東京に2台 神奈川に1台

食道がん 放射線治療後の遺残、再燃への
ESD と サルベージ手術

の間をとりもつ治療法 PDT

その機械をかってほしいなあ

買ってほしい~

買ってくれ~

といいつづけて3年。

病院にはダビンチが入って

ロボット外科医 世にはばかる

いいなあ おもちゃ買ってもらえて。

買ってもらえる人と
買ってもらえない人

ファミコンもそうだった。
買ってもらえる人と
買ってもらえない人

でも買ってもらえないから、医者人生終わったわけじゃない

PDT

全国に24台あるのに

東京に2台
神奈川に1台

この大都市に3台しかないっつう 不均衡

残念すぎるっ

今年も高額医療機器の申請にPDTをお願いしました

買ってもらえますように




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-15 18:51 | PDT | Comments(0)

早期食道癌診断勉強会

昨日の早期食道癌診断勉強会。
0-1s隆起。大きさ7mm程度。
SMT様で表層の大部分は薄い扁平上皮が乗って
その下に大小の塊があって
一部は開口部がある様にも見える
ケン三郎の予想は↓ Basaloid SCC


b0180148_15352961.png
カルチノザルコーマ? ないでしょう
アメラノーティックメラノーマ? 違うでしょう
ニューロエンドクライン?もっと黄色くてツルツルでしょう
低分化SCC? dotがどっかに見えるでしょ

ってことでBSCしかねえっす。

ファイナルアンサー?


正解っ

深逹度SM2

ピッタンコ


ぽちっとな






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-14 15:42 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

バレット食道有病率

日本人のBarrett粘膜の頻度

2005 年 47 巻 4 号 p. 951-961

Barrett粘膜の頻度を得る日的で,初回内視鏡検査施行例2,595例を対象に疫学調査を施行した.その結果Barrett粘膜は2,577例中536例(20.8%)に認められた.Barrett粘膜の長さは女性よりも男性で有意に長く,Barrett粘膜の頻度と年齢層との問には相関関係を認めなかった.Barrett粘膜の有無と胸やけの有無,Barrett粘膜の長さと逆流性食道炎の重症度,食道裂孔ヘルニア重症度との間に相関を認め,萎縮性胃炎がBarrett粘膜の長さに影響を及ぼしていた.逆流性食道炎がBarrett粘膜の発生に重要な役割を担っているものと推察されたが,欧米と比較して,典型的Barrett食道の頻度は著しく低かった.今後統一したBarrett粘膜の定義や診断基準によるevidenceの集積がさらに必要と思われた.  ( ちなみにこの論文で3cm全周以上 のLSBEは5例(わずか0.2%)  )


年率の発癌率は LSBEで0,33~0,56% SSBEで0.19%  と言われいてます。


その他バレット食道 アジアでの有病率 ↓

天野先生の論文 amanoY, et al Gastroentrol Hepatol 2008;4:45-53 を参照ください。

SSBEはごく小さいものを含めると50%近くと診断されることもあり

また高齢になるほど高くなるようです。


ぽちっとな


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-14 14:53 | バレット食道 | Comments(0)

放射線性胃炎

症例は 72歳,女性.肝門部胆管癌で金属ステント挿入と放射線治療が行われ,外来で全身化学療法中であった.吐血で搬送され,上部消化管内視鏡検査で胃前庭部後壁に区域性のある脆弱粘膜から湧出性出血を認めた.放射線胃炎と診断し繰り返し内視鏡的止血を行ったが,止血困難で幽門側胃切除を行った.放射線胃炎の報告はまれであるが,上腹部に放射線治療歴のある患者で出血症状が生じた際は考慮すべき病態である.

難治性の出血

胃管にできた場合は?

