用性」

を今度院内の勉強会で披露するってんで

そのスライドの添削依頼がやってきて
いやあ〜ここまでケン三郎法をことこまかく
まとめてもらえるなんて、、と感無量。

その施設で耳鼻科医が3回みおとして
内視鏡でも2回見落とした下咽頭進行癌の
患者さんがいて

二度とこういう経験は続けちゃいけないと
潔く拡大NBIを捨て、経鼻の世界へ。

うれしいじゃあないですか、
うちの病院でもまだ徹底できてないのに

添削してお返ししたら

「今度内視鏡学会の技師会で発表しますよ」

とのこと。

そのときはケン三郎法ってつけてだしてね〜

こういうのは自分で名前をつけるのは
なんだかカッコ悪い気がする

「ええ、この方法をケン三郎法と呼びまして」
と自分でいうのはちょっと。。。

ああ、そういえばあの先生がいつもやってるから
このルーチンのやり方を
ケン三郎法と呼んでいます」なら

そう?

そう言ってくれる?

多分バレットさんだってまさか自分の名前が
病気につくなんて思ってないし

これだけよく知られた病気もないから
「バレット食道」を「円柱上皮化食道」に変えましょうよという
動きも封印されるくらい、有名な疾患。

ケン三郎法と人がいうのならば

それはオッケ〜

内視鏡技師さんの世界ですげえ有名になったりして


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-18 22:00 | ELPSでのどを守る | Comments(1)

ケン三郎法

ケン三郎のところに経鼻内視鏡の見学に
きた先生、看護士さん、検査技師さんが

「経鼻内視鏡によるケン三郎法の有用性」

を今度院内の勉強会で披露するってんで

そのスライドの添削依頼がやってきて
いやあ〜ここまでケン三郎法をことこまかく
まとめてもらえるなんて、、と感無量。

その施設で耳鼻科医が3回みおとして
内視鏡でも2回見落とした下咽頭進行癌の
患者さんがいて

二度とこういう経験は続けちゃいけないと
潔く拡大NBIを捨て、経鼻の世界へ。

うれしいじゃあないですか、
うちの病院でもまだ徹底できてないのに

添削してお返ししたら

「今度内視鏡学会の技師会で発表しますよ」

とのこと。

そのときはケン三郎法ってつけてだしてね〜

こういうのは自分で名前をつけるのは
なんだかカッコ悪い気がする

「ええ、この方法をケン三郎法と呼びまして」
と自分でいうのはちょっと。。。

ああ、そういえばあの先生がいつもやってるから
このルーチンのやり方を
ケン三郎法と呼んでいます」なら

そう?

そう言ってくれる?

多分バレットさんだってまさか自分の名前が
病気につくなんて思ってないし

これだけよく知られた病気もないから
「バレット食道」を「円柱上皮化食道」に変えましょうよという
動きも封印されるくらい、有名な疾患。

ケン三郎法と人がいうのならば

それはオッケ〜

内視鏡技師さんの世界ですげえ有名になったりして


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-18 22:00 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

バレットさん

「バレット食道」って何?

時々、食道が専門じゃない医師だと

「パレット食道」と間違えて記載したりする
バレット食道

PaではなくBarrett's esophagus


これがなんと、人の名前。

イギリスの胸部外科医、Norman Rupert Barrettさん
(オーストラリア出身)が
1950年に書いた症例報告
「食道の慢性消化性潰瘍と食道炎」をBr J Surgに
報告。

そもそも、最初は食道の扁平上皮が胃の円柱上皮に置き換わった
とは思ってなかったらしい

もともと先天的に食道が短いひとで胃粘膜がつり上がった状態、と
おもってたらしく

いやいやよく調べたらそういう症例もこないだみたぞ
あれこれもそうだ、、、って言い出して

でもそればっかりやってたわけじゃなく
1953年にはアカラシアの論文、
1954年にはヘルニアの論文
さらには肺気腫の治療なんてのも書いているし
1955年に肋骨の原発性腫瘍、大動脈弁の手術
1956年には下咽頭、食道の穿孔について
なんてのも書いてる。

何者?

