人気ブログランキング | 話題のタグを見る

逆流性食道炎似の食道癌

もともと癌細胞は自分の正常の細胞です。

細胞が変化して歯止めなく増殖し続ける
のが癌細胞で

それと異なり、元に戻るのが炎症です。

食道の病気で最もメジャーな病気が
「逆流性食道炎」で、

飽食の時代、老若男女、食べ過ぎ、飲みすぎ、
食べてすぐ横になる

これを続けていきますとかなりの方が
この病気にかかります。

食道炎のほとんどは今お薬でコントロール
されることが多いのですが

中には食道炎ににているけど
食道癌、という紛らわしいものもあります。


逆流性食道炎似の食道癌_b0180148_12372020.jpg



↑のような写真をみると、下部食道に縦走する発赤がある。

食道炎に似ているので一見「食道炎」
かな、とも思います、周りに白濁もあ
ってうっすらと縦に走るような粘膜の肥厚もあります。


ところが、やっぱり形がギザギザしていて、
整ってない、食道炎でみられる「毛羽立ち」
が見られません。


こういう場合に拡大内視鏡、画像強調内視鏡で
見てみますと

この赤い部分には いわゆるドット状の異常な血管像
が観察されます。

これだけでも「食道癌」であることがわかり、

さらに食道学会拡大内視鏡分類のB1血管
(ループ構造の保たれた血管)ですので

これは内視鏡治療で治りそう、ということが推測されるのです。







逆流性食道炎似の食道癌_b0180148_12373371.jpg



医学の進歩は目覚ましいので
ございます。
by kenzaburou41 | 2012-07-26 12:51 | 食道癌診断治療ガイドライン | Comments(0)
<< ロサンゼルス分類 逆流性食道炎... 切除不能進行食道癌 >>