[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-12 21:36 | 放射線治療 | Comments(0)

オリンパス エンドスコピーセミナー神戸

告知です、来週木曜日ですが
オリンパスエンドスコピーセミナー 神戸

「最新の経鼻大腸内視鏡スクリーニング検査」ということで
ケン三郎と国立がんセンター東の「せごどん」こと池松弘朗先生が
登壇いたします。

場所は三宮研修センター10階 1005会議室 19時~21時

で、昨日はその第一弾として札幌で講演してまいりました。

会場には食道癌の手術を受けた患者さんもいらしてて

エールを送っていただきました。ありがたやっ

神戸の方々、来週木曜日お時間ございましたらぜひ
お越し下さい 

ケン三郎は19:05~20:00でお話いたします~


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-12 12:46 | 講演録 | Comments(0)

がんの告知

食道癌と診断されて

癌ですよと伝える場合

昔は癌=死ぬ

だったのですが

今では食道癌はすい臓がんと違って
早期発見できれば十分治ることが
予想されるがんの仲間入りを果たしました。

がんと言っても、最も重要なのは
進行度

=ステージ
とも呼びますが

ステージが上がると治りにくい

どのステージで見つかったのか

が重要になり

そのステージによって、どれくらい治りそうか

がある程度予想がつきます。

ステージは0〜4まであり
若い方が早期 4は切除不能

数字の大きい方が使える治療法がだんだんと減ってくる

そもそもなんで0から4なのか。

0、1、2、3、4


1、2、3、4、5 じゃない。

なんで?

4って縁起が悪い数字だし

あなたはステージ4です

ってなんか気持ち悪い言い方な気がする。

日本らしく
4は死を想像させるから

0、1、2、3、5

とか

そういう配慮があっても、、、

世界には通用しませんけども。

「食道癌」と告知より

「あなたのステージは 何期です」の方が重要


悪い情報を伝えるのは
何年医者を経験していても
辛いですが

でも、正確に伝えないと「いいことばかり」では
先に進めません



















[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-12 01:15 | ひとり言 | Comments(0)

遠隔転移のある食道癌

食道癌の進行度4期
発見された時点ですでに肺や肝臓、そのほか食道とは遠いところに
転移がある

そういう場合、がんが全身に広がっている
ということですので
手術で全部それを取り除く治療を選んだとしても
痛い思いをする割には成績が伴わない

癌を治すよりもいかにうまく共存するか
が基本になります。

よって選択肢としては抗がん剤治療
を選択し

できるだけ長い距離を走れるように
アクセルを踏んで、ブレーキを踏んで

という道を進みます。

手術や放射線治療と違って、薬の量と種類と
投与方法、施設間でそう違いがあるわけではありませんので

もちろん経験のある施設がいいのですが

「全国一手術をしている施設」
「全国一放射線治療している施設」
の必要はなく

「家から通える」

が大事な要素になります。

というのも、抗がん剤治療

身を削る治療で、一番心配な有害事象は、抗がん剤を打つことで
細菌と戦う好中球が減り、感染症を起こしやすくなること

よってこまめに外来に通って採血でその減り具合をチェックする
必要があり、

場合によっては毎日通院してもらって採血の結果を調べる
こともあります

またいえで高い熱が出たりした場合に
家から遠い病院でいくら名医がいるとはいえ

2時間かけてそこまで通院してまで
いく必要はなく

行ったり来たりだけで、しかも予約外だから
何時間も待たされて

「通院だけでぐったり」

かえって調子が狂う可能性もあります。

もしも遠隔転移がある食道がん、と診断されたのなら

あくまで、家から近くて、しかも経験もそれなりにある

地域の中核病院

で見てもらう方が有益だと思います。




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-10 23:05 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

