人気ブログランキング |

食道癌術後の下咽頭癌

食道癌手術,その後放射線化学療法を
してその後下咽頭癌がみつかった
とのご相談

ですが定期検査で見つかったということで
おそらくは早期のものと推測します

これまでは放射線治療が
標準的に行われてきましたが

嚥下能の低下,味覚がおちる
唾液がでなくなる、などの
後遺症が永続的に続く
という問題があります

下咽頭表在癌は早い段階で
みつかれば内視鏡的に切除する
ことで治ることが長期的にも
わかっています

地域によって耳鼻科医が主体で
治療する所、内視鏡医が主体で
治療する所まちまちです。

また食道癌で放射線を使ってしまった
場合、これがのどの周囲にあたっていると
下咽頭がんに放射線をあてることが
出来ません

進行具合によっても
できる治療が違いますが

まずはよく調べてもらって
方針を聞いた上で、
専門施設に相談しては
いかがでしょうか?
by kenzaburou41 | 2012-11-27 06:55 | ケン三郎に聞く質問コーナー | Comments(2)
Commented at 2012-11-27 07:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-14 07:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 一つの臓器 高齢者の抗がん剤治療 >>