ところ変われば・・・

中国の医療事情

とにかく患者さんの数が多い

それに比して医師の数が圧倒的に少ない

なので

とにかく数をこなす、ことが必要になり

内視鏡で患者さんがオエッとえずくようものなら

「静かにしなさい」

と患者さんは怒られるそうなのである。

ひえ~っ

病気が心配で検査うけるのに怒られるなんて・・・

日本だとせなかをさすってもらったり

鼻からの内視鏡が普及しつつあるので、検査も比較的楽で

かつ時間をかけて内視鏡してもらえるので、早期癌の見落としも
少ない、

が見落としがないとも言えず。

日本も、昔はどうだっただろう

「静かにしなさい」「ちゃんとカメラのみなさい」「我慢しなさい」

そういう時代もあったかも。

「短時間で」「癌が早く見つかり」「鎮静いらず」「性能がいい」「検査が楽」


12月20日は富山に初めて伺います

座長の先生がこのブログを見てくださっててビックリです!

経鼻内視鏡の講演 今年最後の講演です

がんばるぞ~っ





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-17 21:39 | 講演録 | Comments(0)

一日300件

中国宜春での講演とハンズオンが無事終わり

その宴会での席。

一日先生は何件くらい内視鏡していますか?

ええ、うちはそんなに多くありません、、、

中国ではどうですか?

ときくと

日に300件、多い時は500件です、

という。

日に300件??

8部屋あって、1部屋あたり40件?

へーっ

一日40件も内視鏡できないでしょ

朝から昼飯無しでぶっ続けで内視鏡です、という。

一人当たり3分から5分

それじゃあ、早期癌の発見は難しいですね

というのと

でも患者さんがたくさん来るのでそれをこなさないと
どうにもならないという環境で

日本はそういう意味でもかなり恵まれた環境

AIでしょうこういうところでは、、

人間の処理能力をはるかに超えてる状況で

人工知能がきっと役に立つだろう世界。

ファーウェイのこともあるし、この先きっとあっというまに開発が進み

そのうち医者いらずな世界に・・・


ということを考えされた中国でした。



























[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-17 00:43 | 講演録 | Comments(0)

宜春講演

昆山での講演とハンズオンを終えて
上海にもどり

上海から高速鉄道で4時間、宜春という地方都市に
来ましたが

上海虹橋駅、ホームがなんと26個

中国の方は新幹線の中でも
大音量で映画見たり、音楽聴いたり

イヤホンの文化がないそうです。

しかしゆったりのんびりの鉄道旅。

着いてみると

市役所がまるでラスベガスのホテルのようにでかくて
びっくりです

明日また講演とハンズオンでございます。

明日もやりきるだけっ









[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-15 22:52 | 講演録 | Comments(0)

中国講演

上海から西に車で1時間
蘇州の昆山という町にやってまいりました。

上海ガニの本場だそうで、上海の人がわざわざここまで上海ガニだけを食べに
この時期やってくるそうです。

明日は経鼻内視鏡の講演とハンズオンでございます

精一杯やりきるだけでございます。







[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-15 00:55 | 講演録 | Comments(0)

次の年号

胃癌の手術
昔は開腹手術でぜーんぶやってたのを

今は腹腔鏡が中心になり

あとはESDが普及

切除可能胃癌の 内視鏡治療、手術の割合

胃癌の40%がESD, ラパロが30%,開腹が30%

日本は検診やら人間ドックやら普及しているので
早く見つかる胃癌も多いし

ピロリ菌がその原因の大元だから

若いうちに、まだ慢性胃炎が完成する前に、ピロリ菌をしらべて、
除菌すれば胃癌になるリスクは押さえられるはず

え、ピロリ菌が胃がんの原因なの?

知らない患者さんも多い

え?お酒を飲んで赤くなる人がお酒を飲み続けると食道癌になりやすいの?

これも知らない患者さんが多い

というわけで、市民講座とか

健康に気を遣う方にまずアピールしてそれを伝える

ブログに書く

しかし、、見ないでしょ そんな記事。

伝わるのに時間がかかる気がする

ピコ太郎のように一瞬でSNSで全世界に発信して

そういう市民講座とか絶対来ない人に伝える方法がないものか

来年4月

次の年号が決まりました、

次の年号は

「ピロリ菌」です

とかにしたら

何だピロリ菌って??