切除不能食道癌に対する食道内挿管法

気管食道学会の学会誌をパラパラっと読んでたら

ケン三郎が入局した時の教授が亡くなった時のお悔みの文章が
掲載されてて。

食道外科の手術では世界的な名医だったのだけども

学位論文は1964年。
なんと「切除不能食道癌に対する食道内挿管法の検討」
つまり、今でいうステント治療の始まりくらいの話で
学位を取得されてて。

その翌年に女子医大、
20年後にケン三郎の病院へ主任教授としていらしてて。

これがケン三郎が高校に入学するくらいの話。

食道内挿管法が開発された時は
手術も合併症が多くて、食道癌の患者さんには
おそらく何をしても悲惨な時代。


「食道内挿管の適応について」

1)食道癌で明らかに切除不能
2)プアリスク
3)開胸して切除不能の場合
4)手術を希望せずに放射線を希望するもの

と結構広い範囲で食道内挿管法が適応になってたことがわかる。

当時は食道に内視鏡を入れることでも「穿孔の心配がある」
ので、事前に撮影した食道造影を見ながら慎重に食道鏡を進めること

なんて書いてある。

さらには
食道内挿管がうまく行って放射線治療を受けていたら突然吐血して2日後に
亡くなった、解剖できなかったので最後まで原因がよくわからなかった

とも書いてある

時代時代で治療法が変遷していくのだけれど

こうして過去を振り返るとまた
当時の先生方の苦労がしのばれて。。

患者さんもご家族も大変だったろうなあ

合掌。




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-10 00:24 | 食道がん治療の歴史 | Comments(0)

内視鏡検診

胃癌検診にはバリウムがず~っと長いこと用いられてきて

早期胃癌の発見診断には大きく貢献してきたのは紛れもない事実

で集団検診ではまだバリウムを飲む
のが今も変わらず残っております。

先日も、去年までは毎年バリウムをやってた

ってかたが今年は内視鏡を希望してうけたら食道癌がみつかったんです

という方がいらして

内視鏡検診は人気がたかくてなかなか予約がとれないのだとか。

さらには画質のいい経鼻内視鏡もでてきたので

バリウム検査はだんだん下火になりつつあり

かといって無くなるかというとそこまではまだ決めきれず。

一度にバリウムをやめてしまうと、そのたくさんの方を
内視鏡するだけの人手がない マンパワーがたりん

ってことでAIですかね

人手がたりないのを補うのは、、

2次チェックは機械に任せる
一次も、あるいは機械のサポートをうけつつ内視鏡

気合いなんかいりません

ちょっとそれも悲しいかな。

患者さんに有益ならどんどん普及するといいとおもうし

まだまだしかし始まったばかり。


毎年バリウム受けるくらいなら、55歳で一度経鼻内視鏡を。





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-09 19:23 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)

ネガティブな知らせ

外来でCTとった患者さん

その場ではまだ結果が出てなくて

来週結果が出たらお電話します

とお話しし

その結果事前にチェック。

げっ。

まさか、、という

悪い結果が出ていて。

はあ、これを来週伝えるのか、、、と
ブルーな気持ち。

土、日、月と休みがあって

これを電話で早く伝えるべきか

それとも来週でいいか

電話で「実は悪い結果が出ました、詳しくはまた来週来てください」

というと

もしせっかくこの3連休

家族と旅行に行くとか、孫にあう予定、友人に久々に会う予定
など色々あるかもしれない

そこを暗い気持ちで過ごさないといけないし

ここに来るまでの電車の中とか

病院までの道のり

不安で不安でしょうがないだろうし

だったら、あえて伝えない方がいいんじゃないか

全てを正確に伝える

のも大事だろうけども

悪い結果の場合は、いつどのように伝えるか

伝えた時にどう感じるか


幾つになっても医者は難しいのう













[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-08 23:43 | ひとり言 | Comments(1)

レーザーで焼く

気管浸潤食道癌

気管にでてきた腫瘍をどうするか

「窒息しそうな食道癌」

ですからまず挿管して、気道確保して

気管ステントいれて

それから本丸のケモラジ

ってのが今のパターン

昔はYAGレーザーで焼灼ってのも方法の一つだったけども

あとはPDT??

