人気ブログランキング |

食道異物

「食道異物」について調べてみた。

消化管異物というと
本来あるはずのない固形物が
消化管に詰まりとれなくなった
状態

上部は食べ物と間違えて飲んだ誤嚥や
食道癌の術後やESD後、放射線治療後の
狭窄で、食べ物が詰まった場合がある

下部は肛門から物を入れる習慣のある人が
試験管だの、ビール瓶だの、を入れて
「理由はよくわからないが、詰まった」
場合。

上部は食道が多く、食道には3つの生理的狭窄部が
あって、食道入口部、気管分岐部、食道胃接合部が
候補。

2歳代と60代、70代と年齢層に山があり
小児は全体の25%を占める

小児の原因で一番多いのはコイン
大人は義歯、薬剤のパッケージ、魚骨など

患者が受診する科で一番多いのは
耳鼻咽喉科で、のどに骨がささった、
と訴えることが多い。

回収法はほとんどが内視鏡をつかって
回収するか、食塊なら下に落として対応するが
1時間,2時間ねばっても取れないものは
手術をする場合もある。

頚部外切開、または開胸手術するのが2%
くらいと言われている


急いで取る必要があるのは
針や鋭利なブリッジのある義歯などのとがったもの

ボタン式の電池

これは4−8時間で内容が溶け出し
化学反応で食道が壊死,穿孔を
起こす可能性があるからだ

とくにリチウム電池はでかいので
可及的に急いで取る必要がある

最近のトピックは
食道異物の彎曲型喉頭鏡による喉頭展開
後の回収だ。

普段きゅっと閉まっていて、回収しようにも
食道入口部ではじかれてどうしても取れない
ということを良く経験する

こうした難渋例はこれまで頚部外切開が
主流だった

しかし彎曲型喉頭鏡の出現で、
外切開せずに簡単に食道異物を回収できる
ことがわかった


新しい常識だから、知ってる人が
少ない

「頚部外切開だな」と内視鏡医が
あきらめて外科に回して来たら
彎曲型喉頭鏡をつかえる耳鼻科に
是非相談しましょう

待機的で良い症例ならELPSを
やってる施設に送って下さい

1時間かけて内視鏡で取れないものでも
ものの2分で回収できます


食道癌患者で術後物が詰まる
と結構苦しみます、物が落ちないし
水も通らない

せまくないのにつかえる人

これは、明らかに歯でかんでない証拠。

胃が本来の機能ではないのだから
歯で良くかまなきゃいけません

「異物」も勉強すると
非常にためになります

最近のトレンド治療について行かねば。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-02-08 20:38 | 食道異物 | Comments(0)
<< かっぽう着 全周切除 >>