食道切除後の再建様式とその特徴

正しいものに〇をつけよ

食道切除後の胃管再建時に幽門形成は必須である

右胃大網静脈と左胃大網静脈管の交通枝を温存しないことは胃管の血流不全の直接の原因とはならない

食道再建術における吻合法の成績は器械吻合のほうが手縫いよりも優れている

食道亜全摘後胃管再建における胃管の短胃動静脈と頸部血管の吻合は胃管の血流を有意に改善させるが
縫合不全は減少させない

胃管のスーパードレナージを行うことは動脈血流を改善する可能性がある

頸部食道切除後の本邦における第一選択は胃管再建である

胸部食道癌に対する食道亜全摘後で胃切除後や胃がん合併時、胃を温存する場合は
有茎結腸再建が有用である

下部食道噴門側胃切除における食道胃吻合は術後逆流性食道炎の発生が問題となることが
おおく、対策を要する

遊離腸管の壊死率は胃管壊死率の5倍とも報告されている

遊離空調は縫合不全を防ぐため、かならずたるませた状態で吻合する。

さてどうでしょう?

スィンキングタイムっ








# by kenzaburou41 | 2019-02-21 20:51 | 消化器外科専門医への道 | Comments(0)

320回早期食道癌診断勉強会のお知らせ

b0180148_19011121.jpg
b0180148_19010710.jpg

# by kenzaburou41 | 2019-02-20 19:02 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

浣腸

 高知市の高知医療センターで、入院中の80代男性患者に看護師が便秘治療のため浣腸(かんちょう)をした際、過って直腸に穴を開ける医療事故があったことが分かった。症状悪化を防ぐため患者は人工肛門(こうもん)を開設する手術を受け、経過観察のためセンターに通院しているという。

 医療センターを運営する高知県・高知市病院企業団の議会が18日に開いた議員協議会でセンターが報告した。島田安博病院長の説明によると、事故があったのは昨年11月以降。患者は別の病気で入院中で慢性便秘だった。看護師は患者の求めに応じ、立った姿勢で浣腸のチューブを挿入した。

 だが排便が難しく、肛門周囲に少量の出血などがあったため詳しく調べたところ、直腸に穴が開いていることが確認されたという。

 島田病院長によると、ベッドで横たわった状態で浣腸をするのが通常の処置。立った姿勢の場合は直腸に穴が開く事例が知られている。だが、看護師は認識していなかったと話しているという。

 患者は経過が良好であれば半年後をめどに人工肛門を閉じる。島田病院長は「高齢者に負担をかけ、申し訳ない。今後は、通常と異なる処置をする時は上司に相談するなど原点に返った対応をしたい」と話している。


↑という事例があるので浣腸に注意。




# by kenzaburou41 | 2019-02-20 18:45 | 医療訴訟 | Comments(0)

舌がん

タレントの堀ちえみさん(52)が19日、ステージ4の舌がんと診断されたことを自身のブログで公表した。

 舌がんは、唇や歯肉、上あご、頬の粘膜など、口内などにできる口腔(こうくう)がんの一種で、全体の半数以上を占める。従来、口腔がんは男性に圧倒的に多かったが、近年、女性の比率も増えている。喫煙や飲酒、合っていない義歯や虫歯による慢性的な刺激などが発症リスクを高めるといわれている。

 舌がんは舌の横の部分にできやすく、口内炎と間違われやすいが、柴原孝彦・東京歯科大学主任教授(口腔顎顔面外科学)によると、両者には大きな違いがある。暴飲暴食などでできた口内炎なら1週間から10日ほどで治るが、舌がんの場合は治らない。また、通常の口内炎のような痛みを感じないことも、舌がんの特徴だ。

 堀ちえみさんの場合、昨夏から口内炎を疑っており、柴原教授は「もっと早く、専門の歯科医師・医師に相談することが必要だった」と話す。ただ、首のリンパ節への転移は致命的とはいえず、舌の半分を切除する手術についても「まだ年齢も若いので、リハビリによって、会話・嚥下(えんげ)能力も元と同じくらいに回復するのではないか」と言う。

 柴原教授は、口腔がんの早期発見のために、3か月おきぐらいに口の中全体をしっかり診てくれるかかりつけの歯科医を持つことを勧めている。


ケン三郎の施設でも「舌がん」の患者さんを見かけることは少なくなく。
舌がんと食道癌の関連ですと、舌がんの患者さんの5人に1人が食道癌ありです。
また口腔底癌患者さんだと2人に1人は食道癌ありです。