どうも胃癌の原因らしいよ

若いうちに除菌したほうがいいよ

なんて胃癌撲滅に一役買ったりして。











[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-07 00:57 | ひとり言 | Comments(0)

内視鏡外科学会

明日から福岡の内視鏡外科学会

真面目に参加してれば今頃は鏡視下手術の第一人者みたく
壇上に上がれたかもしれないけども

とにかくあの時代、鏡視下手術がまだまだ手順だのが安定せず

試行錯誤の日々で

いやあこれは患者さんにもうしわけない

なんて思っちゃいけないけども

今はどの施設も当たり前に鏡視下手術に取り組む時代で

明日もなんか吸収して帰りたい

九州だけに




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-12-06 00:05 | 講演録 | Comments(0)

切除不能進行食道癌

切除不能進行食道がんでケモラジを受けました
このあと手術を勧められています、どうしましょう
とのお便り。

その答えを調べるための臨床研究(JCOG1510)がまさにいま行われております。

切除不能食道癌を 1)5FUCDDP+ラジ

         2)もしくはDCF3コースやる群にランダム化。

そのあと1)のケモラジで 根治切除可能と判断されたらサルベージ手術をして、癌が取り切れなかったら、そこで試験継続中止。

      ケモラジがよくきいた、またはまあまあきいたけど、根治切除はむりだ 

という場合は また5FUとCDDPの治療を1ないし2回やって、そのあとどうするかを考える。とりきれるようなら手術する つう方向性。

一方 DCFで 切除できるようになったら手術、切除できないならケモラジやって
またその効果で救済できるかどうかを判断、つう方向性。

ということで、「ケモラジやってとりきれる」と思えばサルベージ手術。

 「ケモラジやってとりきれないと判断」の場合は5FUとCDDPをもう2回くらいやる、という研究が実際行われており

「半々くらいとれるかもしれない」ときはどうすんだろ。

実際、とれるかどうかの判断が一番むずかしいのではなかろうか。







[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-30 23:40 | サルベージ手術 | Comments(0)

頸部食道切除

頸部食道切除術は

頸部食道に限局した癌の手術で頸部食道をとってお腹から空腸を一部とりだし
その腸と咽頭、食道をそれぞれつなぎ
静脈、動脈を顕微鏡をみながら細い糸で縫い合わせる手術。

声をのこさずに咽頭、喉頭、食道の一部を全部とって腸でつなぐ手術より

反回神経をのこさないといけないので、手術の気配り度合いは
全部取っちゃう手術よりもおおきい

にもかかわらず、保険点数は全部とるほうが高い。

おかしくね?

声を残す手術の方が安くて
声をとっちゃう手術の方がお金がたかい

逆っすよ、残す方がむずかしいし、患者さんにもメリット大きいのだから


つーわけで頸部食道手術の保険点数の向上に一票。





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-29 23:23 | 手術メモ | Comments(0)

酒と肝臓と食道



コラムニストの勝谷誠彦さんが28日、肝不全のため亡くなった。8月に重症アルコール性肝炎で緊急入院。10月以降も入退院を繰り返していたという。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で日々診察にあたっている谷光利昭院長は、大量の飲酒の怖さについて説明し、57歳の論客の早すぎる死を惜しんだ。

  ◇   ◇

 診療の合間だった28日午後2時前、そば屋さんに駆け込み、お茶をすすっていると衝撃的なニュースが流れ、思わず席を立ってしまいました。テレビは勝谷誠彦さんの死去を伝えていました。原因は、アルコール性肝炎が急性増悪したことによるようです。

 アルコール性肝障害の概念は、5年以上の過剰な飲酒が主な原因と考えられる病態です。「過剰な飲酒」とは、純エタノール60g以上の飲酒を指します。日本酒であれば3合以上、ビールなら大瓶3本、ウィスキーはダブル3杯程度が目安です。ここで勘違いしないで頂きたいのは、日本酒、ビール、ウィスキーの合計ではないということ。女性の場合は上記の量の3分の2とされています。

 アルコールの過剰摂取によって肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝となり、さらに進むと肝臓に炎症が起こり、炎症を起こした部分が硬くなるという現象、すなわち線維化が起こります。そういった状態で、常習としている飲酒量を急激に増やすことによって、アルコール性肝炎が起こってしまうのです。アルコールそのものによる肝障害と、アルコールの過剰摂取による脂肪の蓄積が、その原因とされてきましたが、現在は、その他に免疫機構の関連についても解明されてきています。

 治療としては「禁酒」は絶対条件として、アルコール依存状態であれば精神科との連係も必要になってきます。その他にバランスの取れた食事をとることを励行し、ビタミンや肝細胞庇護剤の投与をすることもあります。重症の場合には大量のステロイドを投与したり、血漿(けっしょう)交換、透析などを施行するケースも。

 以前に腹痛で入院されたあとの勝谷さんを拝見したことがありますが、ふっくらとされているようでした。ステロイドを大量投与した際の副作用として、そうなるケースがよくあります。とにかく過剰な飲酒を長年続けることは、非常に危険なことなのです。