食道癌にはケモラジ後の遺残にPDTは適応ですが

進行肺癌でいまにも気道閉塞しそうなものへの姑息的な治療も
適応になっているようで。

PDTがあると治療の選択肢が増えますねえ、、

高い医療機器だけども

病院で買ってくれないだろうか。。

いろいろまだまだ

やりのこしたこと

ありそうで。













[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-08 00:23 | 緩和ケア | Comments(0)

札幌講演

告知です、フジッコのケン三郎ですが

オリンパスからまたまたオファーがございまして

札幌、神戸、京都、富山を回ります。

経鼻内視鏡普及、全国行脚の旅でございます。

来週は札幌。

今年はつい先日、恵佑会札幌第二病院の高橋院長にも
お声がけいただきましたが

今度はNBI経鼻内視鏡をひっさげての登板でございます。

日時:2018年10月11日[木] 18:30〜20:00

場所:札幌パークホテル テラスルーム 
講演時間:40分(講演35分+質疑5分)

しかも、大腸のスクリーニングとセットで
国立がんセンター東病院の池松先生とコラボでございます。

札幌の皆さん、来週木曜日にお会いしましょう




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-06 11:57 | 講演録 | Comments(0)

頸部食道癌の治療戦略

頸部食道癌といえばケン三郎の施設には
喉頭温存を求めて色々な施設からご紹介をいただいてまして。

ケン三郎がValsalva法で頸部食道癌の口側進展を評価し

内視鏡、透視、CTで気管方向への浸潤の有無を評価

声を残せるか?を確認。

「声を残したいですか?」

そりゃあそうでしょう

取れるか取れないかのギリギリのとこ
だったら最初から手術を勧めます。

全くフレッシュな状態から手術をするのが手術の安全性が高く

声を残したいのでケモラジ

を選択してしまうと、完全に癌が消えればこれは
ありがたいのですが、そういう人は3割程度しかいませんし

ケモラジが効いても癌が残った場合には
声を残せなくなる可能性が大になります。

もちろん明らかにこれは余裕で取れるでしょう
の場合は
術前化学療法をやって、手術

ただみなさん、化学療法がきく、化学放射線治療が効くと思って
治療を勧めていますが、「効かないこと」もありますので
要注意。その場合は、手術を最初からしていれば取れたのに、、
ですのでタイミングを逸さないよう、こまめにチェックが
必要です。



ケモラジ選択しました、癌残りました、PDTやりました、効きませんでした、

サルベージ手術しました

は 手術を3回受けるような大きな侵襲が加わりますので

最後のサルベージ手術の時は、決死の覚悟が必要になり。

「バランスを欠かないように」が原則です。

手術をしたくないからケモラジ
を安易に選ぶと

最終的には体にダメージがたくさん溜まって

いろんな合併症が起こりうる最悪の迷路に入り込む可能性もあって。

よくあるのは、「手術は危険だし大変そうだから」というイメージ。

いやいやそうじゃない選択した方が後から大変になることも
少なくありません

「最初にどういう治療を選択するか」

はよ〜〜く考えて。







[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-06 06:55 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)

緊急化学療法

今日は日本胸部外科学会で
第11回の食道困難症例検討会。

いつも常連の、とある大学から演題発表があり

毎回毎回よくこんなひどい症例を、、もとい
大変な症例を経験しているなあ
と勉強させていただける機会。

気管浸潤食道がん。

なんでこんなことになるまでほっておいたんだ?気付くだろしかし?

