人気ブログランキング |

3-3-2法則

患者急変時の気道確保

喉頭鏡での気道確保が困難な人の特徴は

3-3-2


まず3:口が3横指以下の開口

つぎの3は 顎の先端から舌骨までが3横指以下(いわゆる顎がちいさい人)

そして2は舌骨から甲状軟骨上縁までが2横指以下

この3-3-2法則のいずれかが存在すると
気管内挿管に難渋する可能性があるとのこと。


ふ~~~ん
by kenzaburou41 | 2014-04-14 23:01 | 教育 | Comments(0)
<< こうしたらうまくいかなかった講演 好酸球性食道炎の治療 >>