人気ブログランキング |

症例3

症例3は多発リンパ節転移有する進行食道癌。

取り扱い規約のごとく,リンパ節が
ボコボコに腫れている

106PREがすこーし腫れてて
101Rがさらに気管にへばりついている

さ声はないけど、、気管T4かも、、

っていう症例。

まずはDCFを3コース選択。

「いやいや術前というよりこれだけ
転移があるから術前ケモではないでしょう、
CRTじゃないでしょうか、、」

「たしかにこれだけ腫れていますし、
効かない場合はCRTを考えていました、
しかし頑張ればとれないことはないかも」

と考えて、まずDCFを3コースやりました。

「術前というには間隔があきすぎじゃないでしょうか
患者がちょっと期間を空けたいと言ってもその間に
進行する可能性もあるから、やるならやるで
びしっとやってはどうでしょうか」

「Grade4の白血球減少もでましたし、
ちょっとひよったのは事実です」

2コースやって効果があったけど
3コース目では一部増大傾向のあるリンパ節を
認めた。

「1コースで小さくなるのはよく経験しますが
2コース後に大きくなるのを経験しません??」

抗がん剤の効果は一時的、
治すというよりは癌を抑える、
遠隔転移を防ぐ

意味あいの様子。

またずっと効果がありつづける抗がん剤
もない。

よってどこかで治しに行く治療を選択する
こととなり。

108,110やや増大しましたが
取れると判断して手術に臨みました。

最初とれないかも、、とおもった
101Rは切除でき、さらに主病巣
もとれて、お、これはいけるかも

と思った矢先に110が大動脈に浸潤して
とりきれず。

主病巣にはものすごく効果があって
表在癌くらいまで小さくなったものの
リンパ節は遺残してしまいました。

「こういうときって、胸を閉じるときに
のちの放射線治療用に残った部分にマーキング
はするんでしょうか、それと
良く洗うんでしょうか、胃癌だと10Lで
洗えって言うところもありますけど。

あらって逆に左胸膜があいてて播種をつくるとか
そういう心配は?」

の質問に

「マーキングはしましたけど
特別多く洗ってるということはありません」

ああそういえば温熱療法とかいって50度の熱湯で
洗うって言ってる先生もいたっけな

「最近鏡視下になって蒸留水で洗うようになった
のですが、、」

いろいろ意見があって、
癌が遺残してしまったとき
の外科医の対応。

なんとか取りに行ったのに
反回神経にリンパ節が転移してた
とか
癌が明らかに残った

というときは、あとの余命まで
予想ができて
モチベーションも下がるもの。

しかし、切り替えが必要で
もう次の治療を考えている

そのためには合併症なく
無事退院させるというのが
大きな要素。

治療後速やかに
リンパ節転移のたくさんあった
頚部(40Gy)と癌がのこった下縦隔(60Gy)
に照射+化学療法しまして

今は再発なく元気にしていますとのこと。

ステージⅣaでもきれいに取りきれれば
5年生存率は4割と報告している
施設もあるし

取りきれる段階でない状況と
何やるにも大変で

ずーっと治療をつづけなきゃなんない。

化学療法×3、手術、放射線と化学療法、
さらに化学療法を続ける。。

精神的にも体力的にも
しっかりしてないと
受けられない治療です。

治療に難渋する患者さんを
いかにいい状態にもっていくか

まさにこの研究会の真骨頂。

もちうる治療法をすべて
尽くして日々患者さんも医師も
がんばっているので
あります。

日本に産まれてよかった〜

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-06-15 18:52 | 集学的治療法検討会 | Comments(0)
<< サルベージELPS 脳転移 >>