食道癌の治療後に舌がんと診断される方もいらっしゃいますので
,食道の術後は舌を内視鏡でもくまなく観察する

ってことをやっております。

みんながみんな舌がんになるわけではないので
3ヶ月に1回、かかりつけの歯科医をもつとこ
まではいらないと思います。

そんなに沢山いらっしゃるわけではありませんけども
食道癌を患った方は注意が必要です。

長引く口内炎、痛みがだんだん強くなってる場合は
早めに医療機関を受診しましょう








# by kenzaburou41 | 2019-02-19 20:24 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)

67歳

なりやすい年齢 67歳

だれがなんといっても食道がんは67歳

67が危ない

67歳になるまでに

お酒、たばこを好む男性は

検診をうけるべし

口腔外科からの紹介

耳鼻科からの紹介

下咽頭にも口腔にも癌がありました。

67歳。

今まで内視鏡やったことない

毎日2-3合飲んでる

昔は赤くなったけどいまはそうでもないよ

いやいやもう「私、食道癌あります」て書いてあるようなものです。

こういう嗜好や酒の購入情報をAIであつめて、
あなた危ないですよと

電車の改札を通るときに「ピンポーン」となって
警告するようなシステム
なんかできないもんかのう、、

簡単にできるような気もするが・・

ベンチャーでてこいっ





# by kenzaburou41 | 2019-02-18 19:26 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)

術後に食べるとまずいもの・・・

お便り有難うございます。

術後に食べるとよくないもの。

主食(炭水化物)を控えてまずは吸収のゆっくりしたたんぱく質、脂肪分を多めに
おかずを中心に

きのこ、わかめ、しめじ 等の消化の悪い物はさける

麺類はつるつると入るのでまずは難易度高い

熱い物、辛いものは食道炎を悪化させるのであまり良くない

夜食は厳禁

間食にちいさなおにぎり、おせんべい、スナック菓子を食べる

一杯一度に食べない(一回の量は半分くらいに抑える)

でしょうか

吻合部の大きさはだいたい15~20mmくらいに落ち着くと
おもいますので、お肉や刺身をよくかまないで塊を放り込むと
吻合部につまります、食事が下に落ちないときは冷や汗をかくと言います。

