<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ついにこの日がやってきた

ケン三郎のところにある日患者さんがやってきて

食道癌の内視鏡治療後、何度ものどの不調を訴え続け
耳鼻科、内視鏡医が何度か検査をしても原因が分からなかった

でもようやく食道の口側にできた下咽頭癌が原因だった
ということがわかり、既に進行癌。

幸い患者さんにはケモラジが残っていたので治療できたけど
もし残っていなかったら即、咽喉食摘となる

検査をうけていたのにあんまりじゃないでしょうか

と患者さんの言い分もよくわかる

ここで「しょうがないですね」と何も変えないのと

「これでは100年たっても1000年経っても見落とし続ける」と

先生、看護師さん、検査技師の方がケン三郎の内視鏡を見学に。

そして、これを食道のハイリスク患者にやらなくては、、と
経鼻内視鏡にとりくみ早1年。

その効果たるや、次々に下咽頭癌を表在の段階で発見し、
3ヶ月に1例は見つけられるようになって

だんだん、やってみると、これやらない方がおかしいんじゃない

くらいに内視鏡の挿入法が上手に変わってきていて。

みつかる病気もだんだんと小さくなり

ついに、ケン三郎がよーく見ても分からないくらいの
2-3mmの下咽頭癌

しかもValsalvaしなきゃ絶対見えない下咽頭後壁の病変

みつけましたと送ってきて下さいました。

全身麻酔で彎曲型喉頭鏡かけても通常光じゃよくわかんない

拡大でちょっと赤いのと細かい白苔がついてるのが
認識できる

え、、、これ見つけたの??と驚きの病変。

意味があるかどうか手探りで始めた経鼻内視鏡観察が今やこんな小さい病気を
発見出来るようになったなんて。。。

しかも他の施設が勉強にきて。

まじか。。

やばい、

うれしすぎて。

大きな一歩やなあ

全国,全世界にこの経鼻内視鏡観察法が 

ペンパイナッポーアッポーペンみたいに

あっというまにひろがっちまえば

食道癌患者にとっては大きな第一歩。


あのとき窮地に陥った患者さんはこの食道癌のブログの読者で

いまも欠かさず見てくれてる


「俺の時にこの検査なんでやってくれなかったのか」

と言ってたけど


きっと喜んで下さるでしょう。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-25 20:05 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

見習う

岡山のある偉い教授が

「よろず相談外来」なる外来を開設し

一人当たり20分

患者さんの訴えをひたすら聞きまくるなる外来。

で、愁訴に応じて、薬漬けになった結果、
なんのために薬飲んでるのかわかんない、
10数種類の薬を毎日飲んでる高齢者から

薬を整理し、なにが原因かをつきとめる。

ケン三郎がNHKに出演して、TVをみてやってきた
という患者さんはたったの3人で

その方の1人が先日こちらにいらして。

先生のTVみてきました、という。

はて、ここ1年TVからはとんとお声もかからないし

よくよく聞くと、1年前に撮り溜めていたのを
つい最近みて、あ、これだと思ったという。

3ヶ月前にいらしたときは、超忙しい外来の真ん中で
そんな20分も話聞いてらんないから

とおもって薬を工面したんだけど

またいらして、よくよく話を聞くと。

逆流があんまりにも気になるから
リクライニングつきの高いベッドを購入して、

だんだん頭をあげて角度をつけてたら

20度、30度、40度、、

ついには「立って寝てました」

そ、、それは寝られんでしょ!

マック赤坂の10度、20度、30度ースマイル〜

をおもひだし。

「あの、おそらく眠れないのはそっちが原因かと」

「でも今では90度で寝てます、
明け方は足がずれて結局水平になってます」

「そ、、それですよ、原因は、、今日から20度にしてください」


というわけで不定愁訴外来1日目終了


こんな患者さんが押し寄せてきたらきっと大変だろうけど

一人一人話をよく聞く外来は緩和ケア外来に通じるものがある

「もうがんを治す薬はありませんけど、
話をしにきてもらえます?じっくり聞きますから
話すこと考えてきてくださいね」

でもいいのか。

むりに答えをださなくてもいいのだ。





[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-18 22:25 | 講演録 | Comments(0)

食道胃接合部腺癌

今日は食道がん集学的治療検討会で。

食道胃接合部腺癌特集。

まとめると比較的若い人に多く。

40台でもなるかたがちらほらいて

転移しやすく、食道扁平上皮癌よりやや予後不良、

最近増加傾向といいつつ、そうかなと思ってたけど

いろいろ話を聞くと、やっぱり接合部癌は増えている様子。


胃癌に準じる、というけど

食道がんばっかりやってる先生にはなじみの薄い腺癌。

いろいろ作戦があるらしくて、術前ケモ+手術もしくは
術前ケモラジ+手術というのが戦略の様子。

手術単独+術後化学療法の時代から

抗がん剤+分子標的薬+手術の時代への移り変わり、、

時代とともに古い治療はすたれていいものは残る

正解はないけれど、、、











[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-14 23:46 | 集学的治療法検討会 | Comments(0)