食道の粘膜が胃の粘膜に置き換わったんじゃね??
って言うのが1957年。

バレットさんは1903年生まれですよ

奥さんはひとつ年上の姉さん女房でエリザベスっていうんですよ

彼が28の時に結婚してるんですよ
それからめっちゃ論文書いてて

1950年だと47歳!

ゲッ、俺の年にちかいやんか〜

でいよいよ「円柱上皮に置き換わった食道」つうのが54歳!

The lower esophagus lined by columnar epithelium

Surgery 1957, 41:881−894ですよ

知りたいのは、これがなんで「バレットさんの食道」になったのか

おいおい、あれ、だれだっけ、
バレット先生が前発表してた、、あのほら、、

潰瘍があってそれが治ると、円柱上皮にかわって。。。
えっと

円柱上皮に食道粘膜が置き換わった食道だよ

めんどくさいなあ

いっそ「バレットさんの食道」でいいんじゃね?

って決まったかどうかは別として

そのバレット食道から発生するがんが1990年ころから
急増するなんて〜

いまやその辺の健康オタクのおっさんまで

「バレット食道っていわれたんですけど
がんになるんですか?放置してていいんですか?」

というほど有名に。

1979年になくなったってことは
ケン三郎が生まれた時にはまだご存命だった

それくらい、新しい疾患概念で。

ひとの名前がついてる疾患名ってそうないでしょう

いやあ、後世に名を残すなんて。。。すごいっしょ。

さあこの週末で「バレット食道」の依頼原稿を仕上げるぞ〜っ

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-16 00:28 | バレット食道 | Comments(1)

外科学会

大阪で外科学会が開かれてる

そうだ、そんな季節だなあ

とおもいつつ

最近外科系の学会に行ってないんで

食道外科の最新の治療法

とか

新しい風とか

そーいうのを勉強できてないっつーのは
めんぼくない

今年1年はしかし、やるべき仕事が山積みで

来年からまた外科医として再生しよっと
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-15 16:23 | 学会奮闘記 | Comments(0)

何もしないという選択

外来に1年前に進行頭頸部がんと診断されて

いろいろ治療法を提示した上で
治療をうけないという選択をした患者さんが
突然やってきた

まだ生きてるという

へえ、、、

食道がんだと、何もしない、となると
食事が通らなくなる

食べられないから困る

やっぱりなんか治療する

あんまり大きな治療はうけたくないから
ステントでしのいで欲しい

というのが最も負担の軽い方法で

しかしがんを治す、ちいさくする治療ではないので

あくまで、すこしでも食べやすくなる、ための手段。

時々、いろいろな合併症持ちや高齢で
ステントを選ばれる患者さんもいるけど

実数として「がんの治療はうけない」
という方は少なく

みな、なんらかの治る方法を期待する
しかも負担が軽い治療を。


親や兄弟、あるいは自分がそういう
立場にたったら、果たして「ステントだけで
お願いします」

と決心できるだろうか

人生いろいろですわ

「悔いのない人生を」とはいうけれど

ケン三郎の人生

悔いだらけ   食い倒れですわ

がんばろっと

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-13 00:53 | 緩和ケア | Comments(0)

気管食道学会に入りませんか?

食道外科専門医になるには

消化器外科専門医でなくてはならず

かつ

胸部外科学会に入っていることが条件で

この2つを満たさないケン三郎は、永遠に食道外科専門医にはなれません

ですので、これから消化器外科専門医をとって、食道外科専門医を目指すかというと

ついつい、焼肉を食べに行こう。焼き鳥おいしいな

って方向に進みます

食道外科専門医取ったって、食道がんの手術しなくなった先生もいるし。

もったいない。。。

食道がんの手術ばっかりやってると
食道外科専門医がとれないっというジレンマ。

まあ、ゆっくり目指しますか

ということで。

食道外科専門医をとった先生は
次の専門医マニアとして気管食道科学会に入り

気管食道科専門医を取得

そうすると、頸部食道がんで喉頭をどこまで残せるかっていう
ニーズにも答えられますし

知恵とヒントを他科から学べるチャンスです

68回気管食道科学会は、普通の食道がん手術で物足りなくなった、食道外科医の
あなた!

の入会、参加をお待ちしております〜

入会案内はこちらから  

このブログを見てくれてる
岡山大学の先生〜是非よろしくお願いします

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-04-10 07:50 | 気管食道科学会 | Comments(0)