食べる前に小さくきざんで出すのがいいでしょう

しかし患者さん本人の実体験に基づくのが良いと思います

手術前と手術後、からだの作りがかわり、
食に関しても好物だったのがだめになったり
だめだったのが好物になったり。

人間よくできたもので、実際は学習していきます

「神様は乗り越えられない試練をあたえない」
といいます

すべてを全員が乗り越えられるわけではありませんが
前向きにがんばりましょう





# by kenzaburou41 | 2019-02-17 15:32 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

セカンドオピニオンの値段

新聞にセカンドオピニオンの値段がかいてあって

時間は30-60分

規定の時間を超えると、延長料金が発生し

保険が効かない自費診療

料金は医療機関によって異なりまして

有名どころでは
国立がん研究センター中央病院 60分 4万3200円

国立病院機構 東京医療センター 60分 3万2400円

がん研有明病院 30分 3万2400円、30分ごとに1万800円加算 なので60分だと国がん中央と同じ4万3200円。 

日赤医療センター 最初の10分8640円、10分ごとに7560円加算 なんてとこもあるし

東大病院だと30分2万1600円 60分まで4万3200円、これもなぜか国がん中央と一緒。

なぜだ、なぜ料金が同じなのだ・・

順天堂大学病院  教授3万2400円、先任准教授2万7000円 准教授、講師 2万1600円
ってセカンドオピニオンを受ける先生の位で料金が違うとこもある

田舎からだと飛行機代往復、ホテル代もかかるし、
偉い先生に見てもらいたい、意見を聞きたい
って時は本人も家族も一緒にとなると、かなりの出費。

これからお金かかるのに・・・・・・・・

そこへいくとこの「食道癌のブログ」

結構 いろいろと相談が参ります。

人生にはいろいろ悩みがありますので
答えられない質問もございますが

「こんなことで皆さん悩んでるのか、、」と直接悩みを聞けるので
私も勉強になります。

主治医に聞けない

偉い先生にお金を払っていくだけの余裕もない、時間がない

明日手術をうける、放射線をうける、抗がん剤で大変、、etc

お困りの方に,お役に立つためだけに存在する 

24時間営業の無料相談窓口、古畑ケン三郎先生。

お見知りおきを~





# by kenzaburou41 | 2019-02-15 12:56 | ひとり言 | Comments(0)

胃癌を見落とさないために

術後にきをつけること、ということで
「食道癌術後の患者さんの定期検査の内視鏡をどうするか」

の依頼原稿が参りまして。

いつもの咽喉頭観察は普段通りにかきますが

食道癌手術では「亜全摘」といって一部の食道がのこって、胃をつりあげて
その残った食道と胃をつなぐのが一般的です。

よって残った食道、胃にも新しく癌ができる場合がございます。

若くして食道癌になって、ピロリ菌も住んでる、というかたは
胃癌があとからできることもありますので

内視鏡検査は必須。

しかし術後の胃には結構前の晩にたべていた食事がのこっていて
検査の時によく見えないこともしばしばございます。

せっかく検査をうけるのに「見えませんでした」ではもったいないですから

お腹を空っぽにして内視鏡検査に望みましょう。

前日の夜から食事はスープのみ、昼も消化のいいものをとって
翌日の内視鏡に望みましょう

検査は経鼻内視鏡で咽喉頭をよく見てもらうのが
だいぶ世間に浸透して参りまして、

もしまだやったことがない、という患者さんは
主治医の先生に聞いてみましょう

もしかしたらやってくれるかもしれません





# by kenzaburou41 | 2019-02-14 20:08 | 手術後のアフターケア | Comments(0)

食道以外のこと

あまりにも食道食道してたんで
他の消化器の事をあまり知らずに
やってきたことを最近反省。

世の中進化してるし

日々新しい事を吸収しないと
いかんっ

とりあえずは胃癌と大腸癌の勉強
食道胃接合部も勉強

ケン三郎の親父も外科医なんですが

「生涯現役をつらぬく」と話してて

家の応接間にはケン三郎が親と一緒に
手術に入った時の写真、が飾ってある

あの写真みてると、やっぱり外科医としてまだ
やれることがあんじゃねえかなあ

と。

思い立って


「飯が食えない人を食えるようにする、そして笑顔を提供する」

これほどわかりやすい仕事はないっ。

まだまだ~









# by kenzaburou41 | 2019-02-13 22:31 | ひとり言 | Comments(0)

ブログを頼りに

ブログを頼りに患者さんが紹介されていらっしゃって

地元の病院では難しいです

と言われた方を、ありとあらゆる選択肢の中から

これが一番よさそうという治療をひねり出して

それを成し遂げた時

食道外科医的には大きな満足です。

上手くいきますよう、お祈り。



# by kenzaburou41 | 2019-02-12 23:26 | 食道バイパス術 | Comments(0)

第44回食道癌集学的治療法検討会

この2月22日18時よりいつもの東京・大手町・KDDIホールで
112aoPリンパ節転移陽性症例に対する集学的治療
をテーマに44回食道癌集学的治療法検討会
が開かれます。

そしてそして、、、特別講演であの岡山大学の白川靖博准教授の特別講演
「食道癌に対する集学的治療の現況と展望~積極的手術療法からウイルス療法まで」
がございます。

これは聞きに行かないと一生後悔するぞ~!

関東の食道外科医の皆さん、2が3つの2月22日は大手町KDDIホールに集合ください!




# by kenzaburou41 | 2019-02-12 19:18 | 集学的治療法検討会 | Comments(0)

野口五郎さん

 「歌手、野口五郎(62)が11日、東京・渋谷で公演を行い、初期の食道がんを患い、手術を受けていたことを告白した。

 野口はアンコール前に「ファンの皆さんに話そうかどうか迷ったのですが、きょう話します。実は昨年末の健康診断で病気がみつかりました。初期だったので、主治医の先生に手術をしてもらい、今は無事に治って元気になりました」と明るいトーンで語った。

 昨年11月6日の健康診断で初期の食道がんが見つかり、放送中のTBS系出演ドラマの撮影中にひそかに入院し、同12月25日に手術。同29日には退院し、翌30日にはおかゆを食べ、現在は手術前より元気になっている。」



手術して元気になりました、なによりです。

# by kenzaburou41 | 2019-02-11 23:38 | がん患者学 | Comments(0)

食道異型上皮

最近は、胃カメラの性能がよくなったせいか
昔だったら全然きにならなくてスルーされていたもの、
癌か炎症かはっきり判断できないものまで過剰に見つかるようになりまして

