人気ブログランキング | 話題のタグを見る

緩和ESD

手術はとてもできません

放射線は二度と当てられません

ホスピスを勧めます

「もう治った」はずの食道癌が
局所再発し、

患者さんは,急に食道癌の怖さを
思い知ることとなる

外科医が、サルベージ手術を
リスクがあるからやらない
といえば、ますます手がなくなる

あるいは、すでに遠隔転移があって
根治手術の適応はないという
状況の患者さんも少なからずいる。

放射線照射後の再発のスピードは
一般的に早いといわれ

治療のタイミングを逃すと
もう後が無い、ということもある。


いろいろ患者さんをみてきて

簡単に手術を選べない人がいる


「手が無い」と言われる程酷なものはない。

筋層浸潤が疑わしいからESDも
やりません

というのではなく

治るかどうかは別として

目の前にある癌を外に摘出することは
少しでも時間を稼げるかもしれない

「緩和的ESD」

という言葉があるかどうかわかりませんが

PDTと並ぶ選択肢の一つ。

チャレンジですばい。

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2013-11-19 00:20 | 緩和ケア | Comments(0)
<< Aeromonas hydro... サルベージESDに挑戦 >>