と思いつつ患者さんは「心配だから毎年検診うけるタイプ」と
「身の危険を感じるまで検査を受けないタイプ」
いろいろでございます。

後者のほうでは、食道癌が気管に浸潤したり、左気管支、気管、大動脈といった場所に
浸潤し 気道系の問題、あるいは 血管系の問題を一つづつクリアせねばなりません。

外来受診

CT見てぎょっとして

即入院

気道閉塞、窒息の危険

ってことでICUに入室。

気管ステント、挿管などの緊急処置も当然検討されるものの

「緊急抗がん剤治療」をICUに入ってすぐ開始

今一番たよりになる抗がん剤

窒息で死ぬくらいなら抗がん剤を一か八かで急いで投与

っつう素晴らしい選択と。

ちょっと遅れてから放射線治療開始。

すごくよく効いてくれて、今度は逆に心配になるのが
気管の底がぬける心配。

危惧したとおりに
放射線治療中に気管と食道が交通したものの

そこは食道バイパス術、胃ろうをおいて逃げて

食事をとれることは確保しながら

放射線治療を完遂。

癌に対する治療と、食事をとれることの両立をうまくやりつつ
患者さんの回復をまつ。

最後にPETで癌が残っているかもしれない
という結果がでて

いよいよ本丸の右開胸食道切除。

再建はもう終わってるんで、とりあえず癌がいようがいまいが
飯はくえるし、後は食道とるだけだから

化学放射線治療>サルベージ手術+再建よりも安心安全。

しかもそのときには気管と食道を剥がすときには十分
気管に穴が空くことを想定して筋皮弁で覆って
起きたら困るものをすべてチェックしつつ
手術の程度、を加減する。

経験のある施設が治療すると、おおこれは大変な症例じゃないか
と思ったものも

いやいやこんなの何度もいやな思いしてますし

どの段階で何をするのがいいか分かってますから

的な「全然治療困難じゃなく」思わせてしまう見事な治療。

「食道癌治療、困難に見せない大賞」

でございました。

また来年、この会に参加しようっと。
















[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-05 22:49 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

保険点数

食道癌の患者さんの4人に1人が下咽頭癌になり
下咽頭癌の3人に2人が食道癌になる時代。
今や食道癌の患者さんに内視鏡でValsalva法を行うのは当たり前になってきました。
Valsalva法とは
深くお辞儀をして
顎を前につきだし(アイーンの姿勢)
下咽頭にきたら、できるだけ大きく息を吸って
一気にほっぺたをプーと膨らませる方法です。
このように下咽頭~食道入口部までが筒抜けに観察できますし
下咽頭右のもこもことした隆起部分がどこまで広がっているかをよ~く
観察できてしまいます。
b0180148_16061160.jpg

いままで、このやり方は濃厚な飲酒、喫煙歴のある方に
無料でやってきましたが
やるからには、保険点数をつけて
全国どこでも{ぷ~}とホホをふくらませてから内視鏡を挿入する
ようにしたら
もっとたくさん下咽頭がんみつかるかもしれないっ

「人生にやりのこしたことはないですか?」

このやり方に保険点数をつけて、全国津々浦々の内視鏡医がこの方法を導入すること。

ぽちっとな




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-05 16:14 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)

第53回静岡市外科病診連携勉強会

今日は静岡市の外科の先生方から講演の依頼があって
静岡市の医師会講堂3階にて1900〜2000まで
講演がございます。

テーマはいつもの経鼻内視鏡ですが

53回静岡市外科病診連携勉強会

ってことで外科の先生が中心のようで。


さて何話そうかしらと

これからスライド作ります

静岡、停電大丈夫かしら

もしお時間あれば 医師会まで(葵区東草深町3−27)お越しください〜



[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-04 07:00 | 講演録 | Comments(0)

平塚講演

今日は平塚での公演で。

九月の怒涛の4公演に続く、十月一発目。

いつものネタ、ではあるものの

経鼻内視鏡使ってみてくださいっという
アピールの場

こうしてオファーをいただけるのも

お遊戯会でいう主役をはれるのも

周りのサポートのおかげです。

いつも新ネタを取り入れつつ

もし経鼻内視鏡が全国に広まって

検査嫌いの方が定期的に検査を受けるようになって

少しでも早い段階で食道癌が見つかったら、ありがたい。





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-04 00:40 | 講演録 | Comments(0)

化学療法

いつまでも5FUシスプラチンじゃなくって

オプシーボを第一選択に

そういう時代がくるかもしれん

ぽちっとな

[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-01 23:15 | 抗がん剤治療 | Comments(0)

