人気ブログランキング |

あきらめない

今日は院内で、嚥下の講習会があって
重度の嚥下障害をわずらった患者さんから
直接、嚥下訓練への取り組みを
聞く機会がありまして。

「もう食べられないでしょう」と胃瘻を造り
半ばあきらめムードのなか。

患者さん自身が
「なにくそ、絶対良くなってやる」


リハビリを懸命につづけた結果、
食事を飲み込むことができるようになったという。

「これだけ医師や看護師、理学療法師が
一生懸命なんだから、期待にこたえなきゃ、
あきらめてたまるかという思いでやってきました」


そうだ、最後は患者自身ががんばらないと。

病気になったのも自分

克服するのも自分。

俺らはそれをサポートする脇役でいいのだ。

主役は患者さん自身だ

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-04-11 20:57 | がん患者学 | Comments(0)
<< 癌の嚥下困難 記念講演~中咽頭反転法~ >>