癌が疑わしいので内視鏡で取りましょう

ということもしばしばあると思います。

「食道異型上皮」「逆流性食道炎」

いろいろ心配な病気かも、、将来もしかしたら癌になるかもしれない

中には判別が難しいものもございまして

時間がある程度経過しないと分かりかねる事もございます。

わかっていることは、もう背景の食道が全体にざらついて
これ以上やんちゃを続けると危ないですよと注意喚起を医者に言われる

そういわれても、お酒を毎日飲み続ける人は癌に育ちやすく

一度ならず何度も食道がんになることがすくなくなく

「食道癌、咽頭がんは多発(いくつも癌ができる)が原則」
昔、食道癌のお偉いさんが口を酸っぱくして言ってた名言です。

きっちり辞めた人はもう食道がんにならない、とまではいえませんけど
飲み続けている人よりはなりにくいです。

食道はのどから胃の入り口まで長さ25cm、
一周6cmですから広げると150cm2
の面積がありますので

ここに癌の発生するリスクのある酒、辛いものや熱い物、濃度の濃いアルコールを浸せば
それはそれは、食道に傷がつき若い頃はそれを修復する力が備わっていても

だんだん傷んでまいります

これがあちらにもこちらにもあって
全体に傷んでいる方は特に注意が必要です。

お酒を飲み続けている、というかたは半年くらいで経過をみる

お酒を控えて注意しているというひとは1年くらいで経過をみる

生活パターンを整えるとリスクが減ります

あまり気にしすぎるとこれもストレスでいけませんし

普段通りの生活をされてはいかがでしょうか





# by kenzaburou41 | 2019-02-11 22:33 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(0)

放射線治療より内視鏡治療

お招き頂いた福岡。

そこでもケン三郎の経鼻内視鏡によるスクリーニングに早くから注目
されていた若い先生が九州医療センターにいらして。

その先生と、懇親会で福岡での経鼻内視鏡スクリーニング
導入秘話をお伺い。

「先生、よくおこし頂きました、ここまで来るのは大変だったんですよ」

ケン三郎が経鼻内視鏡検診をスタートしたのが2009年の10月

それからほどなくして学会、研究会で発表するに至り
とある学会会場でその観察法を目の当たりにして

「これだ!いかに俺たちはのどをよくみていないか、、、
食道癌の患者さんにはこれをやらなきゃ」と思ったんです。

でも、始めた当時は認知度も低く、看護師さんや若いスタッフからは
「あいつは何をやってるんだ、気持ち悪い」
と陰口をたたかれることも。

患者さんも鎮静剤で分からないようにして口からやる
のが当たり前の世界だったから

起きてもらって、鼻から入れて、あれやれ、これやれ言われる

のにも慣れてないからおそらく

あの先生の内視鏡は変な事をやらされる、他の先生に変えてほしい

っていわれることもあったことでしょう。

しかし、経鼻内視鏡が経口内視鏡と遜色ない画質で
スクリーニングが出来るようになった今日、

若手も看護師も理解をしめし、
またそれをすこしづつ取り入れるようになった。

理解者が増えてきた、そして見つかった早期癌を放射線治療ではなく
内視鏡治療で切除するという頭頚科とのコラボの普及。

数年前は「見つかったらどこの病院に行ったらいいんでしょう」だったのが

今では経鼻内視鏡での咽喉頭スクリーニングを当たり前に受けられ、
その地域で見つかった病気を声を取らずに治療できるという
システム作りに成功

ここまでそうとうご苦労があったとおもいます。

けど仲間が増えて
岡山から始まったケン三郎の経鼻内視鏡普及活動も
ようやくここまで来ましたか、という実感。

でもまだまだっ

次の一手を考えますよ~

これからこれから~




# by kenzaburou41 | 2019-02-11 11:34 | 講演録 | Comments(0)

福岡に経鼻Valsalva広がる

昨日は福岡で講演がございまして
食道癌と同時性異時性に多発しやすい咽喉頭癌の早期診断と治療
について話してまいりました。

頭頸科の先生の詳細な解剖の解説と鑑別疾患のご説明のあとに

ケン三郎の1時間の講演。

食道がんの4人に1人は下咽頭癌
10人に1人は中咽頭癌で
逆に
下咽頭癌、口腔底がん、中咽頭(上、前、後壁)患者は
6割ちかい食道癌との重複あり
特に注意が必要ということ

食道癌から5年たっても10年たっても下咽頭がんがあとから
でてくることがあるから食道癌患者さんの経過観察を打ち切ってはいけない事

咽喉頭表在癌は同時性多発が2割
異時性多発が2割あるので1つみつかったらもう一つある
とおもって検査すること

治療するときは頭頚科の先生と密に連絡をとって
協力して治療にあたること

熱っぽく話したら予定時間をオーバーしてしまい

またそのあとにも関連施設から
「私たちの咽喉頭がん観察法」ってことで
10施設から症例提示、問題点へのコメンテーターを
求められ

皆がここを良く見ないといけないという問題意識があって

いや~こんなに集中して4時間強も咽喉頭表在がんで
語り合ったことはないかも・・

福岡に確実に、「ケン三郎メソッド」が浸透しつつあることを確認。

嬉しい楽しい一日になりました。

招いていただいた関係者の先生方、
有難うございました!