イマジン

家で酒飲まないと眠れない、という方が

明日内視鏡を受けるとする。

朝から食事をしないできてください
と念を押され

満員電車に揺られて病院にたどりつく

診察カードをいれて内視鏡室にたどりつき

俺の番はまだやろうかと待っていると

俺より遅く来たやつが先に呼ばれ

どーなってんだとイライラして

聞いてみたら、あのかたは10時予約で
あなたは11時予約です、はやく来すぎましたね
と諭される

やっと自分の番になってよばれて

さあ、、、

という感じで患者さんが診察室へ


「ようこそおいでくだすった」

イマジン。


















[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-14 00:49 | 講演録 | Comments(0)

来年1月の食道色素

第76回食道色素研究会 2017.1.13(金)-14(土)

主題:日本食道学会拡大内視鏡分類「B2血管」を再考する

井上・有馬分類をもとに日本食道学会から食道専門医だけでなく,一般内視鏡医も簡便に使用できることを目的とし,日本食道学会拡大内視鏡分類が作成され約4年が経過した.
現在この分類を用いた深達度正診率等に関して多施設共同前向き研究が進行中である.論文や学会・研究会等での単施設による報告では,B1血管の正診率は90%を越えるものの,ループ形成に乏しい異常血管と定義され,深達度MM/SM1に相当するB2血管での正診率はB1血管に比べ約60%程度と低い.
 自施設におけるdataではB2血管による誤診の多くは,病理学的深達度がpSM2であった.大腸癌深達度診断におけるInvasive patternを参考にB2血管の領域性に着目し,この領域性をいかにSM2癌へ結びつけることが可能かを検討したところ,約10㎜以上の長軸径の場合にSM2の可能性が有意に高い結果に辿り着いた.
そこで,第76回食道色素研究会では,各施設でB2血管と診断した症例をもとに,B2血管を呈した領域の長軸径と深達度診断の相関を多数例で検討したい.特にB2血管を呈した部位を含めた近傍領域において深達度がpSM2であったUnderdiagnosis症例が重要と考える.
B2血管の長軸径の測定は(最後に具体例を提示),NBI観察でのB2血管領域と新鮮切除標本や固定切除標本との対比に基づき,B2血管領域の最大長径を計測し,その病理組織学的評価を行う.各施設からは,このdataをもとに深達度MM/SM1とSM2におけるB2血管の長径の違いがあるのか,あるのならばどのくらいの長軸径ならばSM2を考慮すべきかについて検討いただき発表いただきたい.さらに各施設からはB2血管症例の長軸径とその病理学的深達度をアンケート用紙に記入いただき,代表世話人はこれらのretrospectiveなdataを集計し,食道学会拡大内視鏡分類に亜分類として組み入れたい.なおB2血管による深達度誤診例についても詳細に検討したいため、各施設よりその誤診例かつその原因についての発表も同時に応募したい。



ということで、あと3週間?ですか。しめきり

知恵を絞りましょう。
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-13 15:42 | 食道色素研究会 | Comments(0)

免疫チェックポイント阻害剤

melanomaと非小細胞型肺がんに適応となった新しいがん治療薬。

食道がんの患者さんにも2割くらいは効果が見込めて
がんが育たなくなる期間が1.5ヶ月くらい延長
できて、、

という報告もちらほら、、

でも問題は費用が高額で、

最近厚生省がなんとかならんもんかと費用を抑えるように
検討をといいだした

医療費がやっぱりどんどん右肩上がりだし

かといって命をかろんじるわけにもいかん

お金をはらえば、予後が延長できるっていったって
なんだか費用のわりには、それほど効果って得られないような
気もするし


かかるお金は最小限で、モチベーションや、生きる希望とか
幸せ感じる度を上げる治療法はいかに?













[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-11 22:57 | 新しい治療法 | Comments(0)

胃癌検診ついでに

2014年度版の胃癌検診ガイドラインの推奨例

(1)胃X線検査
 利益(死亡率減少効果)を示す相応な証拠があります。不利益については偽陽性、過剰診断、放射線被ばくの可能性があります。両者を勘案して対策型検診・任意型検診としての実施を勧めます。検診対象は50 歳以上が望ましく、不利益について適切な説明を行うべきです。

(2)胃内視鏡検査
 利益(死亡率減少効果)を示す相応な証拠があります。不利益については偽陽性、過剰診断、前処置の咽頭麻酔によるショックや穿孔・出血などの偶発症の可能性があります。両者を勘案して対策型検診・任意型検診としての実施を勧めます。検診対象は50歳以上が望ましく、検診間隔は2~3年とすることが可能です。ただし、重篤な偶発症に迅速かつ適切に対応できる体制が整備できないうちは実施すべきではありません。さらに、精度管理体制の整備と共に、不利益について適切な説明を行うべきです。

(3)その他の方法
 ペプシノゲン法、ヘリコバクター・ピロリ抗体、これらの併用法は利益(死亡率減少効果)が不明なことから、対策型検診としての実施は推奨しません。任意型検診として実施する場合には、死亡率減少効果が不明であることと不利益について適切な説明を行うべきです。

(出典「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」2014年版)



というわけで各自治体とも胃カメラをがん検診にとりいれる施設が今後増える

>食道がんや咽頭がんはがん検診には含まれてないけど

ついでにそっちのがんもこっそりみつけちゃったりしたら
バリウム検診うけるよりいいんじゃね?