ホントにノーベル賞

スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、今年のノーベル医学生理学賞に京都大高等研究院特別教授の本庶佑氏(76)ら2人を選んだと発表した。免疫チェックポイント分子「PD-1」を発見したことが評価された。これをもとに、がん治療薬「オプジーボ」が開発された。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。日本からの受賞は2年ぶり。米国籍の2人を含めて計26人となった。


去年6月にブログで、「ノーベル賞もの」って書いたら←参照
ホントに本庶先生がノーベル賞。

ひや~

こりゃあ、めでたいっ







[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-10-01 19:38 | 講演録 | Comments(0)

メールサービス終了

2007年からこのブログ(アメーバ時代を知る方はいるのだろうか、、)

表紙を新たにしまして。

食道癌のブログ

ひょんなことからアクセス数を見てみたら

結構みてはるんですね、みなさん。

ありがたやっ

まだまだ続けてまいります。

エキサイトメールが使えなくなりましたので

>>右のアドレスから 何なりとご相談くださいっ〜 


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-29 20:43 | ひとり言 | Comments(0)

10月3日平塚講演

9月の怒涛の講演会でくたびれ果てて

ようやく復活してきた今日この頃。

また10月

ケン三郎の講演が続きます。

10月3日 平塚

10月4日 静岡

10月11日 札幌

10月18日 神戸

でございます。

3日の平塚は平塚駅前南口徒歩1分の 「平塚プレジール」にて
19時半から講演がスタートいたします。

「平塚市医師会消化器研究会」

からお声がけいただきました。

「IEEによる咽喉頭〜食道観察の有用性」でございます。

お近くの先生、もしよければお越しくださいな






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-29 20:26 | 講演録 | Comments(0)

白虎加人参湯

咽頭がん、喉頭癌の放射線治療後

唾液が出なくなって

口の中が乾く

パサパサ

人間の唾液は一日1、5L

それが出なくなると、そうとう食べにくいだろうし

放射線がよく効いたとはいえその後遺症が一生続くとなると、、、

その改善するための薬

漢方 34番、「白虎加人参湯」

喉の渇き、ほてりを鎮めるお薬、白虎湯に人参を加えたもの。

今日口腔外科の先生のご講演で初めて知りました。

唾液が出ないと言われた時のお薬。

これと「二日酔いの特効薬、五苓散」

五苓散にはお世話になってま〜す。

お酒好きの患者さんもぜひっ

って酒すすめちゃいかんな。










[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-29 00:03 | 漢方 | Comments(0)

バレット食道気にしない

バレット食道と診断されたとのことでお便り有り難うございます。

日本人の5人に1人すくなからずバレット食道があります。

でも日常診療でバレット食道癌、そんなにみないので、

発生母地ではあるけど、だからといって心配しすぎることはないとおもいます。

まして35歳、内視鏡検査受けない人がほとんどですし

将来がんになる、と悲観するのもどうかとおもいます。

きにしないきにしない

ひとやすみひとやすみ。




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-28 17:15 | バレット食道 | Comments(2)

切ってくれという

切除不能の患者さんがやってきた。

先生病名は食道癌なんだろ?

癌を切ってくれれば治るんだろ?

さっさときってくれないかな?


っていうけれど。

簡単に切除できないので困ってます。


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-28 00:01 | ひとり言 | Comments(0)

がん治療認定医

やっぱりせっかく持ってる資格だし
試験うけよう

と思ってがん治療認定医の更新の試験
25問を教科書みながら解いていって

さあ、ファイナルアンサー

合格っ

いや~やりました

これでオイラも立派な「がん治療認定医っ」

無くてもいいけど、あっても悪くない。

また無駄金をはろうてしもた。。。

と思ったら

20例の症例登録、緩和ケア受講証明書、学会参加証の印刷

に加えて
「病院長の公印」

が必要で

げげっ

日がないやん、、、あせあせっ


まだ受けてない人はいそいで~っ



[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-20 20:40 | ひとり言 | Comments(1)