火曜日から、福岡県の内視鏡が経鼻内視鏡での
スクリーニングに代わるかも

鎮静してる場合じゃない

患者さんと一緒に協力して早期癌を早くみつけましょう!






# by kenzaburou41 | 2019-02-10 19:24 | 講演録 | Comments(0)

福岡講演

福岡のみなさま、今週土曜日 2月9日 14~18時

済生会福岡総合病院の14階会議室にて

「第9回advanced endoscopic forum in FUKUOKA」
がございます。

今回のテーマは咽喉頭らしく・・

ケン三郎先生が登壇いたします。

耳鼻咽喉科の先生もいらっしゃる、厳しい目にさらされますが

久々の福岡講演、楽しみです

天神でお会いしましょう




# by kenzaburou41 | 2019-02-06 17:57 | 講演録 | Comments(0)

6月関東支部会

第108回の内視鏡学会関東支部例会でございますが

パネルディスカッション
「消化管悪性腫瘍に対する治療法」

消化管腫瘍による悪性狭窄は、上部消化管では、食事の通過障害、嘔吐、下部消化管では腸閉塞などその症状は多彩で、患者のQOLを大きく損ね、特には致命的にもなり得る。切除不能腫瘍性狭窄に対する姑息的外科治療としてバイパス術や人工肛門造設術が行われているが、より低侵襲な治療として消化管ステントを中心とした内科的な治療も行われている。消化管腫瘍性狭窄に対するステントは、留置に成功すれば速やかに症状が改善する一方で、放射線照射後の適応、進行がんに対する処置ならではの合併症、集学的治療におけるタイミング、長期成績など解決していない課題も多い。今後、超高齢者社会の到来によって、内視鏡を用いた消化管腫瘍性狭窄に対する低侵襲な治療は益々活躍の場を広げ、症状がある進行がん患者に対する集学的治療の一翼を担うことが期待される。本セッションでは、上下部消化管腫瘍性狭窄に対する内科的、外科的な取り組みや課題から、先進的な治療開発まで幅広い演題の応募を期待する。

ってことで演題募集中でございます。

今応募すればもれなくパネルディスカッサーとして壇上に上がれるかもしれません!

若手の先生、大チャンス

上下部の消化管狭窄で詰まった、食えない、便がでない。
困った患者さんをどう救うか?

演題募集してます  こちらから

司会はあのイケメンの・・・





# by kenzaburou41 | 2019-02-06 17:40 | 学会奮闘記 | Comments(0)

319回早期食道癌診断勉強会

今週土曜日 2月9日 15時~18時
第319回早期食道癌診断勉強会が

アステラス製薬本社ビル4階
(中央区日本橋本町2-5-1)
にて開催されます。

がん研有明の由雄先生、川崎市立井田病院の大森先生が
司会でございます。

ケン三郎は福岡に出張でございますので
参加できませんが

若者の皆さん、ご参加ください


# by kenzaburou41 | 2019-02-04 16:58 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

リキッドバイオプシー

リキッドバイオプシー


効果的な治療法がみつかればいいのですが

みつからない場合は

どうしたもんか。

うーん、、



# by kenzaburou41 | 2019-02-02 15:28 | 新しい治療法 | Comments(0)

バリウム検診から経鼻内視鏡検診へ

がんに関連した検査を受けて「問題ない」「陰性」という結果が出たとしても、それは必ずしも「がんではない」ことを意味しない。“見落とされた”というケースは、「例外」と済ませられないほど多いのだ。

 患者数2位の胃がんはI期の5年生存率は97.4%と非常に高く、早期発見が求められる。

 しかし、広く行なわれている胃がん検査にも“落とし穴”がある。ポイントとなるのは、近年、胃がんの原因として研究が進んでいるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)だ。

「胃の中に生息する細菌で、口から口への経口感染が主な感染ルートです。日本では高齢者ほど感染者が多く、70代の5割、60代の3割、40~50代の2割が感染しており、6000万人が感染していると推計されます」(宮崎善仁会病院消化器内科の押川勝太郎医師)

 ピロリ菌に感染すると、菌が発する毒素によって胃の粘膜が炎症(萎縮性胃炎)を起こし、それが長期化することで細胞ががん化する。

「世界各国の研究により、胃がんの原因は95%がピロリ菌だとされています」(押川医師)