>そうだ、だれか食道屋さんで、そういう検診方法に詳しい先生いねえか?

え?

おれ?

せっかくだし経口で細い内視鏡挿入して成果を挙げてる先生よっか

経鼻で隅々まで検査してる先生に講演してもらうべ


の流れらしく。

11月5日に神戸の学会、朝8時から セミナーの講師として登壇いたします。


大役だよのう、、


英語でスライド作るだよ〜


そんな朝から聞きに来る先生いるのかのう、、、


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-10 21:53 | 胃がん撲滅運動 | Comments(0)

AI診断

ケン三郎の講演の2日前に静岡でとある大腸内視鏡の大家が
ご講演されたそうで

それによると内視鏡の技術は進歩して

内視鏡画像+ ソーシャルネットワークの会社のコラボで

内視鏡を挿入し、病変に近ずいて拡大して表面をみると、人工知能が
ピットパターンやら血管パターンを察知して

これは何%の確率でがんだとか、SSAPだとか、診断をしてくれる

っていうシステムが開発されつつあるという


もうそろそろ人間いらんのやないか

そのうち機械が全部診断してくれて話も聞いてくれるようになる???


そうかといえば、お偉い教授がいわゆる不定愁訴の患者さんむけに
「よろず相談外来」を開設し、患者さんに何分でも好きなだけ
しゃべっていいです、病状を書いてください、と自分でカルテを
書いてもらう、そのなかから問題点を探っていくという。

あ、これももしかしたらAIで診断していける分野か。

「あなたはこの薬の相互作用で口が苦くなってます、その薬を
やめなさい、この薬だけにしなさい」とか。


うーん、おそろしい世界に突入ぜよ


食道がんのブログも 進化していかねば。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-10 08:15 | 拡大内視鏡 | Comments(0)

ユニタルク

食道がんの術後再発で胸水がたまる
あるいは、術後早期に乳び胸になり
なかなか胸水が減らない。

こういう場合にこれまでピシバニール(OK432)やミノマイシンなどの
胸くう内投与がよく行われてきましたが

最近は「ユニタルク」を使うのが呼吸器の世界では
一般的らしく

なんじゃタルク?

以下解説


2013年12月9日、悪性胸水の治療薬であるユニタルク®胸膜腔内注入用懸濁剤4g(一般名:タルク)が発売

タルクは、滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末

化学式はMg3Si4O10 (OH)2

癌性胸膜炎による悪性胸水に対する胸膜癒着術の第一選択

メタアナリシスでは、タルクは最も胸膜癒着術の成績がよい薬剤とされる

胸膜癒着術のあと最低でも78%の成功率が維持できる

ユニタルク®は1回4gを生食50mLとともに胸腔内に注入する

ユニタルクは生理食塩水で懸濁して使用しますが、放っておくと沈殿してしまうため、溶液内にタルクをまんべんなく行き渡らせて注入するよう心掛ける

10gを超える使用では急性呼吸促迫症候群(ARDS)などの重篤な副作用もあり注意。

ピシバニールと比較して発熱が軽度で済むのではないかと考えられている

とのこと。

へえ、、

勉強しないとどんどんオキザリになっちゃうよ


[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-09 08:01 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

ユニタルク

食道がんの術後再発で胸水がたまる
あるいは、術後早期に乳び胸になり
なかなか胸水が減らない。

こういう場合にこれまでピシバニール(OK432)やミノマイシンなどの
胸くう内投与がよく行われてきましたが

最近は「ユニタルク」を使うのが呼吸器の世界では
一般的らしく

なんじゃタルク?

以下解説


2013年12月9日、悪性胸水の治療薬であるユニタルク®胸膜腔内注入用懸濁剤4g(一般名:タルク)が発売

タルクは、滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末

化学式はMg3Si4O10 (OH)2

癌性胸膜炎による悪性胸水に対する胸膜癒着術の第一選択

メタアナリシスでは、タルクは最も胸膜癒着術の成績がよい薬剤とされる

胸膜癒着術のあと最低でも78%の成功率が維持できる

ユニタルク®は1回4gを生食50mLとともに胸腔内に注入する

ユニタルクは生理食塩水で懸濁して使用しますが、放っておくと沈殿してしまうため、溶液内にタルクをまんべんなく行き渡らせて注入するよう心掛ける

10gを超える使用では急性呼吸促迫症候群(ARDS)などの重篤な副作用もあり注意。

ピシバニールと比較して発熱が軽度で済むのではないかと考えられている

とのこと。

へえ、、

勉強しないとどんどんオキザリになっちゃうよ


[PR]
by kenzaburou41 | 2016-10-09 08:01 | 手術後のアフターケア | Comments(0)