人気ブログランキング |

師匠をみて弟子は育つ

外科のお偉いさんというと
手術例がうちはこれだけあって
5年生存率がこれだけで
死亡数がこれだけ少なく
時間も短くて
しかも最近は鏡視下で~

と、前に前にでて

●●学会会長、関連病院から酒を集め
OBからうん十万円の寄付金を集め
盛大に懇親会を開き

どうですかこのお祭り、、と

会員にその力をみせつける。

ケン三郎の師匠はというと
とにかく仕事熱心で現場第一主義で
あまり前に前にでるのが好きではなく
部下思いで

すごいことをしているのだけれども

それが当然当たり前ですよと

患者さんには自然体で、怖がらせたり

それをひけらかしたりしない。

しかも

部下の手柄を自分のものにするような先生ではなく

部下をのびのびと仕事させるのが自分の役目と
いいきる。


いい上司にであってケン三郎は本当に
よかったなと感じます。


盛大な懇親会はできないけれど

地道に患者と向き合う姿勢こそ、「粋」というもの。

自然体で難しいことを簡単に見せる


カッケ~。


男は黙ってサッポロビール

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-06-08 21:01 | 大ボスの格言 | Comments(0)
<< 食道学会迫る volume-quality ... >>