 そのため、「ピロリ菌を除去すれば、胃がんにかからない」と言われているが、押川医師は「その考えは間違っています」と指摘する。

「除菌薬を用いて仮にピロリ菌を100%除菌できたとしても、それまでにピロリ菌によって受けたダメージが蓄積しており、萎縮性胃炎を経て胃がんを発症するケースがあります。また、除菌前から顕微鏡レベルでしか見えないがん細胞がすでに胃に存在していれば、そこから進行することもあります。

 除菌しない人と比べて、除菌した人の発症リスクは3割まで抑制されるとの研究結果があります(グラフ参照)。それは裏を返せば、『3割はリスクが残ってしまう』ということでもあるのです」(押川医師)

 自治体による胃がん検診や、人間ドックなどで一般的に行なわれる「バリウム検査」にも注意が必要だ。

 バリウムを飲んだ後に検査台に全身を固定され、ぐるぐると回転しながらX線撮影をする検査法だが、近年はその結果に疑問が呈されている。

 厚労省の「地域保健・健康推進事業報告」(2016年度)によると、1年間で13万人発生する新規の胃がん患者のうち、自治体のバリウム検査で見つかったのはわずか4500人だった。

「バリウム検査は、『手術可能な大きさまで進行した胃がん』を見つけるために開発されたもので、そもそも早期発見には向いていません」(押川医師)

 他にもリスクがある。押川医師が続ける。

「X線による被曝リスクのほか、排便が固まって便秘になったり、バリウムが体内に固着して腸などに穴が開く『穿孔(せんこう)』が起きるなど、リスクがメリットを上回ります。一般のドクターで、自らの胃がん検査をバリウムで行なっている人はいないでしょう」


 >>>

  バリウムで早期胃癌,食道癌のきれいな写真をとるのは芸術品でございます。

  バリウムできれいに病変を描出することも可能ではございます。

  達人しかできなくなってだんだん技術が衰退、というのも悲しいかな。。


ぽちっとな

  







# by kenzaburou41 | 2019-01-31 20:59 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

当直明けは休み

厚生労働省は長時間労働が問題となっている医師を対象に、退勤から次の出勤まで一定の間隔を空ける「勤務間インターバル制度」を義務付ける方向で検討に入った。8~10時間を軸に具体的な条件を詰める。残業時間の上限規制をめぐり、医師については一般労働者より緩い規制とする一方で、確実な休息時間を確保する仕組みを整えて健康を守ることをめざす。

当直の次の日はゆっくりお風呂に入って昼寝して
カフェでお茶して映画館で寝る~

そんな食道外科医、、

時間ができたらどうしたらいいか
わからない。


# by kenzaburou41 | 2019-01-29 22:27 | ひとり言 | Comments(0)

テロメライシン

岡山大大学院の藤原俊義教授(消化器外科)と黒田新士助教(同)の研究グループは、がん細胞を破壊するウイルス製剤「テロメライシン」と、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授の研究を基に開発されたがん免疫治療薬「抗PD1抗体(オプジーボ)」を組み合わせると、治療効果が高まることを動物実験で確認した。新たな複合免疫療法の開発につながると期待され、13、14日に東京で開かれる日本バイオセラピィ学会で発表する。

 テロメライシンは岡山大が独自に開発し、風邪ウイルスの一種・アデノウイルスを無害化して遺伝子を組み換え、がん細胞を選択的に破壊する特徴を持つ。抗PD1抗体は本庶特別教授が発見した免疫細胞の表面にあるタンパク質「PD1」を基に開発され、がん細胞とPD1が結合し免疫細胞の攻撃にブレーキをかける働きを阻止する。

 藤原教授らの先行研究では、大腸がんの培養細胞にテロメライシンを投与すると、がん細胞が破壊されるとともに、特定のタンパク質やエネルギー物質が増えていることが分かった。これらの現象は免疫反応が高まっていることを示しているため、抗PD1抗体と併用すれば効果が高まると仮定して実験した。

 マウス6匹の背中左右の皮下に大腸がん細胞を移植し、テロメライシンを片方に注入。その後、動物用の抗PD1抗体を全身投与する併用治療を3回繰り返したところ、2匹は左右のがん細胞が消え、別の2匹もテロメライシンを注入した細胞が消失した。6匹とは別のマウスに抗PD1抗体だけを投与した場合はがん細胞は消えなかった。藤原教授らはテロメライシンが抗PD1抗体の働きを増強したとみている。骨肉腫を対象とした動物実験でも同様の結果だった。

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は昨年12月から、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)と共同で、進行した食道がんの患者らに同種の免疫治療薬(キイトルーダ)とテロメライシンを組み合わせた治験をスタートさせている。

 藤原教授は「免疫治療薬だけでは効きにくいとされているがんであっても、テロメライシンを併用することで有効な治療法になる可能性がある」と話している


手術、放射線、抗がん剤、免疫治療に緩和ケア+新規治療法

勉強せねばおいつかぬ。


# by kenzaburou41 | 2019-01-28 08:57 | 新しい治療法 | Comments(0)

食道がんになったとき

病名は「食道がんです。」
と告げられた方が、この先どうなってしまうのだろう
と不安になった時。

まずは情報収集、どこにいったら専門的な治療を
受けられるか、誰に相談したらいいの・・

地方にいるけど、東京に行った方がいい医療が受けられる?