 私は勝谷さんの歯に衣着せぬ言いっぷりが大好きで、テレビなどで鋭いご指摘をされるのを楽しみにしていました。時々足を運ぶお寿司屋さんに、勝谷さんもよく来られていると聞き、勝手に“親近感”も持っていました。さらに同じように大のお酒好き。まだ57歳、もう少し早く飲酒を自重してほしかったなぁ…という思いは強いです。自戒とともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。



意外とアルコール性肝硬変、肝炎+食道癌ってそんなにいないけど

過剰摂取すると食道癌ができるまえに肝臓が悲鳴をあげるせい?でしょうか。

酒との付き合い方は重々注意しなくてはっ






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-29 16:59 | がん患者学 | Comments(0)

経鼻内視鏡ESD

TVつけてたら、ESDの若き天才内視鏡医がでてて

経鼻内視鏡で胃のESDやってるのを拝見。

「高齢者だから鎮静もしないで鼻から内視鏡治療です」
「鎮静するのは高齢者には危険を伴います」

おーっ、まさに ケン三郎が思い描いていた治療法だ!

経鼻内視鏡用のESD処置具(先端メス+スネアが一体化したもの)
が開発され、時間短縮されて治療できるとのこと。

やっぱりESDからEMRに帰ってくる

EMRの時代がまたやってくるぞ

バルン拡張だって経鼻内視鏡用の処置具があっていいはずだし

これからは内視鏡治療も経鼻でやる時代がくる

「先生、この治療はどこかでやられてるんですか?」

「いや、我々も1年くらい前からですからどこでもやってないでしょう」

すばらすい



経鼻内視鏡での食道ESD  ときどき発表されてますが
時代は太い内視鏡から細い内視鏡でのESDの時代へ~

拡大機能も経鼻につかないかなあ










[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-29 00:07 | 内視鏡治療 | Comments(0)

十二指腸

医療用光学機器の世界的メーカー、オリンパス(本社・東京)の十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者百九十人以上が抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していたことが分かった。内視鏡の洗浄、滅菌しにくい構造が原因の可能性がある。米医療機関への注意喚起は積極的に行わないよう社内メールで指示していたことも判明した。 

 死者も複数出ている。感染が直接の死因かどうかは不明だが、米国内では三十五人死亡の報道もある。遺族らは約五十件の損害賠償訴訟を起こした。

 共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が今春から医療機器全般の事故を世界規模で調査した。オリンパスの内視鏡以外にも、他のメーカーが開発、製造した心臓ペースメーカーの異常動作、子宮内避妊器具による臓器損傷など医療機器の不具合が世界で発生、米食品医薬品局(FDA)には米国内外合わせ過去十年に五百四十万件以上報告されていた。

 問題の内視鏡は、米民主党議員の報告書や訴訟資料などによると福島県会津若松市の工場で製造され二〇一〇年から欧米で販売された十二指腸内視鏡TJF-Q180Vで、一二~一五年に米国、オランダ、フランス、ドイツの十七医療施設で百九十人以上が薬剤耐性菌に感染した。日本でこの内視鏡は販売されず感染は起きていない。欧米ではその後特殊な洗浄ブラシの提供や注意喚起で安全対策が取られた。

 欧州では内視鏡先端部が洗浄しにくいことが原因と早い段階で疑われ、オリンパスは当局の要請を受け一三年一月に注意喚起。米国の感染者約百四十人に対し、欧州は約五十人で喚起後の感染者は十数人にとどまった。

 米国では一二年十一月、東部ペンシルベニア州の病院で感染が確認されたが、オリンパスは他の医療関係者に報告しなかった。一三年一月に注意喚起について相談を受けた東京本社幹部が、米国法人あてに翌月「積極的に知らせる必要はない」としたメールが訴訟で証拠として提出された。一五年一月に感染が報道で表面化、FDAは速やかな報告を怠ったと同社を警告した。

 オリンパスは「訴訟に影響を与えるため、コメントは差し控える」とした。


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-28 23:56 | 医療訴訟 | Comments(0)

たるんでる

こないだ内視鏡やった方で

逆流性食道炎の方がいて

以前内視鏡やったことがあるってんで

「なんて説明されました、以前は?」

と聞くと


食道と胃の境目が、、


ゆるんでる  


っていうか

「たるんでる」

って言われて・・それが原因なんですってねえ

という。

たるんでる??

