人気ブログランキング |

食道がんは放治に限る

がんは放治に限るの近藤誠先生、夕刊フジに登場~

勘三郎さんの手術後死亡に関連して

「日本は医師不足といわれていますが実は余計な分野に医者が多いだけです。

食道がんもその1つで、手術をする外科医は2000人もいます。

外科医が手術をしたがり、多くの患者が手術においこまれているのです」


勘三郎さんは手術によって誤嚥性肺炎をきたし、
肺の細胞がやられました。なにもしなければ1年以内ならほぼ体力は
おちず、亡くなることもありえません、歌舞伎座のこけらおとしには
十分に出られたと思います。


というご意見。
by kenzaburou41 | 2013-07-11 13:19 | 放射線治療 | Comments(2)
Commented by ゆう at 2013-07-12 00:43 x
極論ですね、担当医でもないのに
結果論です。 可能性ゼロなら手術はしないでしょう
Commented by ぷちさち at 2013-07-14 23:48 x
若くして癌になった人に同じように言えるのかなあ。実際、手術で助かる人もたくさんいるんだし。(高齢の人もです)
この先生は、自身やその家族が癌になっても同じことを言えるのだろうか?
一生懸命生きていくため、手術や治療をしてる人、それを支えている人には嫌な意見に感じるばかりです。
<< 放っておけるか。 吉田昌郎さん >>