人気ブログランキング | 話題のタグを見る

嚥下障害と薬剤

嚥下障害の原因の1つとして医療行為
そのものが嚥下障害の原因となることがあり

手術時の気管内挿管による披裂軟骨の脱臼
口、のど、甲状腺、食道の手術時の
反回神経麻痺

長時間全身麻酔後は嚥下困難の一因となる
ことを覚えておく

その他には
薬の副作用で嚥下困難が生じることがある。

抗けいれん薬、
睡眠薬
唾液分泌抑制(抗コリン作用)をもつ薬剤

嚥下困難があるから、この薬をだしましょう
と薬をだされて劇的に改善させることは
稀でむしろ、害を与える可能性のことを
考えていなくてはならない

また鼻かららいれる管も嚥下には悪影響をあたえる
できるだけ細いものを使用し、長期になるようなら
胃ろうを考慮する

また口の中は食事をたべていても、また絶食
にしていても汚くなる。長期絶食患者は
適切に良く歯磨き、舌苔をブラシで取る
などの口腔ケアをしなければ誤嚥性肺炎
につながる


う〜ん、嚥下障害一つとっても
奥が深いっ。


嚥下障害に特効薬はない、
だからみなリハビリを頑張るのか。。

今日も勉強になるぜよ〜

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-09-19 23:43 | 嚥下障害 | Comments(0)
<< 280回早期食道癌診断勉強会 摂食嚥下傷害の問診 >>