いやあ~それはショックですねえ、、と思わず苦笑い。


食道胃接合部がきゅっとしまってるのと、ゆるんでるのと、、たるんでるのと。

いろいろ表現もあるもんだなあ

余命はあと半年も有ります、昔は1カ月もあればよかったんです。
っていうのと
今の最新の技術をもってしても、余命はあと半年しかありません。

同じ半年でも患者さんの受け止め方が大きく変わる

言葉一つで背中を押したり

大事なものを守ったり

ムンテラの技術も大事やなあ

















































[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-28 00:58 | 逆流性食道炎 | Comments(0)

京都講演

3連休の中日に京都に講演にでかけてまいりました。

咽頭食道を私、食道と胃をもう一人、若手の有名な先生とご一緒。

胃のことは診断よくわかってないところもあって

どうやって胃癌のスクリーニングしていくかの細かいお話しを聞きまして。

胃癌の拡大内視鏡LBC,WOSなどの所見やら

リンパ腫にみられるツリーライク血管

除菌は、腺腫があるとわかりにくくなるので、よく考えてから除菌したほうがいい

前庭部のⅡcは深読みしがちなので気を付ける

胃癌の0-Ⅲは深達度診断難しい、まずはPPIで治療してから

などなど たくさん症例積んでるからこそ言える、現在のトレンド。

手術も開胸開腹から左側臥位、腹臥位、縦隔鏡とどんどん変遷していくけども

内視鏡診断、治療も日々進化していくのを痛感。

そう思うと、いくらでも勉強はできるし、やりすぎることもない。

好奇心を持てば

外科医であり内科医であり耳鼻科医であり

と二刀流、三刀流もいけるかな

ますます勉強が必要やわあ

勧められた本買おうっと



[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-26 23:17 | 講演録 | Comments(0)

内視鏡と医療訴訟

こないだ医療訴訟に詳しい先生にお会いしたので
忘れないように医療訴訟になった事例を貼っておこう。

食道癌と関係ないけど。

 つがる西北五広域連合は21日、青森県五所川原市のつがる総合病院で2017年11月、つがる市の80代男性が内視鏡による大腸ポリープの切除手術を受けた際、担当医が腸を傷つけるミスがあり、人工肛門が必要になる後遺症が残ったと発表した。広域連合は過失を認め、患者側に賠償金1250万円を支払う方針。

 同日の広域連合定例議会で、広域連合長の佐々木孝昌五所川原市長が損害賠償に関する議案を提案し、全会一致で可決された。

 広域連合や同病院によると、ポリープを切除する「コールドポリペクトミー」という手術の際、担当医が誤って手術器具で腸壁を傷つけたため、患者は腹腔(ふくくう)内出血による腹膜炎を発症。壊死(えし)した左結腸の切除や、人工肛門をつくるなどの治療を強いられた。

 手術時の対応を検証した結果、病院は「無理に切除する必要のないポリープだった」(同病院管理課)などとして、過失を認めて男性に謝罪。今年10月に和解した。広域連合の鎌田和廣病院運営局長は、取材に「患者に大変ご迷惑をおかけした。今後このようなことがないよう、再発防止に努めたい」と述べた。


コールドで穿孔?? 

内視鏡関連の合併症で訴訟、というと大腸内視鏡中の穿孔、ERCP時の膵炎、などですが
「穿孔する可能性は伝えておりそのリスクも含めて術前にサインをしている」のだろうけど・・・


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-23 18:38 | 医療訴訟 | Comments(0)

年間30件

食道癌の治療の取材を受けて

やっぱり年間食道ESD30件
がある程度やってる病院の指標
ということらしく

そうしますと都道府県に1ないし2施設

あればいいほう

しかし我が文京区にはそういう病院が4つもある。

いいのか悪いのか

文京区食道癌センター じゃないけど
治療困難症例集めて いいこと考え抜いたら
さらにいい治療できそう、、

それはさておき

明日は京都、メルバルク京都 5階 会議室
にて夕方オリンパスのセミナーに伺います。

17時ころ登壇予定でございます。

京都の皆様、よろしゅうお頼み申します。


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-23 10:35 | 講演録 | Comments(0)

食道胃接合部癌の勉強会

今日は品川で食道胃接合部癌の研究会があって

案内がこなかったんですが噂を聞きつけて
行って参りました。

最近胃の上部にできる癌、ってのは昔にくらべると増えているようで

進行癌だと胃全摘、あるいは噴門側胃切除などをベースとして

食道側をどれくらい切るか?

食道が中心だったらあんまり上までいくと、上縦隔に転移も心配なので
通常の食道癌に準じて治療、ってことになるけど

接合部癌、だったら下部食道切って
中下縦隔と胃の上の方を中心に郭清して
胃の下のほうは残す

腫瘍の口側どれくらいまで切るか?
1cm?2cm?3cm?