中咽頭表在癌

中咽頭表在癌、右側壁~前壁

なかなか自分で見つけることはすくないのだけども

見つけてしまいました

こーいうのは「見たいなあ、見たいなあ」と願っていないと
見つからないもの

動画をとっていてよかったあ

と思ったら、、げげっとれてないっ

うわ~、っと慌てて取り直して



来月の講演でさっそくお目見えいたします。

「咽頭領域では、詳しい深達度診断はいらない、
むしろ拾い上げが大事」

拡大内視鏡研究会でおもわず失言してしまいましたが

それを後押ししてくれる症例でございます。

みたいと思っている人には、病気が見える

逆に気にしないよ という人には一生見つけられない

人生ひとつひとつ勉強でございます。








[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-19 19:55 | ひとり言 | Comments(0)

食道癌治療の最前線

頭頸部外科学会の教育セミナーで
「食道癌治療の最前線」というテーマで
頭頸部外科の先生を目の前に講演をしてきたんですわ

なんでケン三郎が選ばれたのか?
他にも偉い先生がいっぱいいるのに、、

と思いますが、すごい光栄。


内容を忘れないようにメモ

食道癌の診断:内視鏡の技術の進歩で
リスクのある方が検査を受ければ早期食道癌の診断が比較的簡単にできるようになった。

しかもNBI,BLI,LCIなどの画像強調内視鏡

あるいは拡大、超拡大のエンドサイトで細胞レベルでの診断

さらには人工知能

これらはきっと咽頭領域でも役に立つ。

内視鏡治療はEMRに始まり、ESD、APC、PDT、ステント治療。
特にESDは全国的に普及し、出血や穿孔、の問題よりも今は狭窄へ
どう対応するかが問題になっている。

ステロイドの内服、局注が効果を得ていて、今はその比較試験が行われている。
全周ESDへの対策が特に問題である。

APCは今も昔も変わらず、日帰りでできる簡便な方法としてごく浅い食道早期癌の
治療に有用です

PDTは今まで内視鏡治療かサルベージ手術かという侵襲の落差が激しいところを
埋めるように少し厚みのある放射線治療後の遺残や再燃例に有用で
これも頭頸部領域に用いられてもいい方法ではないかと考えます。

食事を食べるためのステント、出血を事前に防ぐための大動脈ステント、
気道ろうを悪化させないための気管気管支ステント

切除不能、と言われた場合でも、食道癌の方には
内視鏡でやれることがたくさんあります。

次に手術

基本は食道とその周りのリンパ節を郭清する、ですが
食道は頸、胸、腹と3領域に及ぶ治療が必要です。

「右開胸開腹食道亜全摘、胃管再建、3領域郭清」

をベースに

鏡視下手術が今は普及しつつあります。

利点は呼吸機能の低下が少ない、出血が少ない、拡大視できるので細かい解剖を
見ながら手術ができる、若者への教育効果が高い

欠点は、とにかく時間がかかる、再手術率が開胸手術よりも高い
経験のある施設とそうでない施設の差がある

などです。

長期成績の向上には様々な取り組みがおこなわれており
ステージ2、3では術前ケモ+手術が標準的です
しかし様々な理由で術前ケモを省いて手術、もありですし
年齢やいろんな余病を持っている方もかなり多いので
すんなりその戦略を選べない方もたくさんおります。

手術を拒否する方には化学放射線治療が選べますが
一旦治ったように見えてもその半分が再発し
内視鏡治療とサルベージ手術をそのあとに選択する
ことがありますよ、放射線治療だけで治る方は3人に1人くらい
ですよとお話ししています。

でもってさらに治療の強度を上げるためには
どっちを選ぶ?じゃなくて
色々組み合わせて治療したほうがいいんじゃね?
ってことで
化学療法2種類+手術
化学療法3種類+手術
さらに化学放射線治療40Gy+手術
っていう3つのアームでの比較試験が実施中です
どれが一番成績がいいか興味深いところです

