人気ブログランキング | 話題のタグを見る

挑戦する内視鏡医

今日は治療困難例に果敢に挑戦する
内視鏡医のランチョンセミナーを拝聴
してきまして

どうしても手術はうけたくない、
というニーズがあり

自分ではESDできる技量はないけど
もしかしたらあの先生だったらESD
してくれるかもしれない

といって,相談されるのは
厳しい症例ばかり、一筋縄では
いかない例をこなしていくと
限界もわかるだろうし、さらに
限界に近い所でのリカバリーの
仕方もわかってくる

食道でいうと憩室内癌はESDすると
標本はとれるけど、大穴があくことを
覚悟して外科のバックアップが必要

瘢痕上にできたものはフックナイフを
使うのが一番安全

全周切除でステロイドをつかっても
狭窄する人がいて
これを万人がうまくいく方法を確立
すること

最後に

「患者さんに最終的に迷惑をかけるような
ことはしないよう、
よくよく考えてやるように」

身にしみる講演でした〜


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-07-15 00:31 | 内視鏡治療 | Comments(0)
<< 心のマッサージ 糸付きクリップ >>