最近は腹腔鏡、胸腔鏡、あるいは縦隔鏡って
いう大きく胸や腹をきらないで治療する方法が
とりいれられていて

さらに普段は食道が専門、胃が専門、
もしくはどっちもわけへだくなくやってる

いろんな専門家がいる。

中下縦隔、食道の専門家だと、むきむき、にして大動脈が
つるんつるんになって郭清

胃の専門家だと、まあそこまでやらなくてもいいんじゃ、、
とそこまでむきむきにしない

そうか、同じ病気でも食道屋さんと違うのか、と妙に納得。

再建方法も、食道と残胃をつなぐ、ただつなぐんでなくて逆流予防の
縫い方をする、とか

食道と空腸をつないで、残胃と空腸、空腸と空腸をつなぐダブルトラクト

あるいは食道の上まで剥離して頸部吻合する
などいろいろ,考え方あって施設の間でこうも違うものか、、

左開胸開腹でばっさり切って、ものすごくいい視野でつなぐ、ってのは
もうあんまりやられなくなってるようで。


時代のニーズといいますか

鏡視下全盛のこの世の中。

達人の先生方の議論、
とても勉強になりました






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-22 21:45 | バレット食道 | Comments(0)

317回早期食道癌診断勉強会

今日は317回の早期食道癌診断勉強会。

司会はケン三郎とその師匠。

もって行ったのは陥凹型のSM癌。

10mmと小ぶりなのですが、しっかりとした陥凹局面があって
凹凸があって

拡大で中央にB3血管、血管密度も疎で大部分がB2=SM2

まあ皆さん間違わずに診断しまして

病理、表層に低分化SCCへの分化があり、深部はN/C比の大きい、類基底細胞癌、バザロイド

典型例は0-Ⅰが多いのだけれど、今日のは0-Ⅲというか、辺縁隆起を伴う陥凹0-Ⅱc+0-Ⅱa

食道癌の0.8%くらいというのでとっても珍しいけどこういう病気もある。

もう一例は
中咽頭癌の治療前のスクリーニングで見つかった頸部食道癌で

中咽頭癌の治療後に内視鏡やったら、食道がえっ、、というくらい
少し進んで見えた症例。

しかも陥凹の中のより深い陥凹
があって、、これこそ0-Ⅲ?深い?でもここだけ変な形。

拡大も深そう、さて、、

とってみると意外や意外、深いと思ったところかMMに泊まってて
予想と違うところがsm1

リンパ管侵襲も疑われて、

「こういう症例をみたときどうしますか、いつ検査組みますか」

アンサーバッド?

半年で良くね?

いやいや時々こういう症例もあたるので、こまめに見ておいた方がいいのかしら

とくに中下咽頭癌で放射線治療後に食道癌をあとから治療予定という方。

中下咽頭の治療が大変すぎて、食道のことはすっかりわすれていたら
sm癌になって、食道も手術が必要になった。

そういうのは避けねばならん。





[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-17 20:52 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)

など

大腸内視鏡での穿孔
がもっとも医療訴訟になりやすく。

消化器内視鏡医としては
術前に充分説明したかが求められる

当然、検査によって、腸に穴が開く、ポリープとって穴が開く
ことなどがごくまれにあるので

「穿孔した場合には人工肛門をつくる緊急手術になることがある」
「入院がながびく」
「生活の質が一時的におちる」

などの詳しい説明をして、「検査同意書」にその旨記載し、サインをいただく
のが一般的。

では、このケースはいかがでしょう

大腸検査を前提として下剤をかけたがなかなか便が出ない

「じゃあ、浣腸してください」

と指示

しかし、浣腸で腸に穴が開いてしまった

主治医あせる、検査で穴が開くことがあるとはいったけど
浣腸で穴が開くことまでは説明していない

これは説明義務違反??

ご家族が検査で穴が開く可能性はきいてたけど
前処置で穴が開くことまではきいてないと訴えた

裁判所の判断は・・

患者さんの訴えを棄却。


検査にまつわるリスクを説明したときに、
前処置や挿入、抜去、ポリぺク「など」様々な処置によって
穿孔する可能性があります

というように、行為を限定せずに「など」の文言をいれておけば
大腸内視鏡をする>下剤をかける>便がでにくい>さらに下剤をかけないと検査ができない
>浣腸かける>の流れはおおよそ理解できる処置であり

もちろん痛がってるのに浣腸かけた、痛がってるのに無理してカメラを挿入した
などは問題ですが

「浣腸かけて穿孔する可能性」は「おおよそこの処置にかんしては穿孔するリスクを
納得して検査をうけている」とみなされ、
検査説明の「など」に含まれていると考えられるとのこと。

ですので、医療者も 頻度の少ないことがおきることがもちろんあるので
頻度の多い合併症+ ●●など が起きうる

と説明しておいたほうがいいでしょう、

患者さんにとっては不幸なことで、なるべく問題が起きないように注意していても
ある一定の確率では起こる合併症。

合併症を減らす努力が大前提ですが。


ぽちっとな







































[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-15 22:44 | 医療訴訟 | Comments(0)

告知2

ちなみに北陸支部会ではケン三郎が登壇いたします~

冬の北陸に初めてお呼ばれしました。

ありがたや~

ケン三郎 経鼻内視鏡をこつこつやってきてよかったです。

是非是非お申し込みください!