いろいろと気になるかと思います。

今日は金沢医科大学で講演をしてきたのですが。

金沢医大の1Fロビーには各種がんにかんする
冊子が置いてあり。

なんだろこれ、喉頭癌、上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、食道癌も胃癌ももちろんある

へえ、、と手に取ってみて。

どうやら国立がん研究センターの「がん情報サービス」
ganjoho.jp

が作成した
「がんの冊子」
各種がんシリーズって小冊子で、外来の待ち時間にちょっと
情報しりたいなあって時に役に立つ。

食道癌の冊子では
食道がんの病期が一つ前の第10版を(2015年10月より11版なのに
冊子は改訂されてない)使用している事

治療ガイドラインも2007年版でもう10年以上前の
ガイドラインを使用している事から

置いてあった冊子は改訂しなきゃいけないバージョン
(2012年3月第2版)だったのですが。

ネットでみてみると規約もガイドラインも最新版に
アップデートされています。

参考にしてみるのもいいかも。

「でんし冊子」PDFがあります。

冊子はネットから
閲覧できますし、印刷することも可能とのこと。



というわけで
北陸セミナー無事講演おわりまして

明日から、経鼻内視鏡やってみようかなって
先生が増えますように。


# by kenzaburou41 | 2019-01-27 22:54 | がん患者学 | Comments(1)

外科学会





第119回定期学術集会
・ 会頭(Congress President):土岐 祐一郎 (大阪大学大学院消化器外科)
・ 会期:2019年4月18日(木)~20日(土)
・ 会場:大阪市(大阪国際会議場 他)
第120回定期学術集会
・ 次期会頭(Congress President-Elect):北川 雄光 (慶應義塾大学医学部外科)
・ 会期:2020年4月16日(木)~18日(土)
・ 会場:横浜市(パシフィコ横浜 他)
第121回定期学術集会
・ 次々期会頭:松原 久裕 (千葉大学大学院先端応用外科学)
・ 会期:2021年4月8日(木)~10日(土)
・ 会場:千葉市(幕張メッセ 他)