超進行例、切除不能例は
「ステント」
「バイパスしてからケモラジ」
「最初からケモラジ」
「ずっと効いているかぎり死ぬまで抗がん剤」
の4つの治療選択枝

最初からケモラジ、3年生存率が25%程度ですので
これをいかに向上させるか
ってことで

「化学療法が効いたら手術、効かなかったらケモラジ」
「最初からケモラジ」
を比べる比較試験が最近始まりました

すっごくケモがきいた症例は、根治手術をすると成績がいい

ってのは臨床的にもよくわかりますのでこうした研究で

どの時期にどの治療のカードを切っていくのがいいのか

その辺の組み立てを考える

手術だけがうまけりゃいい 訳ではなく

バントもできる、走れる、豪快なホームランも打てる、守れる、

食道癌治療は、総合力が求めれらます


さて抗がん剤ですがこれは
頭頸科よりはるかに遅れていて
5FU シスプラチン
ドセタキセル ネダプラチン
TS1 パクリタキセル
などが使われておりますが 
使える薬がたくさんある訳でもなく
「頭頸科に学ぶ」が現状です。
ニボルマブやイピリミマブ、そのほか使える治療薬が増えるといいのですが。

以上しゃべってたら時間がなくなりました
スミマセン、、、

という内容でございました




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-17 07:35 | 講演録 | Comments(0)

これって経鼻の画像なんです

拡大内視鏡研究会というオタッキーな会に
経鼻内視鏡ひっさげて参戦してまいりまして。

食道では拡大有用だけど

咽頭に関しては拡大必ずしもいらないです

むしろ経鼻を握るべきです

朝からこの研究会に喧嘩売ってんのか 的な講演でして

アウェイ感満載
でしたが

普段はお会いできない大腸の有名な先生方と交流できてありがたい一日。

最後に、元上司に

「いや〜先生、今日はよかったよ、
特に先生、一番最初、

みんなに何も言わずに画像をどんどん出して

話してて

実はこれ全部経鼻の画像なんです、信じられます?」

ってプレゼンしたでしょ、あれはいいね、あれはえっ、ってびっくりしたし
インパクトあったよ、、、ああいうのはこれが経鼻ですよ
と言われてから見るより全然違うっ、よかったよ」

と言われまして。

は〜そんなものかなあ

同じ写真を出していくにも

プレゼンの仕方でだいぶ印象が変わるし

30分なら30分

全く同じトーンで話すんじゃなくって

え?そうなの?

ってのを思い起こさせるのが重要

とまた学んでしまいました。

メモメモっ

次の講演に生かさねば




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-15 22:47 | 拡大内視鏡 | Comments(0)

拡大内視鏡研究会

冒頭での工藤先生のお言葉。

2003年から始まってこの研究会。

しかしまだまだ拡大内視鏡の普及には
至らないところもある

アメリカなんかがん治療の先進国と思いきや

EMRばかりでESDをやらないし

日本で内視鏡で治るものも手術に回っている

まだまだ世界に向けて発信しないと。。

とのこと。

そ、そうなん?

米国ではESDやらない??

きっと世界中どこでも熱心な先生はいるだろうけど

日本の診断、内視鏡治療学が世界をリードしてることは
間違いない

食道、胃、大腸と消化管の専門家が年に一度集まる会。

演題も32も集まるというから、すごい研究会です。

いつまでも経鼻バルサルバ通用せんでしょう

毎年出なきゃなあ

勉強しなきゃなあ

と思った1日でした。













[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-15 16:50 | 拡大内視鏡 | Comments(0)

4講演

10日で4講演というハードスケジュール
しかも内容がそれぞれちょっとづつ異なる
発表でございまして

先ほど全ての講演を無事に終わりました。

色々準備した分、まとまりきってない部分もあり

理想の講演にはまだまだ足りず

逆にまあこれでいいかと思えば成長なし

ゆっくり風呂入って

ビールを飲む

あ〜これこれっ〜

少し休んで溜まった仕事をやり遂げましょう





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-09-15 16:41 | Comments(0)