[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-15 18:05 | 講演録 | Comments(0)

告知

第37回日本消化器内視鏡学会関東セミナーを下記の要領で開催いたします。
お席にまだ余裕がございますのでまだ参加登録をされていない方は奮ってご参
加ください。
支部セミナーまたは学会セミナーの受講は専門医の新規申請および更新に際し
て、必須となっております。
特に2019年度専門医更新の先生で、2014年3月以降、支部セミナーも学会セミナ
ーも受講されていない先生は、更新条件を満たすためにも是非ご参加ください。
(指導医更新の際の必須セミナーではありませんので、ご留意ください。)
お申し込みはこちらから
会長:有馬 美和子(埼玉県立がんセンター消化器内科・内視鏡科)
会期:2019年1月20日(日)
会場:ソニックシティ(埼玉県さいたま市) TEL:048-647-4111
アクセス(大宮駅西口より徒歩5分)

テーマ:内視鏡診断と治療-基礎から応用へ
定員:1200名
対象者:日本消化器内視鏡学会専門医、希望する会員・その他
受講料:日本消化器内視鏡学会会員 10,000円  非会員 15,000円

ケン三郎も朝一で座長を務めさせていただきます。
こんな大きな会で座長だなんて、、、感無量です。




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-15 18:01 | 講演録 | Comments(0)

取材

今日は午後から雑誌の取材を受けまして

「食道癌の内視鏡治療」について

いったい何例くらいやってれば安心できる?

っていうので

ちょうど、食道班の後輩が勤めてる病院で
今年食道癌の内視鏡治療が10例
達しましたと聞いたばかり

関連病院でハイボリュームセンター・大学病院以外で
年間食道癌の内視鏡治療
10例以上やってる施設ある?

うーん、、思いつかない

そうだよなあ、一般病院で食道表在癌ってそうそう
経験しないし、あっても数例でしょう

去年掲載された雑誌には年間200例近くESDEMR
やってる先生が年30例あれば大丈夫でしょう

なんて言ってるけど

病院の名前に「がん」ってつかない病院では
年間30ってちょっと厳しい基準っす

いやいやそれはもう麻痺してますよ、そんなに
食道早期がんの患者、市中にいないって。

ということでケン三郎は
「食道10、胃30、大腸10」やってれば充分でしょう

一括切除率はきにしますか?

全然気にしません、癌のまわりに予備群がたくさんある人に
一括切除?きれいには取れないのが普通です。

「EMRとESD,EMRがあとから開発されたらみんな今EMRに
飛びつくでしょう」

「APCで焼いても浅い病気はOKです」 

え。そんな方法あるんですか、、

「むかしっからやってますので
トピックでもなんでもないです、APCは」

だんだん、え、え、

この先生に聞くんじゃなかった的な雰囲気に。

「食道と咽頭どっちも大事です」
「なんで咽頭表在癌の内視鏡治療数調べないんですか」
的逆取材まで敢行。

やりにくかったろうなあ。。。

あさっては岡山にとびますよとのこと

岡山には、鏡視下手術の名医、名チームと
ESDの達人がいますよ~、尊敬する先生方です、
よろしくお伝えくださいと

名医への道はケン三郎には、まだまだ遠い道のりでございます。

日々こつこつと




[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-14 23:53 | ひとり言 | Comments(0)

内視鏡診療と訴訟

「訴訟にならない内視鏡診療 虎の巻」(東京医学社)
の作者、兼、消化器科のドクターと鹿児島でご一緒しまして

医療訴訟に詳しい先生。ダブル講演でございまして、
ご講演を拝聴しました。

内視鏡診療やってると様々な合併症偶発症が起きることがあり

十分説明がされていたか

適切に対応したか

などが求められる昨今。

訴訟で一番多いのが大腸内視鏡による消化管穿孔だそうです。

こちらがよかれと思ってやっても結果が伴わずに患者さんが
死に至ることも。

しかし、言葉の掛け違いやら、患者さんの家族にその思いが
十分に伝わっていなかった場合には
「訴えてやる」と不幸なことに患者さんが医者を訴える
こともしばしば。

ケン三郎のブログは
いやいや、主治医の先生もご苦労されたと思いますよ
と医者の側の言い分にもたちつつ
ご家族の誰にも話せないような不平不満を
吐き出していただく、そういう場を作っているという
意味でも少しは役にたっているのかなと。

判例
「100歳の食道癌のかた。進行癌のために食事がとれない。
経口摂取に患者さんは強い意欲があり、放射線治療は適応外。
負担が軽いであろうとステント挿入した。無事退院し
約1ヶ月後に患者さんが吐血して死亡」