4月の外科学会の予定みてたら、今年、来年、再来年と
すべて食道外科の重鎮の先生方が会頭というなんとまあ、、、

あらゆる選択肢の中から
食道外科医を選ぶということ

たくさんのご苦労があって大変なお仕事ですが
やりがいもたくさん。

若い外科医が食道を専門にする

お手伝いをしっかりせねば。














# by kenzaburou41 | 2019-01-26 10:43 | ひとり言 | Comments(0)

都道府県別

2016年の都道府県別
食道癌患者さんの年齢調整罹患率 

男性部門

第一位  秋田県 27.6

第二位  高知県 23.2

第三位  新潟県 22.7

第四位  島根県 22.1

第五位  東京都 21.7

第六位  大阪府 21.0

第七位  神奈川県 20.6

第八位  鹿児島県 20.5

第九位  長崎県 20.0

第九位  宮城県 20.0

でございました。

ちなみに 最下位は沖縄県の11.5でした。

女性

第一位  東京都 4.7

第二位  高知県 4.4

第三位  大阪府 4.3

第四位  山梨県 4.1

第五位  北海道、石川、京都 4.0

ちなみに 最下位は三重県の1.8

大都市が多いのですが
高知県は男性、女性とも上位に。

口腔・咽頭癌はというと

男性部門

第一位  沖縄県、高知県 17.5

第三位  山口県 17.4

第四位  東京都、愛媛県 17.2

となぜか沖縄は食道癌がもっとも少なく、
口腔咽頭癌がもっとも多い、という結果。


都道府県によって多い癌、少ない癌
があるようで

土地土地の習慣に基づいた重点的な検診が
必要、、

この先はAIも活用でしょう







# by kenzaburou41 | 2019-01-18 17:26 | がん患者学 | Comments(0)

また伸びた

食道学会の締め切りが28日まで延長

しましたが

今回のテーマ、なかなか難しいようで・・

倫理委員会しばりもあたったりで・・

おそらくどの学会にも共通して、発表ネタはあるけども、
発表へのハードルは以前にも増して高くなっていて

「倫理審査のいらない9例以下の症例報告」

だったらだせるか、、稀少症例を調べるか

なんとか食道学会を盛り上げたいものです。


# by kenzaburou41 | 2019-01-16 20:05 | 日本食道学会 | Comments(0)

食道学会2019

食道学会の演題締め切りはあす16日までに延長しましたが

さて今年の食道学会何が話し合われるでしょう

今年は6月6日(木曜)と7日(金曜)に福岡で開催。

シンポジウムは
「食道癌サルベージ手術の適応と術式の工夫」
~特に高度局所進行症例への対応とリンパ節郭清の範囲について~

「根治を目指した食道癌の再発に対する集学的治療」
~外科、内科、放射線科の立場から

パネルディスカッションは
「食道癌に対するゲノム医療の可能性と方向性」
「食道癌の緩和ケア・支持療法
~病む人の気持ちをそして家族の気持ちを支えるために~」
「最新の放射線治療技術は食道癌の治療成績改善に寄与しているか?」
「機能性食道疾患の最新の知見~病態から診断治療まで~」

ワークショップ
「食道癌にたいするロボット支援手術の現状と課題~1年間の経験にもとづいて~」
「内視鏡診断・治療の新しい展開と検証」
「食道診療におけるメディカルスタッフの役割
~食道癌サバイバーへのチーム医療のあり方~」

などなどでございます。

診断、治療、再発、緩和ケアと食道癌に関することと
良性食道疾患に関すること
新しい治療法etc

締め切りまであと2日でございます。

福岡行きたいなあ~勉強しに

すでにケン三郎抄録出来上がりまして
テンションも上がってまいりました。

6月はぜひ食道の勉強がしたい。
福岡の学会に出席したい

そしてもっと深く勉強したい・・

食道学会に入会したい
ってかたはこちらから→ https://www.esophagus.jp/private/register/guest










# by kenzaburou41 | 2019-01-15 14:24 | 日本食道学会 | Comments(2)

予約の取れない内視鏡医

今、最も予約のとれない●●~

ってのがありますけども

ケン三郎もそろそろ、この業界から店じまいをする
にあたり

第二の人生を考える

付加価値をつけて
お客さんに喜んでもらう

っつ~ことで

「今、都内で最も予約がとれない内視鏡医」

なんてのはどうかな、ワトソン君。










# by kenzaburou41 | 2019-01-11 21:28 | ひとり言 | Comments(1)

食道学会ネタ

今年の食道学会、何だそっかな~

九州福岡だし、ぜったいいかねば。。。

と考えてて

やっぱり重複癌のセッションでしょう

と食道と下咽頭の重複癌を調べることに。。

下咽頭癌患者の3人に2人が食道癌。

食道癌患者の4人に1人は下咽頭癌。

その高い重複率からしてこの2つの疾患を同時に罹患した場合

ともに進行してみつかるとえらく大変だし

どっちか一つ進行でどっちかは表在がまだ理想

どっちも表在、これがベスト。

「食道癌はお酒が大きな要因である」

そんなわかってるやん

わかってるからこそ、早くみつけつつ、酒とともに人生を歩める

何回内視鏡治療をうけても酒を辞めない患者さんを

まあしょうがないなあ、、と大目にみつつ、ともに診療を続ける

それこそ理想

食道を労わりながら








# by kenzaburou41 | 2019-01-10 22:32 | 他臓器重複癌 | Comments(0)

オプジーボ

がんの免疫治療薬、オプジーボを販売する小野薬品工業は、まだ保険適用が認められていない食道癌についても効果が認められた、と発表しました。

 去年京都大学の本庶佑特別教授がノーベル賞を受賞して注目を浴びたがんの免疫チェックポイント阻害薬、オプジーボ。現在、肺がんや胃がん、腎臓がんなど7つのがんで保険適用が認められ、様々ながんでも臨床研究が行われています。

 オプジーボを販売する小野薬品工業は9日、新たに食道がんでも高い治療効果が得られたと発表しました。従来の治療法に比べオプジーボの投与を受けた患者の生存期間がより長いことが確認されたということです。

 小野薬品工業によりますと、免疫にかかわる分子を持たないがんの患者を含む食道がん患者でも免疫チェックポイント阻害薬の効果が認められたのは世界初で、来年度には保険適用を目指したいとしています。


全国の食道癌患者さんが、保険適応収載を待ち望んでいますので
早く適応になるといいのですが・・・





# by kenzaburou41 | 2019-01-10 22:25 | 新しい治療法 | Comments(0)