医療者なら
「100歳でステントいれて1ヶ月自宅に帰れて食事がとれた
なら大往生だな」

と思うのですが、これが訴訟に発展

「100歳の超高齢者にステントを入れるべきではなかったのでは」
というのがご家族の言い分

裁判所の判断は患者遺族側の請求を棄却、病院側勝訴

その理由として当時の消化器内視鏡ガイドラインによると
嚥下障害を伴う切除不能食道癌性狭窄があり、ステントの適応あり

ガイドラインには年齢的な基準は特段示されていない

ということで、診療ガイドラインは行われた医療行為が
適切だったかどうかを決める重要な証拠となりうるそうです。

これで訴訟になるの?
って事例でもおそらくはこうなるとは予想してなかった

こんな結末になるならば
本人ともう少し話す時間がほしかった

そういう感情がどうしても生まれてしまうので

病気が原因でそうなっているのに
医者がそんなことするから不幸なことがおきたのだ
やり方に問題があったのでは?

と考えてしまうご家族のお気持ちも分からないでも無く

やっぱりよくよく起こりうる合併症
特に致死的なことが急に起きて命を落とす
リスクもある

ということは、最低限、不安にさせない程度に
前もって話しておかなければ。。


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-12 21:11 | 医療訴訟 | Comments(0)

消化器内視鏡医だけで治療するのは。。

咽頭癌の治療に経口的手術、ESD、ELPSなどが
普及してまいりましたが

この領域もともとは頭頸部外科 耳鼻咽喉科の領域でございます。

適応を広げていけば普通は適応外の症例も内視鏡治療やろう
って自己判断し

それが転移再発を生じてから耳鼻咽喉科,頭頸部外科にお渡し

ってのは患者さんにとっても不幸ですし

そこから再発してから、いやいやこれは頭頸部の疾患だから
あとは頭頸科に見てもらってください
っていわれても、ちょっと違うんじゃないかい

と思います。

ですので見つけるのはもちろん消化器内視鏡で見つける、
のはどんどん見つける

しかし治療は一緒に協力して行う

ESDやるにしても耳鼻科,頭頸部外科医についてもらい、
鉗子や糸で引っ張ってもらう

ELPSやるなら、自分でESDやりたい気持ちをぐっと食らえて
耳鼻科の先生に、ここはこう切った方がいいですよとアドバイスを
送り、耳鼻科医に気持ちよく手術してもらうサポートをする

あるいはもう治療に関しては全部お渡しする。

困ったときはお互い様で

再発が起きたときに最初から一緒に見てもらっていれば
2つの科で追いかけるのでより安心ですし

これは転移しそうもないな、だったらいいのですが

転移がおきそうな疾患をこっちだけで見るのは、、

消化器内視鏡医が単独でこの領域の治療を
やるのはケン三郎はお勧めしません


みんなどうしてんのかなあ。。

ぽちっとな






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-12 18:45 | ELPSでのどを守る | Comments(0)

岩倉具視

鹿児島に帰って、
維新3傑

大久保、木戸、西郷

西郷の生まれた場所、ケン三郎の通った敬愛幼稚園の
すぐ隣でございます。

そこから100Mくらいでしょうか、
大久保の生まれた場所もありまして

甲突川沿いのその道は「維新の道」と名付けられ
途中にふるさと維新館がございます。

その道をずっとぬけていくと大久保利通の銅像がございます。

右に天文館、左に鹿児島中央駅 
新幹線が通って大分開発が進みました。

いろいろ調べてみますと

最初になくなったのが木戸(病死)

次に西郷(戦死)

最後は大久保(暗殺)

でほぼ同時期に亡くなって

同じく維新に貢献して欧米を歴訪した
岩倉具視は長生きするんですが

なんと咽頭癌でお亡くなりになっていて。

へ~っ。。。


チコちゃんじゃないけど

ぼーっとしてると、しらないことばかり。

でございます。


ぽちっとな






[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-12 18:23 | がん患者学 | Comments(0)

締め切り延びる

  • 2018年9月19日(水)正午 ~ 2018年11月12日(月)17時 11月15日(木)17時 まで延長します


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-12 18:01 | ひとり言 | Comments(0)

鹿児島講演

第74回九州消化器内視鏡技師研究会に昨日お呼ばれしまして
わがふるさと鹿児島、宝山ホールにて講演をしてまいりました。

内容は
「大酒家のためのNBI経鼻内視鏡活用術」
でございます。

NBIとケン三郎?

まじか、フジッコじゃなかったのか

全国のフジユーザーの皆様、人生にはいろいろございます

経鼻内視鏡の普及には大手メーカーの協力が
必要でございます。

経口から経鼻にかじを取れ

その最先鋒におりまして

しかしっ。

「宝山」というと、焼酎メーカー

ここでお酒を控えてください、の話?

そうきたか、宝山って富乃宝山、吉兆宝山の宝山っ?

TPOを踏まえましょう

お好きな方には特に経鼻内視鏡がお勧めですよと。

酒のみを鎮静剤を使って寝かせてるのはもったいない

背中をさすって心の通った内視鏡を心がけましょう

ご好評をいただきました。

2018年11月

5回目の鹿児島講演でございました。

いつきても故郷は温かく見守ってくれる

嫌なことがあっても、つらいことがおきても
ふるさとに帰れば、すーっと心をいやしてくれる

有り難いことでございます。

また頑張れる

そういう気持ちで朝を迎えました

関係者の方々、お気遣いに感謝いたします。






























[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-11 10:46 | 講演録 | Comments(0)

お悔み

声優で俳優の後藤哲夫さんが6日、午後0時23分、食道癌のため死去した。68歳だった。

 所属事務所の「円企画」が公式サイトで発表。「生前のご厚誼に深謝するとともに謹んでご通知申し上げます」とした。

 後藤さんは俳優として舞台に出演するとともに、声優としてアニメ作品、洋画の吹き替えなどで活躍した。

 おもな出演作は映画「太陽は泣かない」舞台「桜の園」、「ONE PIECE」シリーズのハンニャバル役、「装甲騎兵ボトムズ ベルーゼン・ファイルズ」のコチャック役など。

[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-09 01:10 | がん患者学 | Comments(0)

気管食道学会70回

食道外科医だったら

明日まで品川でやってる第70回日本気管食道学会

勉強になりまっせ~

今話題のオプジーボ

それとキートルーダ

いつかきっと食道癌に使えるようになるだろうお薬

明日のランチョンもその話が出てきます。

仕事休んでも行く価値あるぜよ


[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-08 23:36 | 講演録 | Comments(0)

超高齢者食道癌

高齢化社会

患者さんも85歳以上ってのがざらにいるようになって

もうすぐ95歳、大正生まれって人もいる

さてほっといても寿命がくるかもしれないし

「先生、ほっといたらどうなりますか?」

大腸ポリープならほっといてもすぐ問題にはならんやろうけど

食道癌、咽頭癌だと2年後、3年後はどうなってるか

う~ん、、

これがまた全周の食道表在癌だったり、下咽頭のPSPWPCにまたがる
広い病気だったりするとまた悩ましく。

取ってもいいけど狭くなったら
誤嚥しやしないか

何度も拡張に通ってもらうのも忍びないぜよ

食道がんというと進行癌でみつかって、手術してもすぐ命を
落とした時代

ではなくなって、

進行癌でもある程度予後が期待できる病気になって

いろんな治療法が開発されて

また新たに「どこまで、何歳まで治療するか」
なんて問題まででてきて。

う~ん、、、なやむ~











[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-07 22:23 | 内視鏡治療 | Comments(0)

オプジーボ

小野薬品のランチョンセミナーでもらった資料より

1992年PD1分子の発見
1999年免疫抑制受容体としての機能解明
2002年 がん治療のSeedsとなることを発見
2003年PD-1の用途特許出願
2006年 米国で企業による臨床試験開始、PD-1のヒト型抗体の特許出願
2008年 日本で企業による臨床試験開始
2011年 京都大学で医師主導第Ⅱ相試験開始
2012年 米国FDAによる優先審査指定
2013年 稀少疾病用医薬品に指定

2014年切除不能な悪性黒色腫の適応で承認

2015年 切除不能な進行再発 非小細胞肺がんに適応

2015年 切除不能または転移生の腎細胞癌の適応

2016年 再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫の適応

2017年 再発または遠隔転移を有する頭頸部癌の適応

2017年 がん化学療法後に増悪した切除不能な進行、再発胃癌の適応

ってことで、
日本と韓国と台湾の3国共同での第3相試験
20歳以上、切除不能な進行再発胃癌、または食道胃接合部癌、
組織学的に確認された腺癌、2レジメン以上の化学療法治療歴あり
でもう効かなくなった、PS0,1

330例のオプジーボ群 対 163例のプラセボ群
を比べると

1年生存がオプジーボ群26.2%、プラセボ群が10.9%
生存期間中央値が5.26ヶ月 VS 4.14ヶ月
ってことでオプジーボ群が有意に生存期間延長。

日本人にかぎると
1年生存25.6% VS 15.5%で
やっぱりオプジーボ群有利。

オプジーボの主な副作用は
そう痒症、下痢、発疹、疲労

治療をやりつくして万策尽きた、、と思われてる
状況でも成績は上々のようです。





 

[PR]
# by kenzaburou41 | 2018-11-06 19:06 | 新しい治療法 | Comments(0)